びぶりおふぃりあ  ブックレビューとオススメの海外ドラマ・映画のあらすじと感想。顔面血管腫(赤アザ)カバーメイク体験談

同性愛

ここでは、「同性愛」 に関する記事を紹介しています。
はてなアンテナに追加   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

オススメ度:☆☆☆☆★

仮面の告白 (新潮文庫)
仮面の告白 (新潮文庫)三島 由紀夫

おすすめ平均
starsとりあえず
stars三島作品の入門編として最適
stars「素面」と「「仮面」の戦争
stars三島文学に慣れてきたら・・・
stars思ったよりもすごい

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


『仮面の告白』はホモセクシュアルであることを告白した小説である、という認識が広くあるのではないだろうか。
私は特にゲイやレズビアンに興味もないが、メディアで彼らが取り上げられ、目に触れる機会は多い。そして知り得た情報によると、彼らの抱えている問題のひとつに、「カミングアウト」がある。
ゲイもレズも一見してわかるものではない。女だから、男だから、と周囲は結婚や出産を期待する。友人知人も、見た目の性から女友達、男友達といった暗黙の距離感のもとの関係を期待する。それらの期待を断り生き易くありたいという願いや、本当のことを打ち明けて誠実な関係を持ちたいという願いがカミングアウトさせることもあるだろう。また、アイデンティティを確立するためにまわりに知らしめる必要があったり、せざるは勇無きなりと障害として乗り越えたかったり、という自分自身の動機ですることもあるだろう。
『仮面の告白』はこうした、私がメディアを通じて間接的に見聞きする彼らの告白とは全く違うものである。

第二次世界大戦戦時下の東京で、主人公はいわば庶民よりもひとつ上の階級に属して青春を送っている。良い家に育ち、良い学校に通い、世間では物がなく苦しんでいる時に優雅に花見をしたりしているのだ。(これは私たちが植え付けられている戦時下のイメージが辛苦に偏りすぎているということなのかもしれないが)。
彼は幼少のころから肉体労働をする男に惹かれており、ついに中学校二年生のときには同じクラスの男、近江に恋をする。近江は不良で、他の同級生とはまったく違った大人びた体の持ち主だった。


 彼は雪に濡れた皮手袋をいきなり私のほてっている頬に押し当てた。私は身をよけた。頬に生々しい肉感がもえ上がり、烙印のように残った。私は自分が澄んだ目をして彼を見つめていると感じた。
 ――このときから、私は近江に恋をした。


その一刹那、私は彼と目と目を合わせた。まことの一刹那だった。彼の顔から道化た表情は消え、あやしいほど真率な表情が漲った。敵意とも憎しみともつかぬ無垢な激しいものが弓弦を鳴らしていた。それはわたしの思いすごしであったかもしれなかった。指先を引かれて体の平衡を喪った瞬間の、むしろむなしい露わな表情であったかもしれなかった。しかし私は、二人の指の間に交わされた稲妻のような力の戦きと共に、私の彼を見詰めた一瞬の視線から、私が彼を―ただ彼をのみ―愛していることを、近江が読み取ったと直感した。
 ――二人は殆ど同時に遊動円木からころがり落ちた。


どちらのエピソードも胸がはっとする美しさである。同性愛云々を超え、片恋というものをよく表現している。若い頃の片想いの、あの、張り詰めた琴線に相手の一挙手一投足がメッセージとして引っかかってくる感覚。恋をしているのは彼になのか、偶像化された果ての何物かになのか。
主人公は近江にこれほどに恋しながら、精神的なつながりを求めない。近江が読んでいる本を覗き込むと隠し、見せない。「羞恥からではなかった。彼が書物なんかに興味を持つこと、そこで彼が不手際を見せること、彼が自分の無意識な完全さを厭うようになること、こうしたあらゆる予測が私には辛いからだった。」要するに、馬鹿にしているのである。近江の体に恋をし、神々しいまでにあがめながら、彼の知性を馬鹿にしているのだ。

次に彼が恋に落ちるのは同級生の妹、園子である。近江とは逆に、彼は園子の精神に惹かれるが、彼女にキスした瞬間、彼女に欲望を抱くことが出来ないことを悟る。

戦争が終わらなかったことが彼を絶望させる。戦争は彼の隠れ蓑だった。いずれ戦争で死ぬのだと思うことで、自らの抱えている女に対して不能であるという秘密、すなわち人生に対して無能であるという事実から逃れていたのだ。

そもそもホモといってもオナニーしかしていないのである。オナペットが男である、というだけで、男に対しても童貞なのだ。女に対して不能なのではない、他人に対して不能なのだ。
近江に欲望を打ち明けることもできなかったし、園子に不能を打ち明けることもできない。
彼はいつも思う。『なぜ今のままではいけないのだ』、と。
この仮面を被ったまま、自らを誰にもさらけ出さぬままでいたい。

