びぶりおふぃりあ  ブックレビューとオススメの海外ドラマ・映画のあらすじと感想。顔面血管腫(赤アザ)カバーメイク体験談

谷川俊太郎

ここでは、「谷川俊太郎」 に関する記事を紹介しています。
はてなアンテナに追加   

オススメ度:☆☆☆☆☆
ペ ショートショート集 (ランダムハウス講談社文庫 た 7-1) (ランダムハウス講談社文庫)
ペ ショートショート集 (ランダムハウス講談社文庫 た 7-1) (ランダムハウス講談社文庫)谷川 俊太郎

ランダムハウス講談社 2008-10-10
売り上げランキング : 227303


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


冒頭:

「ぺ」については、過去およそ三十年間、私はさまざまな機会をとらえて発言をつづけてきた。下町の小さな喫茶店で、男の俳優一人と、女の税理士一人(この人は当時まだ独身だったが、今は娘が二人いる)、そして非常に年とった亀一匹と公開座談会をしたこともあるし、ボルト・ナット業界の業界誌に見開きページをもらって、「ぺ」讃歌のごときものを書いたこともある。


収録作品:
 ぺ
 花の掟
 レダ

あらすじ・概要:
主に1960年代に書かれたショートショートを集めたもの。

感想:
「ぺ」
というタイトルで、メールを送った。
「ぺ
谷川俊太郎のショートショート集です。
とても良かった。
読んでみてください。」

返事が来た。

「明らかに
ヨンジュンだと思いました。
マッチョポエマーのことですか。
探してみます。」

本全体を読みとおすと、実験意欲から制作した、という印象。
一篇一篇が、「ある方法におけるある結果」、という感じで、重複がない。
ふつう、気に入った方法を何度か別の題材に使ったバリエーションがあったり、更に発展させたりすることが多いけど。

そういうところが、星新一のショート・ショートとずいぶん異なってる気がする。

どの話も、ラストシーンで映像が浮かぶ。
最後に、詩的な余韻のある動きがある言葉が書かれているのだ。
ドラマではなく。
それが、谷川俊太郎の「仕掛け」なのだろう。


音楽性にぐっと心を掴まれる「緑の蝶」は散文詩としても優れている。
私が好きだったのは「テルのお話の話」と「窓の中」「眠れ我が子よ」「離乳食」。

ふつうの言葉が心に残る、詩人谷川俊太郎。

DATA:
10進分類:913.6
内容分類:純文学
メインテーマ:不明

著者名:村上春樹
著者出身国:日本
時代背景:現代

漢字の難しさ ☆★★
表現の難しさ ☆★★
文体の読みにくさ ☆★★
テーマの重さ ☆☆★
テーマの難解さ ☆★★
テーマの普遍性 ☆☆★
所要時間:(15分刻み)
2時間

ペ ショートショート集 (ランダムハウス講談社文庫 た 7-1) (ランダムハウス講談社文庫)ペ ショートショート集 (ランダムハウス講談社文庫 た 7-1) (ランダムハウス講談社文庫)
谷川 俊太郎

詩と死をむすぶもの 詩人と医師の往復書簡 (朝日新書) しりとり ガチャピンとムックのものがたり すてきなひとりぼっち 生きる わたしたちの思い

by G-Tools


☆ブログランキングに参加しています。クリックお願いします☆

ブログランキング
オススメ度:☆☆☆☆★
オススメ対象:平明な言葉に敬意を払う人に

がいこつ
がいこつ谷川 俊太郎 和田 誠

教育画劇 2005-11
売り上げランキング : 87297

おすすめ平均 star
starもしも
star好きな人とブランコ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ある友達が死んでから、もう8年になる。
それは横浜ベイスターズが優勝してからの年月と同じだ。よく覚えている。彼の好きだった阪神が、その翌年に優勝したことも。最後に会ったのが横浜駅の近くで、消防署の隣の公園で消防隊員が訓練をしているのを見ていたことも、春には多摩の中央公園で、キャッチボールをしたことも、私のグローブの革が固まっていて、中指にアザができたことも。
そして最後に電話をしたとき、私がひどい風邪を引いて、寝込んでいたことも。
あの日私は、会社を休んでいた。天王町のYBPで働いていた頃のことだ。喉が痛くて、声がほとんど出ない。普段そんな風邪を引くことは、ないのだけれど。
「金貸してくれん?」
それが彼の用件だった。
理由。郷里の高松に住んでいる昔の恋人が交通事故で意識不明の重態で、見舞いに行きたいから。
「向こう行けばな、親もいてるし、金出してもらえるんだけど、今旅行にいってんのよ」
彼はなしくずしに大学を辞め、働いても、たぶんいなかった。
私とはテレアポのバイトで知り合って、そこでは真面目に働いていたのだけれど、いつごろからか何もかもつまらなくなり、日々旅するような暮らしがしたいと、何かになどなりたくないと、真面目に働く自分も嫌いだと、そのバイトもやめていた。

