びぶりおふぃりあ  ブックレビューとオススメの海外ドラマ・映画のあらすじと感想。顔面血管腫(赤アザ)カバーメイク体験談

交通新聞社

ここでは、「交通新聞社」 に関する記事を紹介しています。
はてなアンテナに追加   

タグ:交通新聞社 の記事一覧

| |


オススメ度:☆☆★★★
オススメ対象:沿線をこよなく愛する人
京王線完全案内京王線完全案内

交通新聞社 2006-06
売り上げランキング : 153666

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この本作った人、完全に遊んでるよね。
ぱらぱらっとめくっただけで、かずかずの「あやかし」に目をくらまされてしまった。

さておき、まずは真面目に講評を。
大国魂神社の名物くやらみ祭、広大な敷地と自然を誇る野川公園などは良いけど、それ自体の実力で、記事は月並み。
飲食店などの店については、所詮郊外なので本に載せて遠くから人を呼べるようなレベルの店などないので(正確に言えば、その店が思ったような店じゃなかった場合(青山だってそんな店はざらにある)に代替になるような店がない(青山ならあるだろう)ということ)、画面からB級の熱気が湯気が迫ってくる。

《 遊びの部分 》
1.「ホテルの名前で有名です」
 野猿街道のPOP。小さく書かれてる。この「わかる人にわかればいいよ」、って姿勢。
 ホテル野猿は確かに地元外の人にも知った人がいる街道沿いのラブホテル。
 できたとき(小学生だった)にはちょっとしたセンセーションが巻き起こったのだ。
 ホテルサンロードには誰も食いつかなかったから、やっぱり「のざる」(街道名の読み方は”やえん”だけど子供だから知らなかった)って言葉の意味に皆やられてしまった。
2.「砂に埋もれる快感は女性だけの特権」
  砂塩風呂パシル・プティ。
  でも写真で砂風呂を体験してるのは、明らかに男性なんだけど。
・ひげ
・ごついあご
  顔タオルで隠したって・・ね。男一人で取材にいったんですね。

3.真最中!
  多摩動物園
  「動物を身近で見れます」
  といったまっとうなことが書いてあるのだが、
  写真ではライオンが交尾に励んでる。


《 京王線の歴史 》
についてが一番楽しかったな。
特に「京王電車沿線名所図絵」という鳥瞰図は見飽きない。

『三鷹天文台』
  昔からあるんだね。
  でも考えてみたら当然だね、都心部で夜空が観測できないから、暗がりの多くあった三鷹に天文台作ったんだね。
  あるのが当たり前すぎて考えもしなかったよ。
  今の住宅地として発展した三鷹が決して星見に最適な環境と言えないことも。
  育った土地は、匂いと時間で空間がねじれてる。

『帝都物語』
  京王線の正式名は「京王帝都電鉄」
  昔は京王と帝都は別々の鉄道会社だったんだって!
  それで、帝都線って、今の井の頭線なんだって!
  どうでもいいけどさ、当時、渋谷→明大前→吉祥寺って完璧郊外じゃん。”帝都”とはずいぶん大きく出たよな~。
  いやはや。

『たくさんあった駅』
  昔は新宿三丁目まで伸びてたんだって。
  他にも駅がいっぱいあったみたい。最初は路面電車だったそうな。
  先日閉館になった交通博物館にくっついていた万世橋駅遺構を見学したときに知ったけど、戦争のときにたくさんの駅が廃止になったんだって。市民の足としての役割から軍用の輸送手段としての役割が濃厚になったし、それに停車駅が少なければ燃料も節約できるしね。そして廃止になった駅の資源再利用できる設備という設備を徴用したのだ。万世橋駅は階段のヘリについていた鉄の滑り止めすら根こそぎ剥がし取られていた。

☆面白い、と思ったらここをクリック!☆

ブログランキング


web拍手

関連タグ : 交通新聞社, 散歩,

タグ:交通新聞社 の記事一覧

| |