びぶりおふぃりあ  ブックレビューとオススメの海外ドラマ・映画のあらすじと感想。顔面血管腫(赤アザ)カバーメイク体験談

塩ぬきダイエット

ここでは、「塩ぬきダイエット」 に関する記事を紹介しています。
はてなアンテナに追加   

タグ:塩ぬきダイエット の記事一覧

| |


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

油断していると太ってしまうこの体質。

でも太り過ぎると体調が悪くなってそれ以上太れない才能のなさも兼ね備えており…。
情けないことです。

ですので、152センチと小柄な体格で、46キロ~54キロという幅を行ったり来たりしているのが私の体重の歴史。

体脂肪率は決して高くなく、どちらかといえば低めだと思います。
でも筋肉がたくさんついているというわけでもなく、筋力は月並みもしくはそれ以下。
ダイエットサイトなどで太り方がわかるチャートをすると結果は「水太り

向いているダイエット法は人それぞれだと思うのですが、
私が【本気】でダイエットしようと思ったときに必ずやることがあります。

それは、塩ぬきダイエット

この記事は塩ぬきダイエットを推奨するものではありません。
塩は生命維持に重大で重要な栄養素であり、摂取しなければ確実に死に至ります。


塩味のついていない食事って摂ったことありますか?
すごいまずいです><

ただ茹でただけの野菜や肉、米やパスタを食べるのです。
食塩だけでなく、醤油やケチャップも使いません。

すると、「いかに塩味に食べさせられているか」に気付きます。

空腹だと、それでも食べられます。
おいしいとすら感じます。

空腹は最大の調味料、とは良く言ったものです。

食べ進むと突然

「やっぱり塩をかけないとこれ以上たべられないな、…まずい」

と気が変わります。

これが満腹のサイン

塩味にありもしない欲望をかきたてられて、私は必要な量の二倍も食事を摂っているのです。

また、塩味の中毒のようになって、空腹になるよりずっと前次の塩味を欲して間食に引きつけられます。


塩ぬきの食事は3食全部にはしません。私の場合は夕食のみのことが多いです。
また、暑くて汗をかいた日などは夕食でも塩分をとります。


ポイント


塩が必要なときと、塩味の中毒症状の見分け方

「塩が欲しい」

と感じるか

「何か食べたい」

と感じるかでわかります。

「塩を舐めたい」と思うなら塩分が不足している、と私は感じています。(個人の感想)


また、

本物の食欲


塩味の中毒症状の見分け方は塩ぬきの食事を美味しく食べられるかどうかでわかります。


体に必要不可欠な塩分を摂取するときにはふり塩などではなく、できるだけ直接舌に強い塩味を載せないことです。

注意ですが、私は栄養学の専門家でも医者でもありません。
食塩の摂取方法について、たとえば液体の中に溶かすよりも直接塩に強い塩味を感じるような味付けをしたほうが塩分の摂取量を抑えることができ、体に良いという考え方もあると思いますし、筋が通っていると思います。
あくまでもここで書いているのは塩味の中毒様の症状についての個人の経験と感想です。


塩の摂り方塩の刺激を抑えるのです。
一番良いのは甘いものの隠し味であったり、薄味の味噌汁(スープ)であったりといった方法です。

私は塩ぬきの食事をしてダイエットに失敗したことがありません。
ちょっとだけ体を絞りたい、という場合には、納豆に何もいれずに食べたり、サラダにドレッシングやマヨネーズを使わないなどの方法でもちょっとした効果を実感しています。

ダイエットで本気になったとき、私はかならず塩ぬきの食事を作ります。
絶対100%成功するダイエットなんです。
でも毎回(といっても3回くらいしか本気でやったことはないですが)これは気が重いことなんです。
なぜなら、塩ぬきの食事って、ふだん目をそむけてる醜い現実を思い出させるんだもの…

それは、食事がもっている本来のグロテスクさかもしれない……
食べ物とはお腹がいっぱいのときには気持ちの悪いもの。

他の命を殺して死体を自分の体に取り込む、そのことを覆い隠している幻想(=塩味?!)がなくなると…。

料理の腕前も塩がごまかしてくれます。

たとえばもやしの茹で方。
もやしは匂いますよね。くさいです。

でも塩味がその匂いを消してくれます。むしろその臭さが塩に良い風味を付けているのかもしれない。
だけど、もやしをまずきれいに洗い乾かして、たっぷりの湯で茹でる、それもかならず蓋をしなければいけません。
これがもやしの正しい茹で方、と私は習いました。

そうするともやしはとても良い香りに仕上がります。
生まれたてのようにほやほやに。
塩が無くても十分食べられます。

逆に枝豆は蓋をしてはいけないし、茹でるまえに塩で良く揉まなければだめ。
枝付きのまま茹でたものが居酒屋で出されることがありますが、枝はものすごくアクが出ます。紫色と茶色の混じったひどい色の茹で汁に、灰色のあぶくが浮いて、とても食べ物には見えない。
そういうものを、さやにたっぷり振られた塩で美味しい美味しいと食べているのです。


肉や魚に塩分がなかったら…言うまでもないですよね。


この塩ぬきダイエット、ずっと続ける必要はありません。
ただダイエットに入る私の体の切り替えに、塩ぬきの食事は欠かせないのです。

塩ぬきダイエットはただ食べ過ぎを防ぐだけでなく、私の体を整えて、体を軽くし、ウエストや足を細くしてくれます。
体調は良くなり肌のコンディションも良くしてくれ、気分も爽快になります。


…という塩ぬきダイエット、20歳のころから10年に1度行っている、私のオリジナルだと思っていたのですが、
なんとこれ、チャン・グンソクもやったんだそうです!
グンちゃんはもっと過酷な塩ぬきみたいですが…(私にはやる自信ありませんし、危なそうな気がする…)

チャン・グンソク 過酷な「塩抜きダイエット」で年上女性落とす-8㌔スリム美体に

なんだ、私のオリジナルじゃないじゃん


でもちょっとうれしい☆


ダイエットには色々な方法がありますし、どの方法が向いているかはその人の体質やコンディション、生活習慣によって全く違うと思います。
勉強法と同じで、「○○法」というものを頭から信じるのではなく、まず自分をよく見詰めて、いろいろ試しながら自分にとって良い方法を模索するのが一番だと思うのです。


web拍手

スポンサーサイト

関連タグ : 塩ぬきダイエット,

タグ:塩ぬきダイエット の記事一覧

| |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。