びぶりおふぃりあ  ブックレビューとオススメの海外ドラマ・映画のあらすじと感想。顔面血管腫(赤アザ)カバーメイク体験談

江戸川乱歩

ここでは、「江戸川乱歩」 に関する記事を紹介しています。
はてなアンテナに追加   

タグ:江戸川乱歩 の記事一覧

| |


おススメ度:☆☆☆☆☆
おまけ:大槻ケンヂ(解説)・田島照宇(表紙絵)

人間椅子 江戸川乱歩ベストセレクション(1) (角川ホラー文庫 え 1-1 江戸川乱歩ベストセレクション 1)
人間椅子  江戸川乱歩ベストセレクション(1) (角川ホラー文庫 え 1-1 江戸川乱歩ベストセレクション 1)江戸川 乱歩

角川グループパブリッシング 2008-05-24
売り上げランキング : 27221

おすすめ平均 star
star編集方針に感服しました

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



江戸川乱歩 は、象徴・小道具が自在に移動するところに不思議な開放感、広さがある。深く掘り下げるよりも、次の扉を開けて旅を続けるのだ。
その発想・思考は少年らしく、怪人二十面相シリーズが子供向け探偵小説として長く愛されている所以だろう。

「人間椅子」は面白い作品が集まっており、また読みやすいので是非読まれたい本である。

収録作品
 人間椅子
 目羅博士の不思議な犯罪
 断崖
 妻に失恋した男
 お勢登場
 二廃人
 鏡地獄
 押絵と旅する男

それぞれの感想を以下に記す。

【押絵と旅する男】
そもそもその旅行すらも夢だったのかもしれぬ、とことわりを入れてから、魚津に蜃気楼を見に行ったときのことを語り始める。

「私はあんな静かな、唖のように黙った海を見たことがない」から始まる蜃気楼の描写は無声フィルムのように、いや、さきほどまで自分で見ていた悪夢のように、読む者の目にまざまざと映し出され、遠近感を狂わす。

その蜃気楼を見に行った帰りの汽車の中だった。押絵と旅する男に、出会ったのは。

男は二尺(約67cm)かける三尺(約1m)の板を窓に立てかけていたが、夕闇が降りるとそれを風呂敷に包んでしまう。その板こそが押絵であり、彼は押絵に描かれた二人の男女に車窓の景色を見せてやっていたのだ。

押絵とは、人形とパッチワークの中間のような手芸品で、厚紙に布を張って主に人物を象り、華美な衣装を着せて綿を入れてふっくらさせ、羽子板や額に嵌めたものである。布地のやさしさがなまめかしいのか、二次元に押し込められようとしているふくらみが想像力をかきたてるのか、江戸川乱歩 だけでなく夢野久作 にも「押絵の奇蹟」という名作がある。
同じ「押絵」を扱った作品として、この二つを並べて見ると、二人の違いが如実になる。また、どちらも異なりながらそれぞれに素晴らしい作品で、単純な対比という構図に収まり切らない。

夢野久作 の作品では、人間の心と体が押絵を超える。あやかしは、見事に生き写しの押絵そのものにはないのだ。母が作る押絵にいつも描かれていた美しい顔は、夫以外の想い人の顔なのだが、その恋人とは肉体関係にないのに、夫との子が想い人の顔に瓜二つで生まれてくる。そして、子の顔立ちから不倫を疑う夫に、子供はあなたの子だ、ときっぱり主張しながらも、疑うのは尤もだ、と夫の手討を受ける母の、恋情とあやかしに殉ずる理不尽な激しさ。またその殺害の様の、生暖かな血の匂う美しい描写は、宝と言っていいだろう。

夢野久作 が母の因果で重い恋に苦しむ娘の視線から描いているのに対して、押絵に閉じ込められた青年の弟の視線で語る江戸川乱歩という人は、いかにも少年らしい。そして青年が押絵に閉じ込められる経緯も、夢野久作 が娘がプラトニックな恋人に似てしまうことにまったく道理を必要としないのに対し、遠眼鏡の力を借りてするのである。情念だけではだめで、トリックが必要なのだ。

長じて年老いた弟はまだ少年の心で、押絵と共に旅をする。本を閉じてもなおロマンが溢れ、旅の行く末を思う。

夢野久作 との対比に興味がある方は、夢野久作自身の「江戸川乱歩論」を読んでみることをお勧めする。非常に短く、また「白昼夢」についての評論は実に美しいので一読の価値がある。江戸川乱歩のペンネームについてかなり馬鹿馬鹿しく思っていた記述も面白い。青空文庫で無料で読むことができる。
青空文庫 夢野久作「江戸川乱歩氏に対する私の感想」
青空文庫 夢野久作「押絵の奇蹟」
江戸川乱歩作品は、残念ながら青空文庫にはまだない。

