びぶりおふぃりあ  ブックレビューとオススメの海外ドラマ・映画のあらすじと感想。顔面血管腫(赤アザ)カバーメイク体験談

UFO

ここでは、「UFO」 に関する記事を紹介しています。
はてなアンテナに追加   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

オススメ度:☆☆☆☆☆
怪笑小説 (集英社文庫)
怪笑小説 (集英社文庫)東野 圭吾

おすすめ平均
stars○笑小説3種レビュー
stars練り上げられた充実のエッセイ集。東野氏の「笑い」へのこだわりに注目!
starsユーモアのセンスが光る作品郡
stars東野流「ブラックユーモア」
starsコミカルでシニカル

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

冒頭:
その電車の中の光景は、恐ろしいほどにいつもと同じだった。
(鬱積電車)

収録作品:
 鬱積電車
 おっかけバアさん
 一徹おやじ
 逆転同窓会
 超たぬき理論
 無人島大相撲中継
 しかばね台分譲住宅
 あるジーサンに線香を
 動物家族

あらすじ:
鬱積電車
  電車に乗り合わせた人々の胸中に鬱積する本音
おっかけバアさん
  杉サマをおっかけるためならなんでもするお婆さん
一徹おやじ
  息子を飛馬にしたい
逆転同窓会
  教師と生徒が逆転
超たぬき理論
  UFO対UMA
無人島大相撲中継
  全ての取組覚えてます
しかばね台分譲住宅
  バブル崩壊でせっかく買った家が。この死体どうしよう?!
あるジーサンに線香を
  アルジャーノンに花束を(ダニエル・キイ)のパロディ
動物家族
  お母さんはスピッツ、お姉ちゃんは猫、お兄ちゃんはハイエナ、お父さんは狸、僕は・・・

感想:
風刺というよりは、パロディかな。
パロディというからには元ネタがなければならないが、元ネタがあるのは『アルジャーノンに花束を』のパロディである『あるジーサンに線香を』だけである。
とはいえ、風刺というと社会を見通す鋭さ、社会批判、先見性というものが必須で、読者の「気付かなかったけれど言われて見れば確かにそうだ!」という感銘を与えるものになるのだが、それには当たらない気がする。

この東野圭吾の短編集『怪笑小説』は、「読者の誰もが知っているあまりにも有名な社会現象」へのパロディ。

ちょっと変わった小説だ。

内容のバランスが良く完成度が高く、秀逸。
東野圭吾の作品の中でも白眉。
東野圭吾らしいか、というと「意外だった」と思う。

しかし振り返ってみれば、東野圭吾作品には長所・短所という意味では共通項が感じられるのだが、テイストという意味で「らしさ」を感じたのは実はこの作品が初めてである。

東野圭吾は変わった作家だなあとつくづく思う。引き出しの多いヒットメーカーであると同時に、将来まだ発展の余地が感じられて、他の作家とはちょっと違う方法で小説を書いているような印象を受ける。

純文学ではなくても、日本人の作家は「私」というものを介して文章をアウトプットしているように感じるのだが、東野圭吾にはそれが感じられなくて、そこが面白いなぁと思う。
作品自体も、作品史としても。



データ:
10進分類:913.6
メインテーマ:社会風刺
時代背景:現代
漢字の難しさ ☆★★
表現の難しさ ☆★★
文体の読みにくさ ☆★★
テーマの重さ ☆★★
テーマの難解さ ☆★★
所要時間:1時間

怪笑小説 (集英社文庫)怪笑小説 (集英社文庫)
東野 圭吾

毒笑小説 (集英社文庫) 黒笑小説 (集英社文庫 ひ 15-8) あの頃ぼくらはアホでした (集英社文庫) 超・殺人事件―推理作家の苦悩 (新潮文庫) 怪しい人びと (光文社文庫)

by G-Tools


☆ブログランキングに参加しています。クリックお願いします☆

ブログランキング


スポンサーサイト

関連タグ : 東野圭吾, 社会風刺, おっかけ, UFO, UMA, パロディ,


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。