三島由紀夫の私小説として知られているこの作品は、しかし三島由紀夫そのものではない。物語の登場人物のモデル(祖母や園子)は実在したらしいが、三島由紀夫自身は結婚し一男一女を儲けているので女性にも能力があった。
それもこれもまた仮面ではないだろうか。『仮面の告白』自体が三島由紀夫の仮面のひとつではないか。
『仮面の告白』は仮面を脱ぎ去ることではないのではないか。
三島由紀夫は生涯仮面を被り、常に新しい仮面を探して生きていかなくてはならなかったのではないだろうか。この後に続く作品群も、ボディビルも、盾の会も。そしてどれもが上手くできているのに、根を張ることができずに、求めていた人々からの呼応が得られない。賞賛されるのに、みんなついてこない。

太宰治に「あなたの文学が嫌いだ」と面と向かって言ったというエピソードは有名だが、嫌う理由は良くわかる。太宰治にできたこと、全てをさらけ出すということ、それが三島由紀夫にはできなかった。どうしても、できなかったのである。

物語の幕切れ、主人公は人妻となった園子に「女を知っているのか」と尋ねられる。

「おかしなことをうかがうけれど、あなたは、もうでしょう?もう勿論あのことはご存知のほうでしょう?」
私は力尽きていた。しかもなお心のばねのようなものが残っていて、それが間髪をいれず、尤もらしい答えを私に言わせた。
「うん、・・・・・・知ってますね。残念ながら」
「いつごろ」
「去年の春」
「どなたと?」
――この優雅な質問に私は驚かされた。彼女は自分が名前を知っている女としか、私を結びつけて考えることを知らないのである。
「名前は云えない」
「どなた?」
「きかないで」
あまり露骨な哀訴の調子が言外にきかれたものか、彼女は一瞬おどろいたように黙った。顔から血の気が引いてゆくのを気取られぬように、あらん限りの努力を私は払っていた。別れの時刻が待たれた。
(後略 文中一部漢字をかなで表記)

きっと、愛していたのだろうな。園子のことを。
昔の洋画のような、音楽が聞こえるラストシーンである。

☆ブログランキングに参加しています。クリックお願いします☆

ブログランキング


web拍手

[仮面の告白(三島由紀夫/新潮文庫)]の続きを読む
スポンサーサイト

関連タグ : 三島由紀夫, 同性愛,

オススメ度:☆☆☆☆★
オススメ対象:恋する人へ
オススメポイント:ふたりのジャン
ジャン・マレーへの手紙
ジャン・マレーへの手紙ジャン コクトー Jean Cocteau 三好 郁朗

東京創元社 1994-07
売り上げランキング : 774604


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ジャン・コクトーが恋人ジャン・マレーに二十五年の歳月書き綴った書簡集。
出てくる名前がとにかくすごいのだ。身近な友人として、同居人や仕事仲間として登場するファーストネーム、ラストネームが、その名前で私が知っている唯一の人そのものなのだ。つまり、ピアフといえばエディット・ピアフだし、ココといえばココ・シャネル。ブルトンといえばアンドレ・ブルトン。ピカソはパブロ・ピカソだ、もちろん。
二人のジャン。出会ったとき、コクトーは詩人・劇作家・小説家・映画監督として時代の寵児。マレー美貌の無名の役者。年齢差24歳。男性同士。
しかしそのスキャンダラスな境遇は他の恋人たち同様愛し合う二人の間では全く問題ではなかった。これらの膨大な手紙からそれが読み取れる。
第二次大戦中、若きジャン・マレーは召集される。コクトーが戦地へ繰り返し書いた手紙は素直で率直な心情に満ちている。どうか決して勇敢になどならないでほしい。忘れないで、僕の命は君につながっている、お願いだからナチスを恐れて。
時代の足音が鳴り響く。時世に作品が受け入れられず、戦意を高揚させるような作品がもてはやされていることへの不安。劇場を泣く泣く閉鎖したこと。自分のように全く政治的でない作家が政治を語らずにいられないような時代の流れ。台頭する全体主義。しかし、とジャン・コクトーは語る。いつかまた自分たちの時代が必ず来る。そしたらまたいっしょに仕事をしよう。その日を信じて自分は書き続ける。来るべきその時代、そこではもっとも大切なものは心だ。
そして彼らの時代はやってきて、今も残る名作、オルフェや美女と野獣が制作されることになる。
何よりも感動的なのは、ジャン・マレー自身が前書きで自慢しているように、それらがいささかも文学ではなく、ただ平明でストレートな手紙であるということだ。ひとりの詩人が真実の愛の前で虚飾を捨て謙虚になる姿は深い共感を呼ぶ。戦時の混乱で手紙が届かぬことに苦悩し、恋人の安否を思って泣く。
「僕のジャン、愛ゆえに狂った男に寛容を示してください。僕は決めたのです、この狂気からさめないことを、けっして正気に戻らぬことを」
ジャン・コクトーは1963年に死去。ジャン・マレーは1998年まで生きた。その生涯においてコクトーを超える作品に出会うことはなかったが、コクトーと成し遂げた業績は今も色褪せない。


