びぶりおふぃりあ  ブックレビューとオススメの海外ドラマ・映画のあらすじと感想。顔面血管腫(赤アザ)カバーメイク体験談

2009年08月

ここでは、「2009年08月」 に関する記事を紹介しています。
はてなアンテナに追加   

オススメ度:☆☆☆★★
オススメポイント:いいにくいこと
女の子を伸ばす母親は、ここが違う!
女の子を伸ばす母親は、ここが違う!
おすすめ平均
starsあくまで男性の視点
stars興味深い話
starsとても分かりやすく読みやすく良書です
stars性別によって伸ばしやすい特性があることを教えてくれますが・・・
stars理想論?でも、やっぱり大切な事

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


あらすじ・感想:


そんなに良い本とは思わない。
タイトルが母親向けにあまりに扇情的な割りには、内容にそぐわないところがある。
確かに女の子に対して母親はこうすべし、ということが書いてあるのだが、際立った母親像が浮かび上がってくるわけではない。
この本の過激さはすべて母親・育児OR教育ではなく、「女の子ってこういうもんダ!!」という断定だからだ。
要するに、具体的な策・方法論は載っていない。
ただ、子育てをしていると他人行儀な一般論をぶっとばしたくなるときがままある。小児科で「様子を見ましょう」と自然治癒までの時間稼ぎもしくは慢性化への感覚鈍化を促されたとき。メジャーな育児書の「それぞれの子のペースがあります」という記述の壁を目前にしたとき。
(私は、そういう責任逃れの言葉にだまされないぞ、と思っている。手遅れはざらにある。)
「女の子を伸ばす母親は、ここが違う!」は言いにくいことを科学的データなしに経験則だけではっきり言い切ってその割りに毒がないので、もやもやした気分には効き目がありそうだ。
あくまでただのエッセイだという前提で。

※「男の子を伸ばす母親は、ここが違う!」の方が評判が良いようだ。あくまでデータの全く無いエッセイなので、作者が男性であるという実体験と、男の子ってわけわからんと不満を持つ母親のニーズが良い結果をもたらしているのだろう。

男の子を伸ばす母親は、ここが違う!
男の子を伸ばす母親は、ここが違う!
おすすめ平均
stars息子に「ダメモトでさせてみよう」という気持ちになれました
stars一番、偏りのない本でした
starsやんちゃで困ってるママに!
starsオトコの魅力は冒険が創る
starsこれ!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



☆ブログランキングに参加しています。クリックお願いします☆

ブログランキング



web拍手

関連タグ : 松永暢史, 育児,