びぶりおふぃりあ  ブックレビューとオススメの海外ドラマ・映画のあらすじと感想。顔面血管腫(赤アザ)カバーメイク体験談

竹田恒泰

ここでは、「竹田恒泰」 に関する記事を紹介しています。
はてなアンテナに追加   

オススメ度:☆☆★★★
皇室へのソボクなギモン
皇室へのソボクなギモン辛酸 なめ子/竹田 恒泰

扶桑社 2007-09-29
売り上げランキング : 108350

おすすめ平均 star
star「変化球な質問」のオンパレード★
star俗な質問が多いが、読み物として非常に面白い。
star初めて知ることもあって、興味が湧いた

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

冒頭:

丸の内のあたりを歩いていて、神秘的な光が雲間から皇居の森に差し込んでいるのを見る度、畏敬の念がわき上がります。



あらすじ・概要:
「ササイなギモン」「ソボクなギモン」「マジメなギモン」という三章に分けて、皇室に関する質問を皇族の末裔であり男性皇族による皇統存続を訴えた竹田恒泰と、皇室好きを自認する辛酸なめ子が対談する。

感想:

内容がどれほど意義深いかというと、根本的に皇室の細事に関する興味というものがそれほどなかったため、それほどでもない。
天皇陛下も皇族方も実生活や実務があるのだ、ということを理解するのは日本という国を捉える上で奥行きの一助となるだろうが、その程度の内容である。
じゃあなんで読んだんだ、というと、皇室を観察することではなく、「皇室、セレブ、世の中すべて」を独特の知性から軽々しく観察する辛酸なめ子女史を観察する、のが楽しいのである。
・・・ちょっとかわった生き物として。
残念ながら対談なので、辛酸なめ子持ち味の「腹のなかの不思議ないちもつ」が出てこないで、「変な子」という外見ばかりが目立つ。
このときホントは内心どう思ってたんだよ!
・・・というのが気になるところである。

DATA:
10進分類:288.4
内容分類:皇室
メインテーマ:皇室

著者名:竹田恒泰 辛酸なめ子
著者出身国:日本
時代背景:現代

漢字の難しさ ☆★★
表現の難しさ ☆★★
文体の読みにくさ ☆★★
テーマの重さ ☆☆★
テーマの難解さ ☆☆★
テーマの普遍性 ☆☆★
所要時間:(15分刻み)
1時間30分

消費セラピー (集英社文庫(日本))
消費セラピー (集英社文庫(日本))辛酸 なめ子

おすすめ平均
stars写真集も中についてた
stars吹く!
starsギャンブラーな消費家
stars新しい買い物方法
stars脱力系。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


☆ブログランキングに参加しています。クリックお願いします☆

ブログランキング