「いいよ。振り込むよ。いくら?高松まで、5万くらい?」
「いや・・・その倍くらい、欲しいのよね。向こうついてからいろいろあるから」
「ふうん。いいよ。」
「ほんま?!ほんとに?」
やけに嬉しそうな声になった。
「いやぁ、だからキミのこと好きなんよ、いや、金のこととかじゃなしに。ほんと、キミには絶対何か恩を返すよ。」
金のこととかじゃなしに、なんだったのだろうか。そのあと、何度か考えた。思えば私はあのとき、彼の言い訳が嘘だと感じており、それでもいいや、と金を貸すようなところ、そんなところのことなのかもしれない。そんな推察は、彼を見くびっているのだろうか。
電話を切ってから、しばらく、眠った。とにかく朦朧としていて、喉が痛くてたまらなかった。真冬のことで、駅前のATMまで行かなくては、と思いながら、眠っていた。
やがて目覚め、駅に向かう途中、彼から催促の電話が掛かってきて、それが、最後の電話となった。
次にかけた電話は不払いのため繋がらず、掛かってきた電話はバイト仲間からの訃報の電話だった。
だれかのところに、警察から電話が掛かってきたのだそうだ。
携帯電話に載っていた電話番号に。
遺体の身元を調べるために。
女の子を殺して、首を吊って死んだ、男の遺体が誰なのかを。

友達というやつはものすごく近くにいるんだけれど、いざってなるとあまりそばには行けない。ただでさえそうなのに、こんな死に方をしたらなおのことだ。葬式もない。東京で一人暮らしだったから、親の顔も知らない。
しばらく、毎日彼のことを考えた。二年。
調べて親に会いに行き、墓参りをした人たちもいるらしい。
やっぱり金を貸していて、返してもらった人もいるらしい。
けれど私は行かなかった。行く気になれなかった。そこに彼はいないと思った。それにたぶん私は、彼が死んだというよりは、彼が家族に隠された、というふうに思っていたのかもしれない。
死んだひとは、家族のものだから。
何度も何度も彼のことを考え、時々、電話が繋がる幻を見た。
彼のように優しくしてくれた人はそれまでいなかったし、彼のように心からかわいがってくれた他人はいなかったから。
電話が繋がったらきっと私は言う、
「お金ならあるのよ。だいじょうぶ、お金なら、あるの。」
何も心配しなくていい、将来のことも、失った夢も、楽しかった高校時代も。
それでも私はやっぱり彼のことを将来がない、って、わかってたんだよな、と思う。だから付き合おうっていう冗談半分の言葉を、冗談100%にしか、取らなかった。男の人だとは、感じていなかった。
お金の心配などしなくていいと、そういってあげられる世界は、見放された子供達の住む、まぶたのない白昼夢。

『がいこつ』は谷川俊太郎の詩に和田誠が絵をつけた、絵本だ。
男の子が自分の死を夢想する、悲しくも楽しい詩。
死んだらがいこつになって大好きなようこちゃんとずっと遊ぶ、そんな夢だ。
「もうおなかもすかないし
 もうしぬのもこわくないから」
久しぶりに、彼のことを考えた。遊びに来てくれたって、いいのに。もう将来の心配もしなくていいし、もう死ぬのも恐くないんだから。

☆面白い、と思ったらここをクリック!☆

ブログランキング



谷川俊太郎詩選集 1
谷川俊太郎詩選集  1谷川 俊太郎

集英社 2005-06-17
売り上げランキング : 64597

おすすめ平均 star
star気持ちいい言葉のかたまり
star若い頃の谷川俊太郎の言葉があふれています

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

谷川俊太郎詩選集 (2)
谷川俊太郎詩選集 (2)谷川 俊太郎

集英社 2005-07-20
売り上げランキング : 77084

おすすめ平均 star
starやっぱりいい
star70~80年代の谷川俊太郎

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

谷川俊太郎詩選集 3
谷川俊太郎詩選集 3谷川 俊太郎

集英社 2005-08-19
売り上げランキング : 80246

おすすめ平均 star
starぜひ書簡インタビューを読んでみてください

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




web拍手

関連タグ : 谷川俊太郎,

オススメ度:☆☆☆☆★
オススメ対象:おとなもこどもも
オススメポイント:こころがはだかんぼ
いちねんせいいちねんせい
谷川 俊太郎 和田 誠

小学館 1987-12
売り上げランキング : 44,643
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

