びぶりおふぃりあ  ブックレビューとオススメの海外ドラマ・映画のあらすじと感想。顔面血管腫(赤アザ)カバーメイク体験談

2010年10月

ここでは、「2010年10月」 に関する記事を紹介しています。
はてなアンテナに追加   

以前iPhone購入後の設定についての記事を書いた。
iPhoneをクラウド端末にする(1)
iPhoneをクラウド端末にする(2)

今日はちょっとその続きを。

このツールを追加で導入した↓
EvernoteSticky エバーノート用デスクトップ常駐付箋

特定のタグをつけたエントリーを付箋として表示してくれる。
「あったらいいな~、なければ作るしかないのかな~」と検索したら”付箋 EverNote”ですぐ出てきた。
これは優れモノ。

クラウドの良い点は どこででも 大量の 情報にアクセスできるってことだけれど、
膨大な情報の中からいつでも思ったものを取りだすためには、まだ人的な努力が必要
索引(インデックス)付けだ。
さもなければ膨大な情報は、持っていないのと同じ。
そこがクラウドの不便なところ

非Asciiコード言語圏の住人は、クラウドでの検索機能に期待をしないこと。日本語対応はずっとコンピューティングのネックだったし、これからしばらくは一層そうなるだろう。(それについてはまた今度)
 
EvernoteStickyは情報を見つけやすくするのに役立ってくれる。

Evenoteに書き込む情報には、メモとして残しておくものもあるけれど、よく参照するものもあるだろう。タグやNotebookを分けることで分類は可能だが、分類は予め設計を必要とする。
日々増え続ける情報を、予め設計しておくことは不可能。
分類できない、でも多分自分の仕事や人生にとって必要な情報…これを処理できなくなってくると、いつの間にか結局、「とにかく取っておく」だけの情報が膨れ上がることになる。検索機能は不完全だし、ひとつひとつを読み返すなんてとてもできる量じゃない。

こうなると懐かしくなるのはかつて愛用していた付箋というわけ。
Evernoteとリンクできるならぐっと便利になる。

EvernoteStickyを導入したら、
よく参照する情報はEvernoteで付箋用のタグをつけておく。
 ・進行中のプロジェクトの一覧
 ・メンバーの一覧
 ・ルーチンタスクの一覧
 ・タスクの手順
           etc.

いつの日か、クラウドから適切に情報を抽出できる日が来るだろう。
情報の肥大にインデックスの矢が追いつく日が必ず来るだろう。
もちろん私も、ITに関わるものとしてそれに貢献したいと心から思っている。
でもそれまでの間、私たちのふくれあがった脳(=情報)を助けてくれるのは、こういった小さくて賢いツールの数々なのだ。




☆ブログランキングに参加しています。クリックお願いします☆

ブログランキング