びぶりおふぃりあ  ブックレビューとオススメの海外ドラマ・映画のあらすじと感想。顔面血管腫(赤アザ)カバーメイク体験談

神沢利子

ここでは、「神沢利子」 に関する記事を紹介しています。
はてなアンテナに追加   

オススメ度:☆☆☆★★
オススメ対象:子供あるいは子供のものが好きな大人
オススメポイント:ツネタ君のリアリズム

くまの子ウーフ (ポプラ社文庫―日本の名作文庫)
くまの子ウーフ (ポプラ社文庫―日本の名作文庫)神沢 利子

ポプラ社 2000
売り上げランキング : 440903

おすすめ平均 star
star色々な疑問が楽しいです

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



熊は怖い、でもかわいい。
そういう動物めずらしい。
出会ったら死ぬかもしれない猛獣である。少なくとも日本では、ごく一部の蛇や鮫以外では一番死に近い動物なのだ。
なのに物語に書かれたりキャラクター化される熊はいつもちょっと間抜けでくいしんぼう。どうしたって憎めない愛くるしい抱きしめたくなるいきものだ。
はちみつが大好きで、やっぱりそんなに賢くなくて、きもちがやさしくて、その体みたいにふっくらぽかぽかしている。
あのどこに行ってもある、テディベア!
そしてくまのプーさん、パディントン、くまの子ウーフ。

くまの子ウーフは育ち盛りの男の子、見るもの聞くもの全部に興味津々である。
さかなにはなんで舌がないのか、卵を産むニワトリは卵でできていてウーフはおしっこするからおしっこでできているのか、くまはねずみ100匹分ごはんを食べるからずるいのか、ウーフは将来何になるのか、・・・。
ウーフの疑問は尽きることがない。ウーフはそんな疑問に体当たりで真剣に挑むのだが、如何せん熊なのだからちゃんとした答えなんか出せっこない。キツネのツネタ君の厳しい批判にびっくりさせられてばかりだ。
中でも「ちょうちょだけに なぜ なくの」という話でのツネタ君のリアリストぶりは優れている。
家の中に迷い込んだちょうちょを逃すまいとして窓に挟んで死なせてしまったウーフ。号泣である。泣きながらお墓を作っていると友達がやってくる。ウーフがかわいいな、と思っているうさぎのミミちゃんと、遊び仲間のツネタ君だ。
ツネタ君はミミちゃんと同様お墓をおがんでくれるけど、これは遊びごとで本当のお弔いとは全く違う次元にさらっと割り切っている。そしてウーフが本当に泣いているということにびっくりするのだ。
このツネタ君、びっくりしただけで済ませるようなのどかな人ではない。それはそれ、これはこれ、の分別がつかないウーフを厳しく追及、その境界を迫るのだ。
「へえ、ウーちゃん、こないだ、ぼくととんぼとってあそばなかった?あのとんぼ、羽もげてしんじゃったけど、ウーちゃん、なかなかったね。どうして?」
気の毒にもおかしいウーフ、答えられるわけがない。美しいちょうちょに一瞬かけた淡い思いと、とんぼをいじくりまわしていた興奮とを言い表してなお泣くという芸当は、できっこない。
「しらない・・・・・・」
と答えるのみである。ツネタ君はなおもウーフの罪を列挙する。お尻でてんとう虫をつぶした、さかなも肉もぱくぱく食べる、と。
「ひどいわ、ツネタちゃん。せっかくウーちゃんが泣いているのに」
ミミちゃんがかばうと、こうである。
「せっかくなんてへんだね。まあ、どうぞないてるといいや。こんばん、ビフテキたべるときはもっとわんわんなくんだぞ」
もう・・・。まるで自分を見ているような。ここまで言うのか、である。なんのために?私は好きな人と喧嘩になると、やっぱりこのくらい言ってしまう。ツネタ君くらいの切り口で。ミミちゃんみたいだったらいいなあ、と言われたひとは思うのだろうけど、どうしてもツネタ君になってしまう。
ツネタ君が罰しているのはもちろん、殺生することではなく、殺生していることへの無知だ。それは私たち人間にも広く言えることではないか。さかなも肉もぱくぱく食べて、害虫だ害獣だとじゃまな生き物を殺し、森林やオゾン層を破壊して生態系を狂わせて、でも優しくする欲求を満たすためただ何かを愛玩してえらそうにしている。
ツネタ君はこう言うかもしれない。
「は、くまのお父さんやお母さんも殺しておいて、人間のおじいちゃんもあかちゃんも殺されてるくせに、くまだけどうしてかわいいの。」
この話がおもしろいのはツネタ君がウーフを嘲って去ったあと、ミミちゃんもそそくさといなくなってしまうところだ。世論はツネタ君についたのだ。
一人泣くウーフはミミちゃんが供えてくれたドロップにありがたかっているのを見て、ちょうちょにあげたのにありに取られるくらいなら、とドロップを食べてしまう、そのときにありもいっしょに飲み込んでしまい、
『口の中がもじょもじょしました。口の中で
 たすけてくれー、戸をあけてくれー
と、小さな声がしたようでした。
 ウーフはいきをとめて、なみだのとまった目をまるくしました。』
これが、終わりである。


☆面白い、と思ったらここをクリック!☆

ブログランキング


web拍手

関連タグ : 神沢利子,