びぶりおふぃりあ  ブックレビューとオススメの海外ドラマ・映画のあらすじと感想。顔面血管腫(赤アザ)カバーメイク体験談

視覚デザイン研究所

ここでは、「視覚デザイン研究所」 に関する記事を紹介しています。
はてなアンテナに追加   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

オススメ度:☆☆☆☆★
オススメ対象:絵画の入門書として。展覧会によく行く人も。
オススメポイント:時代の、そして時代を超えた画家たちの熱気の交換
巨匠に教わる絵画の見かた巨匠に教わる絵画の見かた
視覚デザイン研究所

視覚デザイン研究所 1996-10
売り上げランキング : 20,367
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


展覧会で貸し出しているイヤホンの音声案内。使う人からは評判が良いようだ。めぼしい作品に音声案内用の番号がつけられ、その前で説明を聞く。確かに勉強にはなるのかも。
私は使ったことはない。使う人を批判しようというのじゃなく(でも説明がされている絵で渋滞が起こるのは不満)、私はとても言語に偏った人間だからだ。
学校では音楽を専門にしていたけれど、歌もメロディーよりも歌詞にインスパイアされることが多かったし、ましてや素人である絵画においてをや、である。文字を見る、言葉を聞く、そうすれば私の脳は言葉に占められてしまい、目は曇り、肝心の絵が目に入らなくなってしまう。
何にせよ感じるままを捉えたい、素人でも良い、とにかくどんなものでも量を見て、自分なりの答えを見つけていきたい。
そんなことを言いながら、やはり知識は面白いものだ。
美術史は学校で習ったし、美術史の本を読んだり、気に入っている画家の画集に見入ったり、ささやかな知識はある。それは手ぶらで絵画を鑑賞するのにとても役に立っている。
ついでに、ギリシャ神話と聖書は、イージーリーディングで十分なので知っておくと西洋美術は100倍楽しめる。いかに多くの画家がダナエを描き、受胎告知を描き、ユーディットを描き、レダを描いてきたか。絵を見た瞬間にそれがわかることは、鑑賞に深みを与えてくれる。
さて、この本はタブロイド版で「印刷された絵を見る」ための本ではない。絵は挿絵サイズでしか挿入されていない。巨匠に教わる、というのはそれぞれの画家がお互いをどう思い、どのように賞賛・批判していたか、という言葉を主に紹介していることを指している。
どの画家にも理想の師や影響を受けた友がおり、どの画家にも礼賛と非難があびせられた。
主に見開き1画家で、ムーブメントや主要作品などの基本的データ、カラーの代表作数点の挿絵、そして画家自身の自作に対する言葉と、他の画家からの言葉がイラスト入りで紹介されている。手書き風の噛み砕いた解説もあってとても親切だ。
ダ・ヴィンチ、ベラスケス、レンブラント、ドラクロワ、ミレー、ゴヤ、アングル、マネ、モネ、ドガ、ゴーギャン、ゴッホ、セザンヌ、ボナール、クリムト、ムンク、マティス、ピカソ、シャガール、ユトリロ、クレー、デ・キリコ、ダリ・・・どの画家も有名で頻繁に展覧会に掛かる、文字通りの巨匠だ。飽きることがない。
1ページ目からずっと見て読んでいくと、突然はっと、芸術というものの全体像、それは時代を超え受け継がれていく表現の太い熱、誰もが影響を与えあい、何とはいえないが強く訴えかけてくるそれぞれの華を咲かせ、生きそして死に絵は残り続け、私達が見て、生きて死に絵はそして残り続け・・・そういった燃え滾る溶岩流のヴィジョンが、ガツンと腹に来る。

☆面白い、と思ったらここをクリック!☆

ブログランキング



web拍手

スポンサーサイト

関連タグ : 視覚デザイン研究所, 巨匠,


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。