びぶりおふぃりあ  ブックレビューとオススメの海外ドラマ・映画のあらすじと感想。顔面血管腫(赤アザ)カバーメイク体験談

SM

ここでは、「SM」 に関する記事を紹介しています。
はてなアンテナに追加   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

オススメ度:☆☆★★★
オススメ対象:お好みで

私の奴隷になりなさい (角川文庫 さ 47-1)
私の奴隷になりなさい (角川文庫 さ 47-1)サタミ シュウ

角川書店 2007-12
売り上げランキング : 12253

おすすめ平均 star
starSM青春小説
starただのアダルト小説には無いしっかりとしたテーマがある。
star教育テレビの理科の実験番組みたい

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

サタミシュウは匿名の作家。重松清だという説があるが、不明。
『私の奴隷になりなさい』は『スモールワールド』の改題。

主人公の男「僕」は会社の美人OL「香奈」に魅かれる。女性に人気があることには自身のあった「僕」だが、香奈の気のなさに翻弄され虜になり、ついに彼女の秘密を知ることになる。香奈は夫の単身赴任中に別の男「ご主人様」に調教されているM女だった。

とても良く書けていると思う。
特に香奈の秘密を知ることになるビデオテープのエピソードが良い。
香奈は亭主の留守の家に「僕」を招き、セックス(彼らの場合、情事や性交渉、関係を持つ、寝る、などという言葉はふさわしくない)の後、単身赴任の夫を尋ねていくからと「僕」をマンションに放置していく。香奈に夢中の「僕」は家に帰らずそのまま待つことにする。そして、ビデオテープの存在に思い至るのだ。
香奈はセックスのたびにビデオカメラを持参し、「僕」にハメ撮りするよう命じていた。フレームの中で、彼女は普段からは考えられないような破廉恥な言葉や行為を見せる。どうしてビデオなんか撮るのか、と「僕」が訊くと、「オナニーするのよ」と香奈は答える。
しかし、夫に見つからないように隠されていたビデオテープの本数は、彼らがした回数よりも多かった。
「僕」は(古今東西のセオリーどおり)このテープを全て再生してしまう。そしてそれらのテープは、彼女と「ご主人様」との関係を暴露するのだ。

SMは伝承として描かれていて、香奈が「ご主人様」との関係から卒業すると、今度は香奈が「僕」のご主人様となり、また「僕」が卒業すると、、と続いていく。
(信憑性のある統計というわけではなく単に伝聞だが、SMショップではM女からスタートして見込みのある者が女王様になるそうだ。女王様の割合は1割程度。しかもフルタイムの真の女王様はその半分だというから、女王様は難しいようだ。瞬時に即興で物語を創作し演じる必要があるし、勘が良くて教養も必要といったところか。)

物語の構成はしっかりしているのだが。
しかし、今これ書かれる意味って、あるのか?
全ての作品に意味が必要だとは思っていないけれど、こんなタブーも何もない時代に今更新しくもないんだし、結局セックスって、昔から皆がやってることでしかないわけで、それだけをひたすら読まされても何の感慨もないんだけど。セックスは読むよりやったほうがいい。つまり、そのへんの素人のほうが、パンツをはいてペンを持った作家先生よりも手錬なわけであるから、無意味に描くとほんと物笑いの種だよ。エロ本は陳腐でも繰り返しでも常に新しく需要あるけど、エロ本にしては気取ってるんだし。大体匿名って、気取りすぎじゃない?

サタミシュウの『私の奴隷になりなさい』はよくできているけれど、「与えられた課題をクリアしました」という匂いが鼻につく。そうなると構成の良さも興ざめだし、だいたい「ご主人様」が語りすぎるのも、その内容も平凡だ。
特にダメなのが回想から入っていること。既に幸せな家庭を持っていて子供もいる主人公二人が街中で偶然すれ違い、そこから過去のSMの記憶が甦るのだけれども、幸せな家庭が前提ならすれ違うだけでなく再び何らかのつながりができてドラマがあるほうがいいし、過去のことだけにするなら回想でなくリアルタイムに描いたほうがいい。危うさが足りない。

ポーリーヌ・レアージュの『O嬢の物語』が50年以上前の小説だとすると、これが匿名で書かれる意味って、全くない。
『O嬢の物語』はいまだにパワーがある。言葉の選び方、ともすれば持ってまわってしまう表現の中でできるだけ赤裸々でいようとした爪あとは作中に刻まれ、時代が過ぎて当時縛り付けていたタブーが死に同じ単語が並べられた本が大量に出回っても、それらとは一線を画している。