歯医者の待合室にあるもの。
長くてやわらかいソファー。ガラスの花瓶にささった高級造花の束。ポップアートの大きなシルクスクリーン。帽子をかぶったおじさん。大きな鏡。陶器の洗面台。天井まで首がとどいている、きりんのぬいぐるみ。泣いている子供。傘立て。本棚。
本棚には最新のファッションや車やインテリアの雑誌と、ほんの少しのベストセラーのエッセイ(「生協の白石さん」、とか。)、それから子供向けの本がある。子供向けの本はどれもぼろぼろだ。それは昔からずっとそこにあり、いろんな子供の手を経て、角がへしゃげたり、ページがほどけたり、してきた。どの子供もきっと虫歯があった。

私はいつもほんの少しの待ち時間の間に、子供向けの本を少しずつ読む。そこには私が子供の頃に読んだ本は一冊もないが、でも私が図書館で夢中になって読んだ本もこれらにとてもよく似ていた。児童文学の名作と呼ばれるものは、たとえ一般に有名でなくともいつまでたっても心に残り、記憶の中に残り続けている。けれど子供心を満たしてくれたのはそういう良質の文学ばかりではなく、漫画を文章にしただけのような浮ついた内容の少女小説だったり、いいかげんなお化けの話しだったりもした。
歯医者にあるのはたいていはそういった類の本ばかりだ。なるにあも、ゲド戦記も、二年間の休暇も、ぷー横丁に建った家も、不思議の国のアリスも、砂の城も、ない。おうさまシリーズも、アンデルセンも、オスカー・ワイルドも、モモちゃんとあかねちゃんも、ない。
可愛くてドジな女の子がアイドルになる話とか、クラスメイト何人かで悪いやつをつかまえる話とか、そういう本だ。タイトルもびっくりするほどストレートだったりして、歯の治療を思って憂鬱に沈んでいた気持ちがはっとする。「天才は監督になれない」とか、「初七日に来たおかあさん」とか。

「だれかを好きになった日に読む本」もまた、そのように私の目に留まったのだった。
読書家だったらわかってもらえると思うのだけれど、初めて見る本というのは手にとってぱらりと開いた瞬間にその中に封じられた世界の手触りや大きさが薫ってくるものだ。たぶん一瞬にして読み取ったその見開きの言葉全てから導き出される経験的勘だと思うのだけれど。ああ、これは専門用語を羅列してるけどゴシップスクラップ的な盗作まがいの本だな、とか、愛愛愛、ってだけ書いてれば恋愛小説だと思ってるのかしら、とか。

お、と思った。
「だれかを好きになった日に読む本」を開いたときの薫り。これは思っていたものとは違う、なんというか、ちゃんとしたものだ。
ぱらぱらとめくってみる。短編集のようだ。何人かの著者によるアンソロジー?あ、松谷みよ子?ほんとにちゃんとした本だなこれ。
この辺からちゃんと読む気になって背筋を正す。
そして冒頭を開く。
谷川俊太郎の「たかしくん」という詩からこの本は始まる。

たかしくん
               谷川俊太郎

わたしは たかしくんが すき
たかしくんは かおが いい
めが おおきくて
ほっぺたが やさしい

わたしは ゆめを みました
たかしくんと ふたりっきりで
あふりかへ いったゆめ
ぞうが がおうと ほえました

わたしは たかしくんが すき
でも どうすればいいのか わからない
てがみを かきたくても
まだ じが みっつしか かけないの


こころが震えた。そしてまた私は泣いてしまう。歯医者の待合室のソファー。
谷川俊太郎の詩はいつも、いっけん隙だらけのようでいて隙がない。
字がみっつしか書けない子供のつむいだ思いにしては大人びているとか、突然あふりかってなんだ?とか、そんなこんなでからかったりつっこんだり、できそうな気がするのだけれど。そこをあしがかりにこじつけて、話しを広げてみたりできそうに思うのだけれど。でも、できない。
「そういうことじゃないんだよな、そうだ、ないんだよ」と得心してしまうのだ。するすると心が服を脱いでしまうのだ。

好きなのに、たかしくんが好きなのに、どうすればいいのかわからない。何千の文字を知った後にも、3オクターブの声を手に入れた後にも、外国語の読み書きを覚えた後でも。胸の奥、爆発、せきあがる、人を恋うるまぶしい歓び、この優しい痛み。


☆面白い、と思ったらここをクリック!☆

ブログランキング


だれかを好きになった日に読む本だれかを好きになった日に読む本
現代児童文学研究会

偕成社 1990-06
売り上げランキング : 338,994
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


web拍手

関連タグ : 谷川俊太郎,