びぶりおふぃりあ  ブックレビューとオススメの海外ドラマ・映画のあらすじと感想。顔面血管腫(赤アザ)カバーメイク体験談

三人関係(多和田葉子/講談社)

ここでは、「三人関係(多和田葉子/講談社)」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

オススメ度:☆☆☆★★

三人関係
三人関係多和田 葉子

講談社 1992-03
売り上げランキング : 372013

おすすめ平均 star
starこの著者ならではの視点

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


冒頭:

九時十七分着の夜行列車が中央駅に止まると、車体が傾いていたのか、それともプラットホームが傾いていたのか、私は列車から降りようとした時、けつまづいて放り出され先に飛んでいった旅行かばんの上にうつぶせに倒れてしまった。背後で男の声がしたが、それが私が押したんじゃありませんよ、という意味なのか、わからなかった。(かかとをなくして)



収録作品:
かかとをなくして
三人関係

あらすじ:
かかとをなくして
   書類結婚でヨーロッパにやってきた主人公は、教えられた住居に行くが夫に会うことができない。道行く人にかかとを見つめられ、かかとに欠陥があると指摘される主人公は、やがて夫の部屋の鍵をこじ開ける
三人関係
   心酔している女流作家と夫である画家とその教え子との三角関係ならぬ三人関係へのしずかな妄想。吉行淳之介の『鳥獣蟲魚』や小池真理子『恋』を思わせる。

感想:
黙るしかない、という相手がいる。
「この前アフリカのコンテンポラリーアートの展覧会に行っ―――」
「アフリカのコンテンポラリーアート?今アフリカのコンテンポラリーアートって言った?」
「・・・・・・うん、だいたい活動の場はパリとかニューヨークとかなんだけ―――」
「でしょ。アフリカに、コンテンポラリーアートはないわよね」
終わり。
彼ら一人一人の活動の場がどこであっても、アフリカ人である人々の作品を伝統やヨーロッパからの抑圧などのいくつかのテーマごとに展示した展覧会は見ごたえがあったのだが、すっかり出鼻をくじかれて、黙ってしまった。
彼女はとても頭の良かった幼馴染で、何事も彼女に話をするのがいつも楽しみだったのだが、高名な評論家に師事するようになるととんでもなく鼻持ちならなくなり、おまけに退屈になった。彼女が退屈な人になったのではなく、ただ会って話をするしか遊びがなく、またそれで充分だった関係が突然、私が喋らせてもらえなくなったので退屈するのだ。
多和田葉子の話である。
「多和田葉子って、すごくいいなと思って―――」
「あれ?あなた、『かかとをなくして』をけなしてなかった?ピンとこなかったって。」
「ああ、あれ、多和田葉子だっけ。私がいいと思ったのはね、『アルファベットの傷口』と、」
「そうよ、ピンと来なかったって言ってたわよ。私、ああいう人が文学者なんだと思うわ。うちの先生は最初から彼女を認めていたの。他の人たちは半信半疑だったけれど、ぜったいすばらしいって、言ってたんだって」
「・・・・・・そう」
以来怖いような気がして、『かかとをなくして』を再読する機会を失っていた。
恐る恐る読んでみると、やはりピンと来なかった。安心した。

列車での旅、学校への奇妙な憧憬、異国での戸惑い、のどかでリアルな性、これらは後にもずっと登場する多和田葉子特有のモチーフである。
ストーリーは社会に属さない異邦人である主人公がひとりごちに他人や彼らのルールを解釈し奇妙な共生をしながら、摩り替わり移ろっていく自らの目的を探求しするというパターン。
『罰を受けないカフカ』―――そこにもはやカフカの面影はないが―――とでもいうような穏やかな異分子であり、悲しみのメタファーとしての不条理である。
それもこれも多和田葉子特有のものなのだが、私が好きな多和田葉子ではない。
それは、主人公が無知無能な理由が単に無知無能によるもののように感じられるからだ。
多和田葉子は本当に頭の良い人だ。
日本でも高名な賞をいくつも取っているし、ドイツ語でも小説を書いていてドイツでの評価も高い。それが文字の間からはっきりわかる。
にもかかわらず主人公が無知無能であるがゆえに社会からドロップアウトしているというのが、何かすっきりしない。もやもやした不快感が残る。
後の作品では、主人公が社会不適合として疎外される理由も無知無能という役割を与えられる理由も「異邦人」ということになっている。『かかとをなくして』ではおかしいのは自分ばかりだが、後の作品では周りの他人もおかしいのだ。とてもシンプルだし、隠しようのない知性にもそぐう。

追記:
ところで、『かかとをなくして』のイカのことは、どのように受け止めたらいいのだろう。それがずっと自分を覗いていたと思うとコミカルにならざるをえないし、じゃあ最後はなんなんだ、っていうのもおさまらない。
『三人関係』の、誰もが肌が透明に見える主人公が綾子とであったときに彼女の肌だけは質感があると感じるさまは、吉行淳之介の『鳥獣蟲魚』の誰もが石膏色に見えたけれどあるとき人間の肌に見える女と出会うというのと同じだ。


10進分類:913.6
内容分類:純文学

時代背景:不明

受賞:『かかとを失くして』第34回群像新人文学賞(1991年)

漢字の難しさ ☆☆★
表現の難しさ ☆☆☆
文体の読みにくさ ☆☆☆
テーマの重さ ☆☆★
テーマの難解さ ☆☆☆

所要時間:1時間
『かかとをなくして』30分
『三人関係』30分

三人関係
三人関係多和田 葉子

講談社 1992-03
売り上げランキング : 372013

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
犬婿入り (講談社文庫) 文字移植 (河出文庫文芸コレクション) きつね月 多和田葉子 (現代女性作家読本 (7)) ふたくちおとこ


☆ブログランキングに参加しています。クリックお願いします☆

ブログランキング

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nennenene.blog17.fc2.com/tb.php/136-16a433ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。