太古の昔からやりまくってたことを2000年近くかけて秘め事に仕立て上げて、それを何十年かで一気にまた崩壊させた今となっては、いまさら衝撃的でもないし。編集者だって数ページに一回「勃起」そして「射精」って書いてある本がミリオンセラーになってガバガバ儲かって角川書店社屋に垂れ幕がさがるなんて思ってもいないだろうしね。
作家だったら一回はこうの書いてみたいよね?という願望と「いいんじゃないそういう売り方の本も、いいじゃん、やってみろよ」的な編集の結果なのかしら。

『O嬢の物語』のレビューを読む

☆ブログランキングに参加しています。クリックお願いします☆

ブログランキング


web拍手

スポンサーサイト

関連タグ : サタミシュウ, SM,

オススメ度:☆☆☆☆★

O嬢の物語 (河出文庫)
O嬢の物語 (河出文庫)ポーリーヌ・レアージュ

おすすめ平均
stars見事な訳文です。
stars美しい・・・
stars自問自答しながら。
stars魔性の名作
stars蒼白い美しさ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「これをエロ小説だと思って買ったおじさんはがっかりするだろうね。何が行われているのか、ちょっと考えないとわからない。」
最初の数ページを読んでみて、彼が言った。
たしかに、今のセックス市場のあからさまさから考えると、O嬢の物語の表現は一見婉曲に見える。が、その数ページを超えればそう思わなくなるだろう。
単純な言葉の置き換えで、何が行われているかはわかるようになるからだ。
下腹、とは女性器のこと、器官、とは男性器、腰、とは肛門のこと。口、は、口のままで差し支えない。

O嬢の物語は、フランスの匿名の作家ポーリーヌ・レアージュによって1954年に出版され、前衛作品の権威ドゥ・マゴ賞 (Prix des Deux Magots)を受賞した。
ファッションカメラマンで、自由な職業婦人であるOという女が秘密のサロンで鎖に繋がれ性的な奴隷とされ、鞭と多勢の男性による陵辱によってどこまでも男性に服従、奉仕するよう調教されていく。

物語は4つの部に分かれている。

Ⅰ ロワッシーの恋人たち
Oは恋人ルネに連れられてある館に連れ込まれる。そこで彼女は乳房を前に突き出して露出するドレスを着用させられ、鎖に繋がれ、複数の男に全身の穴を使用される。
彼女に下された命令は、「絶対に唇を閉じ合わさないこと、絶対に膝を閉じあわさないこと」
ルネの目的は、彼女を理想の女に仕立て上げることだった。

Ⅱ ステファン卿
出来よく仕上がったOを、ルネは義兄弟ステファン卿に譲り渡す。
ルネが自分に興味を失ったのではないかと不安を覚えながらも、ステファン卿によって鞭打たれアナルファックを教え込まれたOの心は、それを望みながら実行に移せなかったルネからステファン卿に移って行く。

Ⅲ アンヌ・マリーと鉄輪
ステファン卿はアンヌ・マリーという女にOを預ける。アンヌ・マリーによって、Oのウエストは極限まで細く矯正され、女性器は外側の部分に穴をあけられ持ち主であるステファン卿の名前の穿たれたプレートのぶら下がった重い鉄の輪を取り付けられ、尻は熱いかなてこでステファン卿のイニシャルを烙印される。

Ⅳ ふくろう
ふくろうのマスクで頭をすっぽり覆い、他は素っ裸で、全身を脱毛され、Oは秘密サロンの男女が集うパーティーに連れて行かれる。局部の鉄輪に鎖を繋がれ、犬のように曳いていかれる。皆は彼女を好奇の目で眺め、彼女の体がどうなっているのかをさんざん見物する。もはや彼女は人としては扱われないのだ。

