びぶりおふぃりあ  ブックレビューとオススメの海外ドラマ・映画のあらすじと感想。顔面血管腫(赤アザ)カバーメイク体験談

いしいしんじ

ここでは、「いしいしんじ」 に関する記事を紹介しています。
はてなアンテナに追加   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

オススメ度:☆☆☆★★
オススメポイント:タイトルの印象よりなごみ系

トリツカレ男
トリツカレ男いしい しんじ

おすすめ平均
starsつかれた時に、読むといい
stars懸命に何かをする。かっこいい事かも。
stars大人の絵本
stars移り気な彼の恋
stars賢いハツカネズミ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


トリツカレ男、とあだ名される男がいる。
この男、とにかく常になにか一つのことにハマッテしまい、そればかりをつかれたようにやってしまう。たとえば、オペラにはまると喋り言葉が全部オペラ調になってしまう。語学にはまって15ヶ国語をマスターしたり、三段跳びの世界記録を作ったり、名探偵になったり。
そんなことをして暮らしているうち、人語を話すネズミを筆頭に、ギャングのボスや探偵仲間などの友達がたくさんできる。これはすべて彼がいままでトリツカレた何がしかが縁結びとなった友情なのだ。
そして彼はある日、一人のやせっぽちの少女にトリツカレることとなるのだった。

構成は童話の王道を行っていて、きれいにまとまっている。ことに、ネズミと仲間になるくだりは、気持ち良い。
難を言えば、キレイすぎる。
タイトルのセンス「トリツカレ」という語感で期待される不気味さが物語りに足らない。また副産物として期待されるのは、何かにハマりあっという間に達人となってしまう主人公の愉快さであり、これはこういう不具的天才を主人公とする物語では必要不可欠のものなのだが、この欲求がまるで満たされない。はまっていく過程やその成果が花開き世の中の人々に貢献されることの語り方が上品過ぎるのだ。
もっと不気味で下品な作品を期待。

☆面白い、と思ったらここをクリック!☆

ブログランキング


web拍手

スポンサーサイト

関連タグ : いしいしんじ,


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。