びぶりおふぃりあ  ブックレビューとオススメの海外ドラマ・映画のあらすじと感想。顔面血管腫(赤アザ)カバーメイク体験談

ロルカ

ここでは、「ロルカ」 に関する記事を紹介しています。
はてなアンテナに追加   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

三大悲劇集 血の婚礼 他二篇 (岩波文庫)
三大悲劇集 血の婚礼 他二篇 (岩波文庫)

あらすじ・感想:

数日前、松田正隆演出マレビトの会の『血の婚礼』をTVで見た。ガルシア・ロルカの不朽の名作、『血の婚礼』。
実験的な演出。雨漏りする廃墟のような舞台装置。稽古のためにたんすからそれらしいのをひっぱりだしてきたみたいな、中途半端な衣装。棒読みにされるセリフ。セリフをかき消して時折鳴り響く、雷鳴、ジャズ。
花婿の母親役(広田ひろみ)が昔の夫の母親に似た顔立ちをしているのに閉口したけど…そんなのどうでもいい、他の人にとっては。
何といってもロルカのテキストが良いから。演出が実験的になればなるほど、テキストの完璧さが際立つ。本当にテキストが、良い。

結婚を目前にした娘。彼女に近付く、かつての恋人で今は娘の従姉妹と結婚している男。
なぜこんな抜き差しならないことになってしまったのか、この、許されない恋人たちは。それがどうも彼らの話を聞いていると、自分たちでこんな事態を招いたらしいのだ。彼らは、彼らが、この現実のなかで、シアワセになると信じて、なすべきことを選び、そのようにふるまいってきた。男と娘は別れ、男は娘の勧めで他の女と結婚し、子どもまで作った。娘は新たな男と時間をかけて交際し婚約、花婿は働き者で健康な好青年だ。
でも、この婚礼が、そのシアワセを陳腐化し、その薄っぺらい皮を破って、暗い情欲が実力を発揮する。それは、ずっと待っていたのだ。ながいながい禁欲に、頭の芯まで痺れて、もう、身の危険を顧みることもできない。だめ、だめ、だめ、の5回に1回?それとももっと速くだめだめだめ、の100回に1回?言葉にならず閃くあの光、内臓の表面を這う血管のどんな細い流れをも照らし出すあの熱い闇。指先で血が泡立つきもちよさに何度かまばたいた、次に目を開けた瞬間には、二人は逃げている。
夜の森を、手に手を取り合って、逃げている。
二人きりになったというのに、抱き合って思いを遂げるひまもなく、追いかける花嫁花婿の一族郎党から逃げている。
追手はせまる。
「あなたとベッドも食卓も共にしたくない、でもあなたと離れては生きていけない」
男は花婿と刺し違えて死ぬ。

演出が要らないほど美しい悲劇だが、こうして、風変わりな演出をされるとまるで、起こってしまったことへの追憶のようだ。追憶になることによって永遠に「起こってしまった」という重たいくさびを深く刻んだ猛々しい欲望の、どこまでもこだましつづけるかのように。

森山未來主演 血の婚礼 [DVD]森山未來主演 血の婚礼 [DVD]

ネジと紙幣 [DVD] モテキDVD-BOX (5枚組) モテキ DVD豪華版(2枚組) ライアー・ガール [DVD] ワンダーランド [DVD]

by G-Tools


web拍手

スポンサーサイト

関連タグ : ロルカ, 戯曲,


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。