びぶりおふぃりあ  ブックレビューとオススメの海外ドラマ・映画のあらすじと感想。顔面血管腫(赤アザ)カバーメイク体験談

愛人

ここでは、「愛人」 に関する記事を紹介しています。
はてなアンテナに追加   

オススメ度:☆☆☆☆★
オススメ対象:女性
オススメポイント:仏領ヴェトナムの優美

愛人(ラマン)愛人(ラマン)
マルグリット デュラス Marguerite Duras 清水 徹

河出書房新社 1992-02
売り上げランキング : 50,469
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


女性の最大の魅力の一つは、自分は魅力的だとしんから確信しているところにあるように思う。
女流作家の作品を読み終わると、「なんだ結局”私ってこんなにすてきなの”ってだけじゃないか」と呆然とすることが多い。でもそういう作品の方が一般的に言って面白い。
あくまでも私の体感でしかないのだが、女性が頭を使い自己を離れた作品を書くと却ってぼんやり柔らかさが表出してしまい、詰めの甘いものになってしまうように思うのだ。逆に自分は魅力的なんだと全面に押し出してくる女流作家には凄みや冷徹さが備わっている。矛盾するように思うけれど、これが私の多読の結果得た印象である。

「愛人」はデュラスの仏領ヴェトナムでの最初の性体験をもとにした小説で、十五歳の少女の魅力だけをひたすら物語っている。
貧乏な一家、凶暴でエキセントリックな長兄、弱く言葉も足らないのに分身のように思っている次兄、人生を扱うのに巧みでない不幸な母、暑く退屈なヴェトナム。白人だから大目に見てもらえる不品行、淫蕩な寮生活。そして滑らかな肌をした金持ちの中国人、ショロンの男と呼ばれる、彼女の最初の愛人。セックスが巧くて、お金をくれて、身も世もなく彼女を愛し、彼女が去ると知ると不能になってしまう男。失ってからも愛し続け、それを切迫と抑制に打ちひしがれて電話ごしに伝えてくる男。
主人公の少女だけではない、この人々も背景も、すべて彼女自身なのだ。ある女の人生に時制もなく内蔵され秘蔵されてきたできごと、仏領ヴェトナムの熱帯にとろけさせられて、輪郭が融け合っている。「愛人」はそういう話だと、私は思っている。

この小説の中で、彼女は誰も愛さない。
でも気付いただろうか、愛していないのではないのだ。
彼女は愛という使い古された言葉、記号に従うことを拒否しているだけなのだ。あまりにも自分自身の魅力を愛しているから。
それは単純な自己愛ではない。自分の感性、才気に心の底から心酔しきっていてそれしか信じず、自分が瞬間のうちに発見する新しい何かだけで自分に触れる全てを感じ、言葉にしたいのだ。
この本を読めばわかるだろう、彼女がそのやりかたで、全てをうけいれ全世界と自分をとろとろに溶け合わせていたことを、そして彼女があまりに魅力的だということを。

☆面白い、と思ったらここをクリック!☆

ブログランキング


愛人(ラマン) 無修正版愛人(ラマン) 無修正版
ジェーン・マーチ レオン・カーフェイ ジャンヌ・モロー

ビデオメーカー 2000-08-25
売り上げランキング : 1,186
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

オススメ度:☆☆☆☆★
オススメ対象:男に体を売ったことのある女・男に心を売ったことのある女
オススメポイント:おとこがおんなの一人称をかりるとき

4061960504白痴・青鬼の褌を洗う女
坂口 安吾

講談社 1989-07
売り上げランキング : 83,670
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


坂口安吾というひとは、男性の主人公を書かせると、女性賛美と女性不信がない交ぜになったこそばゆいことを言い出すのだが、三人称の寓話の美しさと女性の一人称の小説は比類ない。
女形と同じく、そこに架空の性、女性を超えた女像が現出する。
「青鬼の褌を洗う女」は、戦後を妾として贅沢にくらす女から見た、男女の仲のかわゆらしさやかなしさを描いている。
ぽうっとあたたかな色香の湯気を帯びたもち肌におもわぬ底冷えするまなざしを持った女。
彼女は、愛は感謝だ、という。養ってもらい贅沢をさせてもらっていることに対する感謝で、自分をそれほどまでに可愛がってくれる年取った旦那への報いだ、と。そして彼女自身の若さが引き起こす浮気などはものの数ではないし、彼女はそんなものにほんとうの執着はない。
彼女は同性の友人たちに白々とした視線を向ける。身持ちは堅いがすぐに美しい男に心を奪われる女や、身寄りがないがゆえに貞操だけをたよりにして一人生きている処女に。だからといって彼女達を断罪して一線を画することは彼女の性分にはないのだ。妾として生きる覚悟など、ない。「どうでもいいの、それだけのことよ」と、彼女のこだわりのなさは、汁粉のようにとろとろゆるゆるアツ甘く、もどかしい。
自分をただただ愛している年老いた金持ちのけなげさを、彼女は愛らしがって微笑むけれど、もちろん男の絶望は深い。抱きあいながらも、どちらが鬼でどちらが仏なのか、どちらが美でどちらが醜なのか。
戦後には妾という身分にしかなかったモラルが、今世相を覆っている。
性は売られ、心は見失われている。
でもそこにたおやかな詩情がないのは、やはりそれがリアルな女の一人称だからなのか。

☆面白い、と思ったらここをクリック!☆

ブログランキング



web拍手

関連タグ : 坂口安吾, 愛人,