☆面白い、と思ったらここをクリック!☆

ブログランキング


私のジャン・コクトー―想像を絶する詩人の肖像私のジャン・コクトー―想像を絶する詩人の肖像
ジャン マレー Jean Marais 岩崎 力

東京創元社 1995-04
売り上げランキング : 847934

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


オススメ度:☆☆☆☆★
オススメ対象:性に裏切られる人
オススメポイント:告白
欲望という名の電車欲望という名の電車
テネシー ウィリアムズ Tennessee Williams 小田島 恒志

慧文社 2005-08
売り上げランキング : 323,279

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


裕福だった女が落ちぶれて、妹のところに厄介になりに来る。少女だったころに不幸な恋愛をしたためにこの女、ブランチの人生は暗い陰を負っている。彼女はまず、古くからの屋敷を手放してしまったのだと妹に打ち明ける。しかし彼女は嘘をついている。屋敷を手放しただけでは、なかった。彼女の不幸はもっと根が深かったのだ。

一番のクライマックスは第六場、ブランチがミッチという男と互いの不幸な過去を打ち明けあうシーンだ。恋人を病気で失ったというミッチの話しにほだされ、ブランチはかつての結婚について打ち明ける。十六のとき初めて恋をした。暗がりから突如光に晒されたように世界が目の前に現れるような、そんな恋だった。
「でも、運が悪かったのね、わたし。」
彼女は言う。
どうにもならないほど絶望的に愛していた夫は、同性愛者だった。
”そのこと”を率直に語ること自体がまだタブーだった時代の戯曲だ。同性愛、という言葉すら一度も使われていない。
それを語る言葉がないということが、ブランチの告白をより生々しい苦悩にゆがめる。
「その人にはどこか変わったところがあったわ、繊細で、感じやすいって言うか、何か男らしくないところが―――見た目は全然、女っぽいわけじゃないのよ――でも――あったのね、そういうところが」
彼の性癖を示唆する言葉はこれだけ。
彼は同性愛者であることに苦しみ、ブランチに救いを求めていた。しかしブランチにはそれがわからなかった。
「わかっていたのは、わたしがどうしてだかあの人を失望させたってことと、あの人が求めながら口に出せないでいた救いを与えてやれなかったってことだけ!」
彼らは肉体関係を結べなかったのだろう。その失敗を示唆する言葉もこれだけ。
「あの人は蟻地獄にはまって、わたしにしがみつこうとした――なのにわたしは、ひっぱりだしてやらずに、いっしょに滑り落ちていったの!それがわかってなかったのよ、わたしには。何も分かっていなかったの、ただ、なんとなく、彼をたまらなく愛しているのに、救ってやることはできない、自分を救うことも出来ないって感じてた。」
だってどうしてわかるだろう、なぜうまくいかないのか、なぜわたしのこの恋はこの結婚はこんなに絶望の予感をたたえているのか?彼女にそれがわかるはずがあっただろうか。16歳、初恋だった。目がくらむような恋だった。
「そしてある日、分かったの。考えられる限り最悪の形で。誰もいないと思って、ふと入った部屋に、――誰もいないどころか、二人の男がいて・・・」
夫の男との浮気現場に足を踏み入れてしまったことを示唆する言葉も、これだけ。
ついにそのことを知ったブランチはダンスの最中に夫を決定的に傷つけてしまう。(短調のポルカが流れる、とト書きにしばしば繰り返されるのはこの体験の繰り返しになる。)
「見たわよ!嫌らしい!ゾッとするわ・・・・・」
彼にぶつけた言葉も、これだけ。
夫は、咥えた拳銃をぶっぱなした。

彼女の打ち明け話を聞いたミッチは、二人が互いの伴侶になれるのではないか、と提案する。そのキスにむせび泣きながらブランチはこう言う。
「ときには――神様が――こんなに早く!」
皮肉なセリフだ。
なぜならそれは、あまりに遅く、だったのだから。
ミッチは何もわかっていなかった。彼女の人生はとっくの昔にめちゃくちゃのぐっちゃぐちゃに壊れ果ててしまっていた。マザコン男の感傷なんかで救うことができるなんてお門違いの手遅れ、とんだお笑い種だったのだ。

彼女は学校の教師でありながら夜な夜ないかがわしいホテルに出入りして見知らぬ男に体を売り、生徒である少年に手を出して学校からも町からも放逐された身だったのだ。
彼女の夫のそれがそうだったように、彼女の性はタブーであり持ち主を苦しめ破滅させるものとして描かれている。欲望は持ち主と食い違い、先天的に絶対的に不一致で永遠に同一になれないのだ。

やがて彼女の秘密は暴かれ、ミッチは彼女から離れていく。もともと風前の灯火だった彼女の人格は追い込まれ崩壊する。だからこの告白による交感はもろくはかない。それでも私はこの告白のシーンが好きだ。
”それ”を語る言葉の少なさにもかかわらず、ここにはぎりぎりの真実、渾身の真実の発露がある。どぎつければいいというものではないのは確かだが、かといって少ないから良いのではないだろう。許されることも許されないことも頼りなく移り行く時代の中、その人なりの限界の中、戦いの果てに搾り出された言葉だけが生み出す、迫力なのだろう。

☆面白い、と思ったらここをクリック!☆

ブログランキング



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。