びぶりおふぃりあ  ブックレビューとオススメの海外ドラマ・映画のあらすじと感想。顔面血管腫(赤アザ)カバーメイク体験談

パスタ

ここでは、「パスタ」 に関する記事を紹介しています。
はてなアンテナに追加   

オススメ度:☆☆☆☆☆
オススメ対象:うどん好き・粉モノマニア集合っ。
オススメポイント:粉モノこそ手作りがうまい。初心者にもわかりやすく、プロにも得るところがある、理想の料理本。

438805979XDEEP PASTA(ディープ・パスタ)―トルッキオ生パスタ70のテクニック
林 亨

柴田書店 2005-09
売り上げランキング : 63,043
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


※目次(作り方の書いてあるパスタの一覧)は「続きを読む」から参照できます。

さっそく作った。70ページのトロフィエ(Trofie)。
芋虫みたい。手の上で転がしてちょいとひねる。
手打ち生パスタの美味しさは、コシにあると思う。
良いパスタときたら!もう一生これ噛んでたいって脳ミソ真っ白になる。ああっグルテンさまぁっ☆

さて、私は料理の本にはうるさいのよ。
ほら、ふまじめな本、多いじゃない?
料理と関係ないおしゃれな写真(カフェ風の食器と女の子向きのファブリック)とか載せちゃって。材料みただけでこれは料理じゃない!!みたいな。NG。
でもあまりにも生活感でアピールされても、、100円でできるおかずとか私、食べたくない。

その点この本の素晴らしさは美しいって言ってもいいんじゃないか?

1.パスタの数50種類!!
2.生地の分類・各工程の紹介が基礎からわかる
3.工程の写真がふんだん、独習に最適
4.パスタのプロフィールのマトリックスの項目「寸法(直径)」「断面(写真)」「できあがり(イラスト)」「ゆで時間の目安」は、一人粉と奮闘するあなたをかならず励まし助け導いてくれる。
5.歴史・調理のコツなど教科書なみの真面目さ。
6.パスタごとに合ったレシピがあわせて紹介されている。

(語りつくせない。)

シェフのレシピ本って、くだらないのもあるじゃない?
結局店の宣伝じゃん、っていうの。
ありえない材料使ったり、肝心のコツが書いてなかったり。
でもね、この作者、トルッキオのシェフ、林亨さんは、ほんとにどうしてもこのパスタの本を作りたかったんだと思う。パスタを極めて思いつめたその結晶をいつか本に残したいって、ずっと思ってたんじゃないかな。
たとえばパスタのマトリックスにちゃんと作り方のページが載ってたり(目次でもわかるのに)、粉の選び方についての考察にきちんと哲学があったりするのね。読み手を限定しないで、まるでシェフを目指す若い人に伝授するみたいに、真面目に教えてくれるの。

お店にも行きたくなるよね。

トルッキオ(九段下 03-3556-0525)

438805979XDEEP PASTA(ディープ・パスタ)―トルッキオ生パスタ70のテクニック
林 亨

柴田書店 2005-09
売り上げランキング : 63,043
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


☆ブログランキングに参加しています。クリックお願いします☆

ブログランキング