奴隷にも、下男にも、主人にも、卑しさがないため扇情的とは言いがたい。Ⅱステファン卿以降はますますそれが強くなるだろう。行為がエスカレートしすぎると、性欲から離れてしまう。なぜ?!と疑問が沸くといっぺんに理性のスイッチが入ってしまうのだ。それに、これは小説においてだけでなく現実においてもそうだが、あまりドラマが多いと、人はエロティックな気持ちになりにくいもののように思う。展開はドラマによってではなく、例えば調教される奴隷が抵抗を解いて屈服する、というような心理および関係性の変化によってなされるべきなのだろう。あるいは恐怖や衝撃などによって。性的な興奮を呼ぶためには。
しかし、長期的な目で見れば、こういったオナニー用とは言えないエロティックな文学作品が読者の性に与える影響は大きいだろう。
SMとはある約束であり、美学である。
マゾヒズムの激しいナルシシズムを原動力に、サディズムの超越した献身に導かれ、もうひとつの社会、もうひとつの秩序を構築する。人間の性は社会的だ。地位、上下関係などの社会がなければ、もしくはその社会の逆転、またはその社会からの逃避、そのいずれかなしには満足できない。
人間は変態なのだ。


☆ブログランキングに参加しています。クリックお願いします☆

ブログランキング


オススメ度:☆☆☆☆☆
オススメ対象:ノーマルもアブノーマルも
オススメポイント:息のむプレイ

サド侯爵夫人・わが友ヒットラー (新潮文庫)
サド侯爵夫人・わが友ヒットラー (新潮文庫)三島 由紀夫


おすすめ平均 star
star時代を超え光芒を放つ〈昭和の名戯曲
star戯曲のおもしろさを堪能できた
starGood job!
star良い
star18世紀フランス版熟年離婚。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



「でもその貞淑はお母様から教わったものですわ。」
「ああ、お前が貞淑というとみょうにみだらにきこえる。どうしてだろう。私は前からそんな気がしていた」
「では、それなら私の愛情は・・・・・・」
「その言葉のほうは、又妙にみだらでなさすぎるのだよ」
倒錯。そのゆがみにこだわるゆえに回りくどい言葉で、その悦びが自慢ゆえに下卑た言葉で、語られることが多いアノ世界。が、しかし。
登場する人物はすべて女、彼女たちの共通項であるサド侯爵は常に舞台の外から黒い影を落としているのみ。
この会話を交わすのははサド侯爵の妻であるルネと彼女の母親であるモントルイユ夫人である。おまえの貞淑はみだらで、愛情はみだらでなさすぎる、この宣告がしかも実母から下されることで、ルネの倒錯は舞台に吊るし上げられる。
母親は更に娘に迫り、彼女の秘密を暴き立てる。
「おしまいまでおきき。アルフォンスは黒ビロードのマントを室内で羽織り、白い胸をはだけていた。その鞭の下で、丸裸の5人の娘と一人の男の子が、逃げまどっては許しを乞うていた。長い鞭が、城の古い軒端のツバメのように、部屋のあちこちを飛び交わした。そしてお前は・・・」
「ああ!(ト顔をおおう)」
「天井の枝付燭台に手を吊られていた。丸裸で。痛みに半ば気を失ったお前の体の、雨のえにしだの幹に流れる雨滴のような血のしずくが、暖炉のほのおに映えてかがやいていた。公爵は少年を鞭でおどかして、公爵夫人の身を清めるようにいいつけた。少年はまだ背が低かったので、椅子を踏み台にしてお前の吊られている体にとりつき、・・・・・・どこもかしこも、(ト舌を出し)・・・・・・舌で清めた。清めたのは血ばかりではない。・・・・・・(間。)ルネ。(トルネに近付く。ルネしりぞく。)・・・・・・(ト更に近付く。ルネ更にしりぞく。モントルイユ、その襟元を掴む。ルネこれを両手でふせぐ。モントルイユ、にわかに手を離す)」
もはやこれは母娘のやり取りではなく、神をも恐れぬ背徳的な交わりなのだ。
その責め具はぴたりとあわせたまぶたの裏にも燦然ときらめく言葉。そして品位は、手も下されずにおとしめられる。


☆面白い、と思ったらここをクリック!☆

ブログランキング


悪徳の栄え〈上〉 (河出文庫)
悪徳の栄え〈上〉 (河出文庫)
マルキ・ド サド 渋澤 龍彦 マルキ・ド・サド

関連商品
悪徳の栄え〈下〉 (河出文庫)
美徳の不幸 (河出文庫―マルキ・ド・サド選集)
ソドム百二十日 (河出文庫)
新ジュスティーヌ (河出文庫)
毛皮を着たヴィーナス (河出文庫)
by G-Tools


web拍手

関連タグ : 三島由紀夫, 戯曲, SM,


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。