びぶりおふぃりあ  ブックレビューとオススメの海外ドラマ・映画のあらすじと感想。顔面血管腫(赤アザ)カバーメイク体験談

アストリッド・リンドグレーン

ここでは、「アストリッド・リンドグレーン」 に関する記事を紹介しています。
はてなアンテナに追加   

タグ:アストリッド・リンドグレーン の記事一覧

| |


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

オススメ度:☆☆☆★★
長くつ下のピッピ (岩波少年文庫 (014))
長くつ下のピッピ (岩波少年文庫 (014))桜井 誠 大塚 勇三

おすすめ平均
stars自由で明るい性格
stars絶対に自分の子供に読ませたい!
starsリンドグレーンと大塚さんの翻訳は最高!
starsいいなあ~!?
stars大好きピッピ!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

冒頭:

スウェーデンの、小さい、小さい町の町はずれに、草ぼうぼうの古い庭がありました。その庭には一けんの古い家があって、ピッピ・ナガクツシタとい女の子が住んでいました。この子は年は九つで、たったひとりでくらしていました。



あらすじ・概要:
「世界一強い女の子」、長靴下のピッピは子供なのに一人暮らしをしている。お行儀を知らない無作法な振る舞いは大人から見ると卒倒ものだが、子供たちからは羨望の的で…
大人気のピッピのゆかいな冒険物語。


感想:
「こんな育て方したらユリカさんみたいになっちゃう!!」
ことあるごとにそういって四歳の娘の行く末を案じている友人、山田さん(仮名)。
ユリカさんというのは私たちの職場にいた女の子。
そういえば山田さん、娘が生まれる前に私に、
「私ね、娘にはあにょさんみたいになってほしい、って思ってるの」
と言ってくれたことがあったっけ。
単純に嬉しい!って舞い上がったけど、今にして思えばあれ、「ユリカさんみたいじゃない」って意味だったのね。
異性にもて(あそばれ)ず、仕事ができて、同性に軽蔑されない女性…。

山田さんの人物評はいつもはっきりしている。
私が男にいろいろと尽くすのが良くない!というので、
「でも…いろいろやれるっていうのが、私のいいところかなって思うから…それがないと…」
とつぶやく私にこう一言
「えっなに言ってんの?!あにょさんのいいところは尽くすとこじゃないよ!『面白い』ところでしょ!!尽くしたりする必要ぜんぜんないわよ!!」
ぎょ。そうだったの?面白かった?私? 本人いたって真剣ですが、面白かったですか?!

そんな山田さんは、ピッピが大嫌いだと言う。
「私、粗野な女の子って嫌い」
粗野?
ピッピは自由気ままな女の子、お父さんもお母さんもいなくって、学校にも行かず、ペットのサルといっしょに、お父さんの残した金貨で暮らしてる。世界一力が強くって、金貨を盗みに来た泥棒だってこてんぱんにやっつけちゃう。
学校に試しに行ってみたり、火事騒動があったり、サーカスを見に行ったり、という出来事にピッピが出会うと更に面白いことが起こる。アンニカとトミーという隣家の子供たちはピッピと友達になり、お行儀を守りながら憧れをもって見詰めている。お母さんはピッピの家に行くときは1番目にいい服は着ちゃだめ、二番目にしなさい、って言うけど…そして二番目にいい服は遊び終わったら更に何番か番付が下がってしまったけど…。
怪物的で、『粗野』ってイメージじゃなかったけど、確かにピッピが「女性」だって見方をしてみたら、粗野かもしれない。私はトットちゃんみたいなイメージも持っている。ピッピがアンニカとトミーの家にお茶に呼ばれて大人たちの話にくちばしを突っ込んで怒られるところとか。
ピッピが奇抜なわりに話のつくりが淡白で、北欧の児童文学に共通の味わいのように思う。

ちなみに山田さんが好きな女の子は若草物語で言えばベスだという。(私はジョー)
「えっあなたベスみたいな子友達にいないじゃん、私とかベスではないじゃん」
「そういうもんだよね」
ちょっと残念そうに、山田さんは認めた。

DATA:
10進分類:93
内容分類:児童文学
メインテーマ:不明

著者名:アストリッド・リンドグレーン
著者出身国:スウェーデン
時代背景:現代

漢字の難しさ ☆★★
表現の難しさ ☆★★
文体の読みにくさ ☆★★
テーマの重さ ---
テーマの難解さ ---
テーマの普遍性 ---
所要時間:(15分刻み)
1時間

長くつ下のピッピ (岩波少年文庫 (014))長くつ下のピッピ (岩波少年文庫 (014))
桜井 誠 大塚 勇三

ピッピ船にのる (岩波少年文庫 (015)) ピッピ南の島へ (岩波少年文庫) やかまし村の子どもたち (岩波少年文庫(128)) 小さなスプーンおばさん (新しい世界の童話シリーズ) やかまし村はいつもにぎやか (岩波少年文庫)

by G-Tools


☆ブログランキングに参加しています。クリックお願いします☆

ブログランキング



web拍手

スポンサーサイト

関連タグ : アストリッド・リンドグレーン, 児童文学,

タグ:アストリッド・リンドグレーン の記事一覧

| |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。