びぶりおふぃりあ  ブックレビューとオススメの海外ドラマ・映画のあらすじと感想。顔面血管腫(赤アザ)カバーメイク体験談

自己

ここでは、「自己」 に関する記事を紹介しています。
はてなアンテナに追加   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

オススメ度:☆☆☆☆★
オススメ対象:美女のみなさん。美女にモテたいみなさん。
オススメポイント:美女の存在は軽いのか?
ツッコミポイント:私は存在の重さにつぶれそう☆
4087603512存在の耐えられない軽さ
ミラン クンデラ Milan Kundera 千野 栄一

集英社 1998-11
売り上げランキング : 4,125
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

美女の皆さんに耳寄り情報です。
この本は美女がはまる本なのです。それも見目麗しいだけでなく、洋服の着こなしもメイクもうまい、ついでに言うとその中でも普段小説を読んだりしないタイプの女性が、この本を熱心に、涙を流さんばかりにむさぼり読むのだ。私は見たんだから間違いないって。友達でもそうだし、電車でも見たのだ。
決して簡単な本ではないにも関わらず、である。
なぜ?それは美女でない私のあずかり知らぬことなのだが・・・。ひょっとして美女の存在は耐えられないほどに軽いのか?
クンデラはナチに踏みにじられた第二次大戦から悪名高い”プラハの春”まで激動の祖国チェコを生き、著作が迫害されてフランスに離脱。意味とは何なのか、という現代の深いテーマの一つ、それは価値観の動乱を生きた彼にとっては腹の底からのテーゼに違いなく、その独特のシニックはもちろんそんなプロフィールと切っても切れない関係にある。
しかし、そのための器として彼は常に男女の愛を選び(なぜ?写真を見るとまあ女たらしだよなこりゃ・・・。)、その継ぎ手が不思議なことに平和な日本を生きる美女への水路に細々と繋がっているのだ。
美女である前に何者かでありたいと望む、それはけして高い望みではないはずだ。なのに美女であることはやはりどうしても女を翻弄するのだろうか。存在が重みを失うほどに。
どうか美女のみなさん、この本を読んでますます美しくおなり。そして、なぜ美女がこの本を好むのかをどうか私にもそっと教えて。

☆ブログランキングに参加しています。クリックお願いします☆

ブログランキング



web拍手

スポンサーサイト

関連タグ : ミラン・クンデラ, 自己,


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。