びぶりおふぃりあ  ブックレビューとオススメの海外ドラマ・映画のあらすじと感想。顔面血管腫(赤アザ)カバーメイク体験談

2010年07月

ここでは、「2010年07月」 に関する記事を紹介しています。
はてなアンテナに追加   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

ブリューゲル (ニューベーシック) (ニューベーシック・アート・シリーズ)
ブリューゲル (ニューベーシック) (ニューベーシック・アート・シリーズ)ローズ=マリー・ハーゲン/ライナー・ハーゲン

タッシェン 2002-12-19
売り上げランキング : 176931

おすすめ平均 star
starお手軽な美術書

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


電車内のポスターで、BUNKAMURAでブリューゲルの版画の展覧会をやるということを知った。

→ブリューゲル 版画の世界

「またやるんだ。前回感激したし、また行こう」
と思って帰宅後前回の展覧会のパンフレットを本棚からおろしてみたら、前回見たのって、1989年だった。
21年前。高校生だ。パンフレット2000円くらいしたと思うけど、おこづかいから買ったのかなぁ。
そうそう、ブリヂストン美術館までどう迷ったのかやけに時間がかかり、人に道を訊いた記憶がある。GoogleMapsなんかなかった。
iPhoneにしたのは1年ほど前のことだけど、人に道を尋ねるって行為がやけに昔じみてかんじられる。

『雪中の狩人』。ブリューゲルで一番有名な絵は、一番ブリューゲルらしさのない絵だ。素晴らしい絵なんだけれども。
ブリューゲルといえばボス譲りの奇怪なモチーフを精密に盛り込んだ風刺画だろう。
でも教科書に載せられるような絵は『雪中の狩人』くらいしかないのは事実。
足なえ達とか絶対むりだもんね。

ここまで書くのに2時間くらい掛かってしまった…。
それもこれもブリューゲルの版画を見返して「7つの大罪はこんなに有名なのに7つの美徳はパッとしないよね。人は覗き見るなら悪徳を望むものなのだ」と感慨にふけったり、Wikipediaをみるうちに「そういえば好きな画家はことごとくこの地方の出身じゃないだろうか?」と思いいたってジェームズ・アンソールやポール・デルボーにまで見入り、最終的にはヒエロニムス・ボスの快楽の園を端から端まで眺めて「うーーー、すばらしいですね…」と独りうめいたりしていたからなのだ。
→ヒエロニムス・ボス 快楽の園

ボスの大量の作品は失われてしまったが、ブリューゲルの作品はありがたいことに数多く見ることができる。
この機会を逃さずに見に行こう。高校生も!ぜひ!(届かない声)

(ところで、展覧会初日にはブリューゲル絵画のモチーフをフィギュアにして100個配ったそうだけど、、私も欲しいわ…。もらった人は画像Upして教えて欲しいな~)


☆ブログランキングに参加しています。クリックお願いします☆

ブログランキング


web拍手

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。