びぶりおふぃりあ  ブックレビューとオススメの海外ドラマ・映画のあらすじと感想。顔面血管腫(赤アザ)カバーメイク体験談

赤い長靴(江國 香織/文春文庫)

ここでは、「赤い長靴(江國 香織/文春文庫)」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

オススメ度:☆★★★★

赤い長靴 (文春文庫 え 10-1)赤い長靴 (文春文庫 え 10-1)
江國 香織

文藝春秋 2008-03-07
売り上げランキング : 33208
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

結婚生活の、いやなところばかり思い出してしまった。
江國香織の「赤い長靴」を読んだからである。

攻撃的な小説って結構あって、被害妄想を掻き立てられてけんか腰になってしまうのはよくあることだ。例えばグレン・サヴァンの「僕の美しい人だから」。エリートサラリーマンと、色っぽいけど無教養な中年のおばさんの恋。これを読んだ時には、はなもちならない男に腹が立ってしかたなく、男性全体に対する憎しみがふつふつと沸き、2,3日そのへんにいる男たちを睨みつけた。
けれど、「赤い長靴」はそれほどでもない。つまらないからそんな気にもならないのだ。

とっても不思議な気持ちになったので、仕事から帰って来たパートナーに説明してみた。
「旦那さんは全然話を聞いてないわけ。お風呂にする?お食事にする?って訊くと、『うん』って回答するの」
「そりゃだめだね」
「そしてバナナを床に捨てるのよ」
「俺なら殴るよ」
「だけど最後はチュ―して終わりなのよ」
「気持ち悪いね」
このやりとりだけでひとつの小説の内容が全て伝達できたのが驚きである。
「どうして江國香織はそんな小説を書いたの?」
彼は訊いた。当然の問いである。私は困惑して、言った。
「それが、わからない。」

かつての江國香織だったら、妻は浮気をしたはずだ。
おとなしく従順で、男に(あるいはもっと他の何かに)守られた生活に安らぎをおぼえる女が、よその男をとらえどころなく魅惑する、というのが十八番だと思っていた。
ところがこの妻はパート先の若い男の子と話をしていても何もおっぱじめないのである。
江國香織を読んだらきっと得られると思っていた甘くておいしいお菓子の味が得られなかったので自信をなくして、Amazonで他の人の感想を読んでみることにした。
ファンが多いからか☆の平均値は少なくないのだが、「がっかりした」「つまらない」「何かのついでじゃないと読めない」「イライラする」「息苦しい」・・・という感想がけっこうあって、少しほっとした。よし。私の目が悪くなったわけじゃない。江國香織の問題だ。

夫が描ききれてないのが最大の欠点。
執拗に繰り返される「話を聞いていない夫と、くすくす笑うことでそれをやり過ごす妻」というモチーフの退屈さよりもなによりも。
以下引用するので、時間が許せばお付き合いいただきたい。

犬と猫の食べる草、というものを打っていた。小さな鉢植えで、いれいな緑色をしていた。
「買おう」
と逍三が言ったので、日和子は、
「なぜ?」
と尋ねた。
「うちには犬も猫もいないのに。私はその草が欲しくないのに」
逍三はきいていなかった。すでにそれを買っていた。
「欲しくないと言ったのよ」
もう一度言った。逍三はふり向き、にっこりして、
「はい」
と言って、鉢植え入りのビニール袋を差し出した。ききわけのない子供にお菓子を買い与えるみたいに。
「買おう」
次に逍三がそう言ったのは、頭に羽飾りをつけた人形がたの貯金箱だった。
「やめて。汚れているし、こわい顔だわ」
逍三はそれを買った。日和子は足を速め、品物を見ずに歩くことにした。何かを見ると逍三が買ってしまうからだ。逍三は、しかしさらに買い物をした。くまのアプリケのついた鍋つかみと、未使用の口紅だった。先を歩いていた日和子には止める間もなかったし、何を買っているのか見えもしなかった。
日和子のところまでやってきた逍三が、袋を渡してくれながら、
「もういいだろ」
と言ったとき、たぶん何かが壊れたのだ。それは火に似ていた。烈しい怒りの感情だったのだろうとあとになって思った。日和子はびっくりして口がきけず、次の瞬間には自分が泣き出したかと思った。日和子はくすくす笑っていた。くすくす笑いながら、どうしてこんなに悲しいのだろうと思っていた。ばかげている、と。
「私と別れても、逍ちゃんはきっと大丈夫ね」

同じ場面を逍三から語ったくだりは次のとおり
以下引用

「買おう」
立ち止まった妻の視線の先に、直径五センチほどの植木鉢があるのを見て、逍三は言った。緑色の草が鉢の直径いっぱいに、しゃわしゃわとたくさんまっすぐに生えている。
「なぜ?」
おどろいた顔で日和子が振り返った時、逍三はすでにポケットから財布を出していた。そのときには何もいわなかった日和子も、逍三が頭に羽飾りをつけた人形がたの貯金箱を、
「買おう」
と言ったときには、
「やめて」
とはっきりした口調で反対した。たかだか数百円の貯金箱で議論することもないと思えたので、逍三はそれを買った。日和子はかなしそうな顔をした。
日和子はすぐにかなしそうな顔をするのだ。逍三には、その理由は見当もつかない。せっかく来たのだし、何か買ったほうがいいと思えた。さらにいくつか買い物をすると、日和子がくすくす笑い始めた。くすくす笑って、
「私と別れても、逍ちゃんはきっと大丈夫ね」

以上

別れても云々はおいて、大丈夫じゃないだろう逍ちゃんは。

たぶんこの小説の描写どおりだったら、夫は脳に何らかの疾患・障害がある。それも「なんとか症候群」みたいな、無理やりつけて得意がってるような病名じゃなくて、シリアスでクリティカルな。
夫が、妻から見た虚像のまま一人称になっていて、一人の個人として生きていないのだ。
人は、ここに書かれているよりははるかに、他人と関係無しに自ずから存在しているはずなのだが、ここでの夫「逍ちゃん」は妻の妄想の具現化でしかない。だから読む人を苛立たせる。読み手は妻の物語でも夫の物語でも同じ妄想に付き合わされるのだ。
「電信柱みたいで、どんどん大きくなっていく」という夫の描写が、確信犯的に膨らむ妄想へのメタファーだというのは、おせっかいな読み込みすぎだろう。

残念ながら『号泣する準備はできていた』で直木賞を受賞したのは作家として幸せなことではないように思う。与えるべきではなかったのだ。「取れる作品」ではあったけれど、『号泣する』は江國香織の作品ではない。『号泣する』の方向に舵を切ったままでは彼女は迷走するだろう。そんなの目に見えてるのに。賞が一人の作家をダメにしてしまわないことを祈っている。


☆ブログランキングに参加しています。クリックお願いします☆

ブログランキング


関連記事

web拍手

関連タグ : 江國香織, 夫婦愛,

コメント
この記事へのコメント
ちょくちょく拝見させていただいてます。
応援ポチッ!!!
2008/09/13(土) 21:21 | URL | サトシ #-[ 編集]
応援ありがとうございます。
サトシさんのブログは株の値動きのまとめなんですね。
息抜きにいらしてください。
私も応援しておきました!
2008/09/14(日) 07:08 | URL | あにょ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nennenene.blog17.fc2.com/tb.php/116-4be05cd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。