びぶりおふぃりあ  ブックレビューとオススメの海外ドラマ・映画のあらすじと感想。顔面血管腫(赤アザ)カバーメイク体験談

愛着障害

ここでは、「愛着障害」 に関する記事を紹介しています。
はてなアンテナに追加   

photo
愛着障害 子ども時代を引きずる人々 (光文社新書)
岡田 尊司
光文社 2011-09-16
評価

パーソナリティ障害―いかに接し、どう克服するか (PHP新書) 人を動かす対話術 (PHP新書) シック・マザー 心を病んだ母親とその子どもたち (筑摩選書) 境界性パーソナリティ障害 (幻冬舎新書) 子どもの「心の病」を知る

by G-Tools , 2012/07/10

あらすじ・概要:


従来、愛着の問題は、子どもの問題、それも特殊で悲惨な家庭環境で育った子どもの問題として扱われることが多かった。しかし、近年は、一般の子どもにも当てはまるだけでなく、大人にも広くみられる問題だと考えられるようになっている。しかも、今日、社会問題となっているさまざまな困難や障害に関わっていることが明らかとなってきたのである。(袖より)



感想:


愛着障害って、なにごと?

愛着障害、という言葉を知らなかったので、児童虐待というキーワードで本を検索していてこの本が出てきたとき「愛着障害ってなにごと?」と思ったんだけど、ひとことで言うと、親との関係が悪かったことが人間性に悪影響をもたらしていることを指しているみたい。

この本を読んでいると、安定型の愛着スタイルを持っていることの素晴らしさがしみじみと感じられて、自分の人間関係への向きあい方を少しでも良くしようという気になる。

たいていの人には回避型のような傾向も不安型のような傾向もあると思う。
私はそういう偏った気分でひとや物事に接することが客観的に見てどういうことなのか、ちゃんとわかっていなかった。すごく必然で正当な理由があるような気がしてむしろその偏りに固執していた…。
なぜ自分に良いことが起こらないのか不思議がっていたわ。

でも、そういうことだったのね。

中でも感銘を受けたのは、愛着障害を克服するために自分が自分の「親」になる、ということ。

確かに、始まりが親との問題だったとしても、成人してから親と向き合ったところで始まりからやり直せるわけでもない。親だっていつまでも生きているわけでもない。

自分が自分の親になる、

その手があったのね。

「親なしでやっていく」より、ずっと素敵なことだ。
同じことなのかもしれないのに、どうして明るい気持ちになるのかな。
やっぱり人には守って導いてくれる存在が必要なのだろうか…。

誰かに依存するのではなく、この世界の成り立ちにただ安心して眠ることができれば。清潔な天蓋付きベッドのように、この世界が優しく見おろしてくれていれば…。

私の腕の中で頬をふくらませて眠る娘の姿、手足のぬくもり、が、突然共感を伴って頭に浮かんだ。
自分が彼女であるような気持ちと、彼女の親である自信と…

ひどく眠い。


photo
愛着障害 子ども時代を引きずる人々 (光文社新書)
岡田 尊司
光文社 2011-09-16
評価

パーソナリティ障害―いかに接し、どう克服するか (PHP新書) 人を動かす対話術 (PHP新書) シック・マザー 心を病んだ母親とその子どもたち (筑摩選書) 境界性パーソナリティ障害 (幻冬舎新書) 子どもの「心の病」を知る

by G-Tools , 2012/07/10