びぶりおふぃりあ  ブックレビューとオススメの海外ドラマ・映画のあらすじと感想。顔面血管腫(赤アザ)カバーメイク体験談

2008年10月

ここでは、「2008年10月」 に関する記事を紹介しています。
はてなアンテナに追加   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

オススメ度:☆☆☆☆★
      個人的には☆5つなのだが、慣れない人には難しいと感じることも。
オススメポイント:カトリーヌ・ドヌーブの美しさ。

旅をする裸の眼 (講談社文庫 た 74-2)
旅をする裸の眼 (講談社文庫 た 74-2)多和田 葉子

おすすめ平均
stars映像と意味

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「もし彼女がある朝起きてみて、実験用のねずみに変身していたら、その場ですぐに自殺してしまうだろう。私ならねずみとして殺されるまでそのまま生きていくだろうけれど。」(※1)
この一文が、多和田葉子の作品に一貫した姿勢を表している。
『旅をする裸の目』の主人公自体、ある朝ねずみに変身させられてそのまま生きているようなものだ。
主人公は旅をするはずが、誘拐されたり間違った電車に乗ったりして10年以上も旅をさせられている。ベトナムから東ベルリンへ、そして西ドイツのボーフム、やがてパリ。言葉もわからない中彼女が通い詰めるのはカトリーヌ・ドヌーブ(ドヌーヴ)が出演した映画だ。(※2)
彼女はカトリーヌ・ドヌーブを崇め、言葉の壁に意味を阻まれるが故にその美しさに一層打たれる。同じ映画を何度も何度も見る。解らないながらに理解できる映画の筋が、彼女を取り巻く物語の筋と呼応する。カトリーヌ・ドヌーブが吸血鬼ミリアムを演じた「ハンガー The Hunger」が掛かっているときには売血めいた臨床試験のアルバイトをし、売春婦になる「恋のモンマルトル ZigZig」が上映されているときには売春婦マリーに拾われる。そして「ダンサー・イン・ザ・ダーク Dancer In The Dark」のときには・・・。
自ら選んで行くのではなく物事に巻き込まれていくのはおなじみのパターンだが、あまりに知的で詩的であるために、受動的でありながら喪失されない確固とした自己が、ともかく魅力的である。
ねずみに変身させられてそのまま生きる。けれど明晰さは失わない。ずぶとさとはいわないだろうか。こだわりのなさ。体面のなさ。野性味を失わない賢さの深いユーモア。
この作品のように設定が特殊な作品では設定に溺れがちで、成功した例はよっぽどうまくはまったか、研究し尽くしたか、というのが常だが、多和田葉子は設定に頼らないというか、立てた設定を全く使わない。だから設定負けしないのだ。あえて推察すれば、主人公がベトナム人ということで、この作品の発端は中盤に登場する「インドシナ」からスタートしている気もする。それも他の苦手なフランス語ごしの感受とは違い、ストーリーが明確に把握され説明されていることから、思い返せばそうだった気がする、という感覚的なものであり、それを示唆する文章があるわけではない。このように読み手がその時々の心情を重ねさまざまな角度で何度も楽しめるのが芸術作品だろう。毎回のことながら、幾重にも感銘を受ける。

※1 原文では「彼女」は「研究者」。映画の特定の登場人物を指しているが、抜粋する文脈上一般名詞と誤解される可能性があるため変更。
※2 主人公はベトナム人の「女子高生」ということになっていて文庫の裏表紙にもそう書かれているが、その字面から受けた印象は物語の中にまったくなかった


作品中に取り上げられているカトリーヌ・ドヌーブ(ドヌーヴ)(Catherine Deneuve)出演映画を以下に記す(作品登場順)
 反撥 Repulsion (1965)
 恋のモンマルトル Zig Zig (1975)
 哀しみのトリスターナ Tristana (1970)
 ハンガー The Hunger (1983)
 インドシナ Indochine (1992)
 夜のめぐり逢い Drole d'endroit pour une rencontre (1988)
 昼顔 Belle de jour (1967)
 愛よもう一度 Si cetait a refaire (1976)
 夜の子供たち Les voleurs (1996)
 終電車 Le dernier metro (1980)
 ヴァンドーム広場 Place Vendome (1998)
 イースト/ウエスト 遙かなる祖国 Est - Ouest (1999)
 ダンサー・イン・ザ・ダーク Dancer In The Dark (2000)

旅をする裸の眼 (講談社文庫 た 74-2)
旅をする裸の眼 (講談社文庫 た 74-2)多和田 葉子

おすすめ平均
stars映像と意味

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


☆ブログランキングに参加しています。クリックお願いします☆

ブログランキング


web拍手

スポンサーサイト

関連タグ : 多和田葉子, カトリーヌ・ドヌーブ,


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。