びぶりおふぃりあ  ブックレビューとオススメの海外ドラマ・映画のあらすじと感想。顔面血管腫(赤アザ)カバーメイク体験談

2007年09月

ここでは、「2007年09月」 に関する記事を紹介しています。
はてなアンテナに追加   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

オススメ度:☆☆☆☆★
オススメ対象:インターネットで商売している人。
オススメポイント:三木谷浩史
楽天市場公式 ネットショップの教科書
楽天市場公式 ネットショップの教科書楽天大学 三木谷 浩史


おすすめ平均 star
star参考にはなるが・・
star楽天市場の話
starネットショップの歴史
starまさに教科書
star実際役に立つ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

横浜でひさしぶりの待ち合わせ、時間に余裕があるから、早めに行ってお買い物しよう。
季節の服がちょっとほしかったのか、流行の形のブーツが目当てだったのか、人気のデザートを狙っていたのか、今となってはさだかではない。
「ちょっと下見」と楽天市場を覗いたが最後、気付くと3時間が経過、余裕があったはずの時間はもうぎりぎり、10分遅れますと携帯からメールを打ち慌てて家を出た。

仮想ショッピングモール、楽天市場。あまりに魅惑的である。

店舗の集合として成り立っていて、目当ての商品を簡単に絞り込めない雑然混沌とした全体。「どこかにもっとお得な情報が隠されている」と思わせる熱気。新宿とか、渋谷とか、巨大な街を脚を棒にして買い物しまくるあの狂騒と疲弊をリアルに味合わせてくれる、楽天市場。

その秘密に興味がある。

ショッピング イズ エンターテインメント!を謳う楽天市場のノウハウが、「楽天市場公式 ネットショップの教科書」には凝縮されている。出店数2万というクライアントに常に啓蒙活動を行いと共に栄えてきた成果である。
いかにして買ってもらえるページを作り販促を行うのか、しごくシンプルな理論と丁寧な実践が実例つきで書かれている。これを見れば誰でも楽天で儲けることができる。いや、楽天でなくとも、インターネットでビジネスを行っている人は必読なのだ。

それにしても、読めば読むほどきちんとした本で、仮説や主張ではなく実践に即し体験に根ざしていて、おだやかな自信に満ちている。このノウハウを楽天大学というクライアント向けの教室で講習料をとって教えているはず、いわばこのノウハウが商品だと思うが、今このタイミングでそれを公開する、というのはしっかりとした考えがあるのではないだろうか。
私は楽天という会社をとても評価して応援している。戦略的な印象ばかりが目立つため、今現在世間の評価は好意的ではないが、かならず好転し、長く栄えるだろう。
そう期待させるのは第一に、インターネット企業なのに実体が感じられるということだ。これはこの本にも書いてある「人気(ひとけ)」が店舗のサイトだけでなく市場全体から立ち上っているのだ。
第二に、タイミングがすばらしく良い。既に大企業であるが、ちゃんと
ニュースなタイミングで新しい戦略を展開できている。これは三木谷浩史という人の信念が組織の中で強い求心力をもっているということだ。TVなどで見る限りパフォーマンスの上手な人でないからなおさら「このひとはきっと直接いっしょに仕事をしたら骨も器もあるんだろうな」と思うのである。
余談になってしまうが、そんな中でTBSが提携に色よい返事をしないのは、世間がどういおうと私は、TBSモウロクしてるなぁと思うのだ。
楽天のタイミングはとても良いのだ。私だったら、他局でなく自局に話が来た、ということで狂喜乱舞だ。それに乗らないなんて、「えー?ほんとに?ほんとにやんないの?うそでしょ?」と思う。

今出たこの本も、「買い」のタイミングですよ。

ともかく、二万円の情報商材を買うよりもまず、1600円のこの本を読もう。

☆ブログランキングに参加しています。クリックお願いします☆

ブログランキング



web拍手

スポンサーサイト

関連タグ : 楽天大学, 三木谷浩史, インターネット,


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。