びぶりおふぃりあ  ブックレビューとオススメの海外ドラマ・映画のあらすじと感想。顔面血管腫(赤アザ)カバーメイク体験談

父親になる

ここでは、「父親になる」 に関する記事を紹介しています。
はてなアンテナに追加   

オススメ度:☆☆★★★
男の出産―妻といっしょに妊娠しました (新潮文庫)
男の出産―妻といっしょに妊娠しました (新潮文庫)松久 淳

新潮社 2003-03
売り上げランキング : 264674

おすすめ平均 star
starたしかにおもしろいけど...
starかなり笑えます。ためになります
star笑える

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

冒頭:

妻が妊娠した。
なれないことをすると、すぐに結果が出るもんなんだと思った。


子供を持った人々が規則正しい生活をしているのを見て、やはりちゃんとした人が人の親になるのだな、それとも子供のしつけのために生まれ変わってきちんとするのだろうか、などと思っていた。
甘い。
人の親になってやっとわかった。彼らが夜更かしもせず、三度のご飯を決まった時間に食べ、せっせと散歩に行く理由。それは、「そうしないととんでもないことになっちゃう」からなのだった。きちんと生活のリズムが作れれば、だいたい夜は寝てくれるし、おっぱいもちゃんと飲んでくれるし、昼間もごきげんよく過ごしてくれる。
出産するとつらかったことなど忘れてしまうというけれど、そのとおりである。「喜びのあまりに」忘れてしまうだけではなく、「それどころじゃない」から忘れてしまう。おまけに子供は毎日毎日成長していて、昨日できなかったことが今日はできる、先週ぶかぶかだった服が今週はぴったりだ、と振り返る隙はない。

松久淳は田中渉と共著で『天国の本屋』などを書いている小説家、編集者。
内容が特に優れているとは思わないのだが文章はしっかりしているので、ある男性が妻の妊娠・出産に向き合った体験記としてほどほどに読め、父親の側からの妊娠本は多くないので、若干の付加価値もある。
立会い出産は絶対にしないと固く決意、女の子だと思い込んだ子供が男だった、うちの妻は良くできた美人だ。・・・どうでもいいよ、と言いたくもなる。
しかし不思議なほどなまなましく、思い出したのだ。私自身の妊娠と出産のことを。妊娠初期のつわりの時期から、安定期に仕事ばかりしていたことも、胎児名をつけて呼んでいたことも、出産のときの熱い空気のことも。共通点などほとんどないのに、である。この本の中では奥さんにつわりはないし、仕事だって私ほどしてるわけじゃないし、男の子だったし、出産は立会い出産だったし・・・・・・。しかしまざまざと甦るこれはなんだろう。
0週から40週までをリアルタイムで書いていること、出産する本人ではないことなどが作用するのだろうか。
ともかく、私は娘がおなかにいた頃のことを思い出し、あの頃も幸せだったと思い、そして今この境遇の幸せをじわじわと感じた。


☆ブログランキングに参加しています。クリックお願いします☆

ブログランキング


オススメ度:☆☆☆☆☆
オススメ対象:父へ。これから父となる人へ
オススメポイント:父が子を生むこともある
4101126100個人的な体験
大江 健三郎

新潮社 1981-02
売り上げランキング : 47,793
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

人はどの瞬間に「親」となるのか。
母親は身ごもったと知った瞬間から母となるとよく言われる。
父親はどうなのだろう。私の父いわく、二人目の子(私の弟)のときはもう子供が生まれるということも育てるということもわかっていたので妊娠を告げられた瞬間から自覚があったけれど、ひとり目の子(私)のときは生まれて二,三ヶ月経ってからふいに、「自分はこの子の父親なんだ」と感じた、という。
女という性が私の自我に及ぼしている力はあまりにも大きいため、自分が男だったら、と想像するのはとてもむずかしい。けれど、父親になる、というのはなんだか奇妙なことなんだろうな、というのは理解できる。
さて、障害のある子が生まれたら、という不安は親になる人々のたいていが味わうものだろう。
そしてときにそれは不安にとどまらず現実となる。
大江健三郎氏の子息光氏は脳に障害を持って生まれた。
この物語はその体験をベースに書かれている。
子供が生まれるというのに自覚のない若い父親、彼にもたらされた最初の知らせは息子に深刻な障害がある、とのことだった。
彼は女に逃げ、生まれたばかりの息子の死を望み、自由であり続けることを願う、しかしその苦しみの果てに、障害のある子供を息子として受け入れ、父親である自分を見出す。
卑怯な自分、男らしくない自分、父としてふさわしくない自分。そんな姿を赤裸々につづった、大江作品の中でも感動的な一作。
子供に障害があったがゆえに、大江氏は男でありながら生みの苦しみを味わい、息子を産んだのだ。

☆ブログランキングに参加しています。クリックお願いします☆

ブログランキング