びぶりおふぃりあ  ブックレビューとオススメの海外ドラマ・映画のあらすじと感想。顔面血管腫(赤アザ)カバーメイク体験談

プルトニウム

ここでは、「プルトニウム」 に関する記事を紹介しています。
はてなアンテナに追加   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

土壌からプルトニウム検出「人体に問題はない」福島原発(産経新聞)

プルトニウムは燃料に含まれているので、燃料棒が壊れている以上、漏れていてもおかしくはないですよね。
関係者もそれは予め予測していたはずだと思います。

今福島第一原子力発電所で起こっていることのほとんどは、関係者も報道機関も予測ができていたと思います。

全てにおいて想定外だったのは、2号機爆発だと私は考えていて、私が本気で対策することにしたのもそのタイミングです。理由は私は素人ですから単純で、その日の東京のモニタリングデータで観測された、ということでした。
これは、風向きによってはもっと大きな放射性物質の漏えいがあった場合には東京は安全とは言えないな、ということをデータが示していました。

いろんな人が、「ただちに健康に害はない」と言っていましたが、

私はデータには謙虚になることにしているんです。
所見を聞くよりもデータを配布してもらってじっくり見たいほうです。
データはストーリーを持っていて、素人に優しい情報です。理論や数式は敷居が高いですね。
こういう傾向は、私が今までやってきたデータベースやサーバのパフォーマンスチューニングの職業病みたいなものなのかもしれません。
理屈よりも結果が全てですしその結果ときたら素人目にも明らかなのがパフォーマンスチューニングの辛いところでして、黙々とデータを見るのが癖になっているのです。

そして、データが語るところによると、東京はヨウ素とセシウムの飛来する範囲内で、かつ東京都民の水道水の水源地はもっと高い濃度で汚染される可能性があり、汚染された水道水に対しての対策は十分には準備がされていないらしい、ということです。

※記事が東京中心になってしまって申し訳ありません。住まいがあるものですから…


ところでプルトニウムが漏れて敷地内の土壌で見られたという件と、誤報でしたがヨウ素134が大量に検知されたという報道、どちらが衝撃的でしたか?

私はヨウ素134のほうでした。

もう目の前が真っ暗になりました。
色々考えはありましたが、とてもこのタイミングでブログに書いていいようなことではない、そんな考えでした。

ごくあっさり問題ない範囲で言うとヨウ素134が大量に見られるということは注水の効果がなく核分裂が進んでいるということですし、しかもそれをうまく観測データが検知できていなかった、ということでしたので、最悪の事態を想像しました。
誤報でよかったです。

さて、プルトニウムは恐ろしいイメージを持つ放射性物質です。
1.核兵器に使用されること
2.冥府の王プルトン(プルート。ギリシャ神話ではハデス)を思わせる
  (実際には惑星の冥王星からつけられたらしい)不吉な名前
3.人体に害があること

ここで肝心なのは3.人体に害があることだけですよね。
・人体への害は主にマスクを装着することで防げます。
・人体に取り込まれた場合、排出はむずかしいそうです。
・半減期はどの同位体も長いです。

プルトニウムは重いから飛ばないよ、という話を聞きますが、
私は、気象条件や爆発の規模によっては飛ぶことはもちろんありえると思います。
黄砂といっしょにプルトニウムも飛んでいるそうですし、
竜巻は家だってもちあげちゃいますからね。
用心するに越したことはありません。
といっても、半減期が長いので、ヨウ素のように「今がんばって気をつければ危機を回避できる」というものではないので、汚染が激しければ土地を捨てるしかないのではないでしょうか。

ただし、実際にデータで見ると、確かにプルトニウムは他の放射性物質に比べてあまり飛ばないみたいです。
(参考URL)チェルノブイリ原発事故による土壌中放射能の物理・化学的性状とその移行性

表1 実験サイトの特徴と放射能汚染状況(1993年夏)を見てください。
セシウムは200km~250km地点でも近距離の半分程度観測されるのに、プルトニウムは100分の1程度です。
ヨウ素の分布の資料がないのは半減期が短く、事後の研究に入れる状態になった時点では検知できなかったからだと考えられます。

とはいえ、皆様油断なきように、と願っております。

それにしても、
事故を起こしている原子力発電所内で不審な水たまりがみつかったら、「放射能汚染されている」と考えるのが普通なのに2時間も水に浸かって作業して被ばくしてしまったり、
20キロ圏内で避難している人が自宅に戻ってしまったり、
これは国が発信している「ただちに健康に害はない」というメッセージを鵜呑みにしている方がいるのでしょうか…。
どうも、深刻に受けてもらいたい人には受け取ってもらえず、もっと気楽に構えてほしい人たちはピーギャーさわぐ、という最低な事態になっていて情報統制が完全に裏目に出ています。
(※放射能についての知識が十分でない作業員を生死を賭した作業に従事させるなんてあまり人道的ではないように思います。チェルノブイリでも全く放射能について知らないような人が尻ぬぐいに駆り出され、死にました)

東京都の消防隊の方たちは放水後の記者会見で、どなたも目が真っ赤になっていて、感情も高ぶり、恐怖と向かい合っての仕事だったことがうかがわれました。
「隊員は精鋭ぞろいだが放射能の恐ろしさを熟知しているが故に恐怖心が強く、緊張のあまり防護服の装着も3倍くらい時間がかかっていた。」
とおっしゃっていたのが印象的でした。
放射能の恐ろしさを知っているから、知識があるから怖い、でも、だからこそ誰も規定値以上の被曝をせずに任務を果たすことができたのではないでしょうか。

やっぱり事態が長引くと、皆ちょっとカジュアルになってしまうんですよね。
危機は少しも回避されていない、時間が経てば経つほど漏えいのリスクが高まる、にも関わらずゆるくなってしまう。何も解決などしていないのに、ただ日が昇って沈んでいっただけなのに、人って太陽が表れて沈んでということさえ繰り返されればどんなことにだってなれちゃうのかもしれません。

でも、
この福島第一原子力発電所危機って、

うまくいけばいくほど長引くシナリオなんです。


だから、日常生活の中に、もしものときどうすればいいのか、という備えだけはきっちり用意して、でも日々の暮らしに支障がなくストレスも最小限で済むように、工夫されたほうがいいと思います。


今のところ福島第一原子力発電所危機で一番良いニュースは、
まだ誰も復旧作業中に死亡していない
というところですので、けが人がでないことを祈っています。
人が死んでしまうと、いろんなことが止まってしまいます。

次回は、情報のキャッチアップと自己責任について書きたいと思います。


web拍手

スポンサーサイト

関連タグ : プルトニウム, ヨウ素134, 福島第一原子力発電所, 原発, 放射能, 放射性物質,


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。