びぶりおふぃりあ  ブックレビューとオススメの海外ドラマ・映画のあらすじと感想。顔面血管腫(赤アザ)カバーメイク体験談

アルフ・ブリョイセン

ここでは、「アルフ・ブリョイセン」 に関する記事を紹介しています。
はてなアンテナに追加   

タグ:アルフ・ブリョイセン の記事一覧

| |


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

オススメ度:☆☆☆☆★
小さなスプーンおばさん (新しい世界の童話シリーズ)
小さなスプーンおばさん (新しい世界の童話シリーズ)大塚 勇三

おすすめ平均
starsずっと大好きな本
stars魅力的
starsスプーンおばさん、おひさしぶり!
stars朗らかなおばさんが魅力的

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


冒頭:

ある晩、ひとりのおばさんが、ふつうのおばさんのするとおり、ベッドにはいってねむりました。つぎの朝も、ふつうのおばさんのするとおり、目をさましました。ところが、そのとき、おばさんは、ティースプーン(茶さじ)くらいに小さくなっていたんです。これは、ふつうのおばさんのなることじゃありませんよね。
「なるほど。スプーンみたいに小さくなっちゃったんなら、それでうまくいくようにやらなきゃならないわね。」



あらすじ・概要:
ふつうのおばさんが、ある時から、ときどきスプーンくらいに小さくなるようになった。小さくなったおばさんは動物たちとも話をすることができ、小さな世界の大きな冒険に巻き込まれる。

感想:
児童文学には子供のころ夢中だったのに大人になってから読むと詰めの甘さが目に付いてがっかりする作品も多いが(名作であることとは関わりなく)、「スプーンおばさん」には大人の読者も楽しませる素朴で上品なユーモアがある。こじんまりした雰囲気に比して話のつくりが意外に大きくユニークなのだが、あっさりこだわりなくつづられていく。
ことにおばさんと連れ合いであるおじさんとの『たがいにちいさな秘密を持ちながらさりげなくいたわりあう』関係は、年取った夫婦の理想のかたちだ。
冒頭の独り言でもわかるとおり、おばさんは何が起こってもくよくよしないし、疑問も持たない。知恵と工夫でさりげなく乗り越える。ちいさくなったこともすぐ受け入れるし、それによる生活の不便も苦にしない。小さくなってしまったおばさんよりもはるかに大きい赤ちゃんの世話や、カラスの女王様選びなどの難題に巻き込まれても、なんなく取り組も解決する。
そしてそんな冒険の最後に必ず、何事もなかったかのように、小さくなったことなんか一度もないふつうのおばさんのように振舞ってみせる。

12話が収められているうちのひとつ、「十ヨーレの見張り役」はこんな話だ。

床のすきまに十ヨーレ硬貨を床に落としてしまったスプーンおばさん、地下室のコケモモジャムのビンが割れているのを見てネズミの仕業、とネズミ捕りを仕掛けるが・・・
なんとおばさん、ここで小さくなってしまい、自分でしかけたねずみとりにかかってしまうのだ。
それを助けてくれたのがねずみたち。
彼らの言うことには、奥様この家にはどろぼうがいますよ・・・。
すると、一ぴきの子ネズミが話しました。……ある日のこと、ぼくが、いつものとおり、えんとつをぶらぶらのぼっていって、台所をのぞくとね、おそろしく大きな大男が見えたんだ。その大男は、カステラを、すっかりたいらげてたんだよ……。

そしてコケモモのビンを手に取った大男が、ねずみの姿を見てこわがってビンを落としてしまった、という目撃談も…。
ねずみたちの助けを借りて大男と対面したスプーンおばさんは、
「カステラとコケモモのジャムを食べちゃったのは、あんただったのね!」
と亭主、おじさんをやっつけるのだった。


DATA:
10進分類:93
内容分類:児童文学
メインテーマ:不明

著者名:アルフ・ブリョイセン
著者出身国:ノルウェー
時代背景:現代

漢字の難しさ ☆★★
表現の難しさ ☆★★
文体の読みにくさ ☆★★
テーマの重さ ---
テーマの難解さ ---
テーマの普遍性 ---
所要時間:(15分刻み)
45分間

小さなスプーンおばさん (新しい世界の童話シリーズ)小さなスプーンおばさん (新しい世界の童話シリーズ)
大塚 勇三 ビョールン・ベルイ

スプーンおばさんのぼうけん (新しい世界の童話シリーズ) スプーンおばさんのゆかいな旅 (新しい世界の童話シリーズ) 大どろぼうホッツェンプロッツ (新・世界の子どもの本―ドイツの新しい童話 (1)) 長くつ下のピッピ (岩波少年文庫 (014)) 小さい魔女 (新しい世界の童話シリーズ)

by G-Tools


☆ブログランキングに参加しています。クリックお願いします☆

ブログランキング


スポンサーサイト

関連タグ : アルフ・ブリョイセン, 児童文学,

タグ:アルフ・ブリョイセン の記事一覧

| |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。