びぶりおふぃりあ  ブックレビューとオススメの海外ドラマ・映画のあらすじと感想。顔面血管腫(赤アザ)カバーメイク体験談

グラスホッパー(伊坂幸太郎/角川文庫)

ここでは、「グラスホッパー(伊坂幸太郎/角川文庫)」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

オススメ度☆☆☆★★
オススメポイント:昆虫
グラスホッパー (角川文庫 い 59-1)グラスホッパー (角川文庫 い 59-1)
伊坂 幸太郎

チルドレン (講談社文庫 (い111-1)) ラッシュライフ (新潮文庫) アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫) オーデュボンの祈り (新潮文庫) 死神の精度 (文春文庫 (い70-1))

by G-Tools


あらすじを読んで、お、と思った。
妻を殺され復讐を誓った男、仇を横取りされる。ターゲットが目の前で他の誰かに殺されてしまうのだ。
面白い。
読み進んでいくとますます興味がわいてくる。
主人公は「鈴木」。名前といえない、記号だろう。一般人、妻を殺されたという以外全て凡庸、ということをあらわしている。妻の復讐をもくろんだために彼の身の回りに物騒な人々が姿を現す。「鈴木」の他には二人の副主人公がいて、「蝉」は殺し屋の若者、「鯨」は自殺屋。自殺屋、という商売が面白い。政治家に依頼されて秘書を自殺に追い込んだりといった仕事なのだが、「鯨」を目の前にすると誰もが死にたくなってしまう、という設定にはくらっとくる魅力がある。彼が「誰でも死にたがっている」と一言言うと、誰もが心の奥底にある絶望に魅入られて死を選ぶのだ。
私がもしそういわれたら、と思うとぞくりとする。どうしようもなく死に魅入られるのだ、そのときこそきっと、・・・。それは明らかに実のない幻想なのだがこのようにこっそりと堕ちゆく自分の姿を想像する快楽は読書の楽しみの一つだ。

惜しむらくは設定のみでストーリーがないことか。
淡白すぎるのだ。
後半になって物足りなさを感じてくる。
また、必要以上の死者にも設定倒れの感があり。

ところでグラスホッパー。バッタのことだそうだ。
それを知ってから読むとメッセージが明確になる。
バッタは仲間が増えすぎると凶暴化し、飛翔力を強める、そう語られる場面がある。
我々は、増えすぎたのだろうか?


☆ブログランキングに参加しています。クリックお願いします☆

ブログランキング


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nennenene.blog17.fc2.com/tb.php/108-87da05a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。