☆面白い、と思ったらここをクリック!☆

ブログランキング


【人間椅子】
醜く貧しく、椅子作りにしか取り得のない椅子職人が自分の最高傑作に魅入られ、離れがたく思うあまりに細工をして椅子の中に入りこむ。椅子に腰掛けた人物は、革一枚を隔てて、座っている男の膝に抱かれることになるという按配だ。
椅子はホテルに納品され、ラウンジに置かれる。
孤独な椅子職人はそうして初めてそれぞれに異なる人の体の感触、ぬくもりを細かに知るようになるのだ。
やがて腰掛けた女性の肢体に恋の目覚めを感じるようになった人間椅子は、個人の自宅に払い下げられ、その女主人に恋い焦がれ身もだえするのだ。

醜さ貧しさゆえに孤独である男の、椅子を愛する想いの、また、椅子となって初めて他人に触れることができたことで芽生える他人を求める気持ちの、いじらしさと気持ち悪さ。ぴしゃりとぶってやりたい様な、そっとなでてやりたいような気持ち。
話の運びは、だんだんにぞっとさせておいて、最後に「嘘だよ、冗談だよ」とはぐらかすことで、却って不気味な疑惑が却って余韻を残し、見事だ。
そして、椅子職人の魅入られる対象が「椅子」、そして「女性」、更に「小説家の夢」と変化するところに、象徴・小道具の移動と同様、計算外の天性のロマンを感じる。



☆面白い、と思ったらここをクリック!☆

ブログランキング


【目羅博士の不思議な犯罪】
上野動物園のサル山の前で知り合った青白い男が、突然話しかけてきた。
「人間だって、真似をしないではいられぬ、悲しい恐ろしい宿命を持って生まれているのですよ。」
そして彼はその宿命にまつわる殺人について語り始める。
丸の内に鏡で映したようにそっくりな二つのビルがある。片方のビルの最上階の部屋で3回続けて首吊り自殺があった。その時、向かいの部屋には黄色い顔をした、初老の男性がじっとこちらを見詰めていた・・・。
黄色い顔がにやっと笑う場面の描写で、子供の頃愛読した怪人二十面相シリーズを懐かしく思い出した。

【断崖】
遊興三昧の中での三角関係の末の殺人。か弱い女の正当防衛に見せかけた犯罪をダイアログで表現した作品。女が主な語り手だが、男の合いの手が私が頭の中で考えていることと全くいっしょなので(のろけ話を即座にやめさせたり)少し気に入った。

【妻に失恋した男】
妻に愛されない夫、という、江戸川乱歩 が良く扱った題材。
小説というよりもちょっとしたメモのようだ。

【お勢登場】
「妻に失恋した男」、「断崖」と同じく妻に愛されない夫。
愛してくれない妻という題材は夢野久作にもあるのだが、そこに情感や息吹のようなもの(振り返ってくれないうなじの色香)を宿している夢野久作に対し、江戸川乱歩の「愛してくれない妻」は実にリアルだ。
子供とかくれんぼをしていてもぐりこんだ箱に掛け金がかかって閉じ込められてしまうという情けなさと、奥方お勢の「登場」というタイトルがユーモラスだ。
最後にはその夫を殺した箱の後日談として、箱は壊されることも燃されることもなく売られてどこかで誰かの持ち物となっているらしきことが語られ、ここにも象徴・小道具の旅がある。

【二廃人】
若い頃に夢遊病のために犯した犯罪は濡れ衣だったのではないか。そもそも、夢遊病という病も、ある男に仕立て上げられた、事実無根の病だったのかもしれない・・・。

【鏡地獄】
鏡とレンズに夢中になった男。光を歪めるその二つの魔法に溺れ、学業もろくにせず仕事も持たずに親が残した財産を鏡とレンズに注ぎ込み、ついには鏡を内張りした球の中に自ら閉じこもって発狂してしまう。
偏愛の末に物の中に閉じ込もってしまう、というモチーフは「人間椅子」「押絵と旅する男」と同様。



☆ブログランキングに参加しています。クリックお願いします☆

ブログランキング



web拍手

関連タグ : 江戸川乱歩, フェチ,

タグ:江戸川乱歩 の記事一覧

| |