びぶりおふぃりあ  ブックレビューとオススメの海外ドラマ・映画のあらすじと感想。顔面血管腫(赤アザ)カバーメイク体験談

シェイクスピア

ここでは、「シェイクスピア」 に関する記事を紹介しています。
はてなアンテナに追加   

オススメ度:☆☆☆☆★
オススメ対象:あわれな影法師たち
オススメポイント:運命
シェイクスピア全集 (3) マクベス
4480033033William Shakespeare 松岡 和子

筑摩書房 1996-12
売り上げランキング : 8591

おすすめ平均star
star悪人夫婦の対比が面白い
star水の上の泡

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



運命とは何か。
ややこしいこと抜きにして言い切ってしまいたい、運命とは神だ、と。
「マクベス」はシェイクスピア4大悲劇(理屈っぽいハムレット、軽はずみなオセロー、老いぼれリア王)の中でも禍々しく血の匂いのべったり貼り付いた劇である。
マクベスは荒野で3人の魔女に予言を与えられる。やがて王となるだろう、と。幸運の知らせのはずがそれはまるで呪いのように、野心のまま突き進むマクベス夫人に操られるように彼は暗殺により王位を奪いその座を守るために人を殺し続ける。
疑心暗鬼となった彼が拠り所とするのは予言の言葉、「バーナムの大森林がダンシネインの丘に攻め上って来ぬ限りマクベスは滅びない」。しかし、森は動き始める・・・。
マクベスの悲劇は予言の悲劇だ。人は運命に、神に逆らうことはできない。そして予言という形で与えられる情報はあまりにも曖昧で希望に縋る者の曇った目にはいかようにも情け深く歪む。神の意思ははかり知れない。
運命を物語として振り返った時にだけ私たち凡俗の人間も語ることができるのだ、「マクベスは最初から滅びるはずだったのだ」と。
子供の頃はこういった、予言の意地悪にはめられて堕ちていくような物語の人物をただ「馬鹿」だと思っていた。TVアニメで見ても本で読んでも「なんでこうなるってわからないんだろ」と思っていた。それはその状況を見る視線が覗き見だったり傍観者だったりして、対等な立場の中であっちはちょっと馬鹿、こっちはお利口さん、という意識だったからだろう。これは神の存在を考慮しないと正しく理解できないのではないか、とあるときふと思った。
彼らが愚かなのは、私に対してではなく、神に対してなのだ。私は彼らよりも賢いから彼らの失敗を見越しているのではなく、物語という限定の中で神の視線を借りているのだ。
観客席に座り舞台を見るのは、ちょっとの間、神になるということなのかもしれない。

☆ブログランキングに参加しています。クリックお願いします☆

ブログランキング



web拍手

関連タグ : シェイクスピア, 悲劇, , 戯曲,

オススメ度:☆☆☆☆☆
オススメ対象:運命の恋に憧れる人
オススメポイント:ありのままを語らうとき

新訳 ロミオとジュリエット新訳 ロミオとジュリエット
シェイクスピア 河合 祥一郎

角川書店 2005-06-25
売り上げランキング : 27,371
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



「はっきり言いなさい。普通の言葉でありのままを。
謎めいたざんげでは、謎めいた赦ししか与えられぬ。」
これはロミオが修道士ロレンスのところに出向き、敵のキャピュレットの娘ジュリエットと恋に落ちてしまったことを打ち明ける場面でのロレンスのセリフ。
好きな言葉だ。いさぎよくありたいと思うとき、勇気の感触をおもいださせてくれる。本気じゃなきゃ本物は手に入らないし、ときどきの本気なんてありえなくて、ずうっと本気でずうっと本物で生きたい。
長く細く生きるのか、短く太く生きるのか、そんなの長く太く生きるに決まってる。
この人に正直になろう、この人にはその価値があるのだから。この人生に正直になろう、この人生にはその価値があるのだから。
ロミオとジュリエットは出会った瞬間に運命的な恋に落ちる。二人はまるで神話の神々が儀式の言葉を交わすようにお互いへの思いをソネットにする。それはふたりの別々の人間の間で言葉というものがぴたりと一致する奇跡のエロスだ。言葉の魔法は恋人達をだれもいない場所に連れて行き、時すら通り過ぎることのできない部屋に鍵をかけ、隙間なんてないくらいぴったり、くっつけてしまう。そして交わされるキス。そこからは無我夢中。
そして二人はあっというまに死んでしまう。出会ってから数日の間に結婚し、引き裂かれ、死んでしまう。
これがはっきり言った、その結果。「なぜロミオなの」、とすべての属性を否定し、目と目を底まで見交わし、魂に魂を重ねて、本気で本物を手に入れた結末。
ありのままを語らうのは、用心したほうがいい。

そういえばこの修道士ロレンス、かなりのワルだ。ありのままを語らせた罪。この男さえいなければロミオとジュリエットは死ななくて済んだ。きっと幸せに結婚できたはずだ。両家のかすがいになるかもしれぬなどと年端の行かぬ子供同士を面白半分秘密裏に結婚させたりして、挙句の果てにはいかがわしい薬で死んだ振りをさせ、ろくな見張りもせずに放置。こいつシャイロックより悪者だろ。
ロミオとジュリエットの編み出す美しい詩に彩られた数々の場面のためにうっかり忘れさせてしまうあたりシェイクスピアあっぱれなんだけど、そういうことを考えだすとシェイクスピアってものすごくつっこみどころが多い。モンタギューとキャピュレット家のひとたちって抗争中のやくざなの?とかさ。

さておき、長く太くなんて、無理なのかな?

☆面白い、と思ったらここをクリック!☆

ブログランキング