びぶりおふぃりあ  ブックレビューとオススメの海外ドラマ・映画のあらすじと感想。顔面血管腫(赤アザ)カバーメイク体験談

マイケル・ダグラス

ここでは、「マイケル・ダグラス」 に関する記事を紹介しています。
はてなアンテナに追加   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

オススメ度:☆☆☆☆☆
photo
ウォール街 (特別編) [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2010-12-23
評価

by G-Tools , 2012/09/20


マイケル・ダグラスが出てると、全部マイケル・ダグラスが悪いような気がしちゃうんだよ。

…でも、「ウォール街」でゴードン・ゲッコーを演じるマイケル・ダグラスは別格。

チャーリー・シーンが出てると、5000人の女性とセックスしたって伝説がいつも頭に浮かんじゃって、「この頃は何人目くらいだったのか…」って考えずにいられないんだよ。

…でも、「ウォール街」でバド・フォックスを演じるチャーリー・シーンは、なんだか感情移入しちゃう。

ゲッコーがコミュニティカレッジしか出ていない自分が株取引でのし上がった、と誇る姿は本当にカッコイイし、美術品に造詣が深いコレクターなんてライフスタイルも羨ましい限りだ。

不景気だから特にそう思うのかな。

バブルの頃に思春期だったから、バブル時代のヒーローみたいなところがいいのかな。

それとも、一つのことだけに異様な才覚を表すゲッコーの役が、マイケル・ダグラスの異様にぎらついたかなつぼまなこにハマって忘れがたいのかな。

色々あるけど(そもそもが面白い映画だしね)、私がなぜこの映画に心惹かれるかっていうと、きっとそれはところどころに不吉さがちりばめられているからだと思うんだ。
そう。
そう思えてならないんだ。

ゲッコーがビーチハウスの前の浜で、朝焼けを背に反対の空を見ながら電話するシーン、フォトジェニックで、あまりに美しく、あまりに不吉でしょう?
セントラルパークでバドとゲッコーが対決するシーン、禍々しくも完璧なビジュアル、どうしたって不吉でしょう?

さて、何を予期した不吉さなのか。
どうなんだろう?そのことをよく考えるんだ。

セントラルパークのシーンでは、すでにバドは使い捨てられている。だからそこでまだ「不吉」を感じている私は、「バドがいつか裏切られる」予兆として不吉さを感じていたわけではない、ということになる。
そうだよね…
うん…

この映画が封切られた直後、NY株式市場の大暴落、ブラック・マンデーが起こる。

この長く続く不景気、日本だけでなく世界中を同時にうちのめしている不景気。
資本主義の夢を絶望へと打ちのめしていくこの不景気。

その前触れの不吉がこの映画にあるような、そんな気がして、
ゲッコーが背を向けた朝焼けの代償が、この希望のない世の中だったような、そんな気がして、
そういうわけで私は「ウォール街」に惹きつけられるのです。

ウォール街 (特別編) [DVD]ウォール街 (特別編) [DVD]

ウォール・ストリート [DVD] インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実 [DVD] ソーシャル・ネットワーク [DVD] エンロン 巨大企業はいかにして崩壊したのか? デラックス版 [DVD] ザ・ファーム 法律事務所 [DVD]

by G-Tools



web拍手

スポンサーサイト

関連タグ : マイケル・ダグラス, チャーリー・シーン,

オススメ度:☆☆☆☆☆
photo
危険な情事 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
パラマウント ジャパン 2003-09-05
評価

by G-Tools , 2012/06/21




キャスト・スタッフ


ダン マイケル・ダグラス
アレックス グレン・クローズ
ベス アン・アーチャー
エレン エレン・H・ラッツィン

監督 エイドリアン・ライン
脚本 ジェームズ・ディアデン/ニコラス・マイヤー



あらすじ・概要


ダンは何不自由ない幸せな暮らしを送っていた。弁護士という職業、美しい妻のベスと愛くるしい娘のエレン。妻子の留守中にパーティーで出会った雑誌編集者のアレックスとの情事はほんの浮気のはずだった。しかしアレックスはダンにつきまとい、彼らの生活を恐怖に陥れる。


感想:


マイケル・ダグラスが出てる映画って、どうしてもマイケル・ダグラスが悪い気がしちゃうんだよ。

公平に見て、アレックスはかなり異常だし、映画史上もっとも怖い悪女コンテストをやったら絶対10位以内に入ると思う。だから他の俳優がダンを演じていたら絶対同情したと思うんだけど、マイケル・ダグラスだと「おまえがわるい」って気がしちゃう。不思議な才能のある人です。

さて、グレン・クローズといえば『危険な情事』のアレックス役での迫真の演技とTVドラマ『ダメージ』でのパティ・ヒューズ役の名演(ゴールデングローブ賞主演女優賞を受賞)が強烈。
でも『危険な情事』以前の彼女は悪女のイメージはなかったそうです。

だから『危険な情事』のアレックス役にはそんなにすんなり決まったわけではないようで、グレン・クローズのほうから是非やりたいと売り込みがあったのだとか。

今では彼女以外のアレックスは考えられません。元祖ストーカー、アレックス。本当に怖いですね!
ストーカー行為だけでなく破滅願望が強く、運命の相手というよりは心中の相手をさがしているとしか思えない…。

ペットのウサギを煮られたシーンは妻ベス(アン・アーチャーは天使のような美女ですよね、配役が素晴らしい)の演技力で湯気とウサギの匂いまで感じるほどの臨場感、息をつめて見入っていました。

アレックスが溺死したと思いきやバスタブから起きあがるシーンはもはやストーカーではなくゾンビです。

当初用意されたラストは、アレックスが殺人に見せかけて自殺をしてダンを陥れるというストーリーだったそうです。
そこまでのストーリー上アレックスは自滅するタイプであることを示唆していたので自殺するほうが似合っていると私も思います。
でも、試写でアレックスに対する観客の怒りが凄まじかったのでアレックスを成敗するラストに変更になったそうです。

アレックスをやっつけたほうが、ダンに対する憎しみや軽蔑が後に残って、それはそれで面白いですけど。
危険な情事 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]危険な情事 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

硝子の塔 日本未公開ノーカット版 [DVD] ディスクロージャー [DVD] 運命の女 (特別編) [DVD] 氷の微笑 2 アンレイテッド・エディション [DVD] 氷の微笑〈DTS版〉 [DVD]

by G-Tools




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。