びぶりおふぃりあ  ブックレビューとオススメの海外ドラマ・映画のあらすじと感想。顔面血管腫(赤アザ)カバーメイク体験談

風の歌を聴け (村上春樹/講談社文庫)

ここでは、「風の歌を聴け (村上春樹/講談社文庫)」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

オススメ度:☆☆☆☆☆
オススメポイント:「おしゃれ」だの「洗練」だの、むしろ対極だろ?

風の歌を聴け (講談社文庫)
風の歌を聴け (講談社文庫)村上 春樹

おすすめ平均
stars最初の一冊にオススメな理由
stars2008年時点での僕の理解。
stars「風の歌を聴け」を主題とせるヴァリエイション
stars深夜の静まりきったキッチンのテーブルの上で
stars空の宝石箱

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

冒頭:


「完璧な文章などといったものは存在しない。完璧な絶望が存在しないようにね。」
僕が大学生のころ偶然に知り合ったある作家は僕に向ってそう言った。僕がその本当の意味を理解できたのはずっと後のことだったが、少なくともそれをある種の慰めとしてとることも可能であった。完璧な文章なんて存在しない、と。



あらすじ:
地方都市に帰省した大学生「僕」のひと夏の出来事の中で、「僕」の心にあって消え去ることのない生きることの悲しみを描いた作品

感想:
人生に意味はあるのか、ないとしたら、生きるとはどういうことなのか。
人生に意味はないけれど、生きることに意味はある。そう書いてあるわけじゃないし、私にもうまくいえないけれど、村上春樹の小説を読むと、そう感じる。
80年代に「ノルウェイの森」で一世を風靡し、流行作家として名を馳せた彼の作品は、「おしゃれな会話と洗練された文体で現代の若者の気分を描いた」なんていう風に当時言われた。
平明な文章で語られるスタイルのある生き方、洋服、食べ物、本、振舞い方、話す言葉へのこだわり。
それらは本当に「おしゃれ」だの「洗練」だのを目指し、表現しているのか?村上春樹自身の意図はともかくとして、作品自ずから。
華々しい成果は約束されていないけれどできることをこつこつやる。そのこつこつとした生活自体の実を是とする生き方。ここに本当に描かれているのはそういう価値観であり、おしゃれとか洗練とか、そういうことのむしろ対極にあるんじゃないか、とずっと思っている。
『風の歌を聴け』は処女作にして最も実験的な作品である。「僕」による現在の語りをベースとしながらスクラップブックのようにガールフレンド達の追憶・ラジオ放送・架空の作家「デレク・ハートフィールド」のバイオグラフィや作品などを比較的短いパラグラフで交え、ドライに仕上げている。
ここには後に繰り返し描かれることになるモチーフが既にあり、そして完成されている。中でも井戸は『ねじまき鳥クロニクル』を始めとして数え切れない作品に登場するし、自殺するガールフレンドはもちろん「蛍」や「ノルウェイの森」でおなじみだ。目を引くのは、彼女の死の余談として、その半月後に読んでいたというミシュレの「魔女」を引用しているところだ。
「ローレンヌ地方のすぐれた裁判官レミーは八百の魔女を焼いたが、この『恐怖政治』について勝誇っている。彼は言う、『私の正義はあまりにあまねきため、先日捕らえられた十六名はひとが手を下すのを待たず、まず自らくびれてしまったほどである。』(篠田浩一郎・訳)

私の正義はあまりにあまねきため、というところがなんともいえず良い。」
この短い文節(21)が面白い効果をもたらしている。
すなわち、最後の一文のとおりにレミーの言葉はあまりに独特の面白味をもっているためそちらに重心が言ってしまうのだが、大学構内の林で縊死したガールフレンドの話と魔女の話を関連させるには残酷で不謹慎であり、それも「なんともいえず良い」なんて感想は問題外でドライというより冷たく、けれどもナンセンスな魔女裁判の犠牲者というメタファーがそこで生まれるため、彼女の死が悼まれてもいるのだ。
唯一のどかさを感じたのは鼠との出会いの思い出で、「何でもできるような気がした」という全能感が描かれていること。これは村上春樹の後の作品に二度と出てこない。できるような気がした、といって、別に何ということもしていないのだけれども。
風の歌、と聴くと移ろいやすい美しさや心地よさを思い浮かべ、風鈴や竹林を渡る風を連想するが、読んでみればデレク・ハートフィールドの『火星の井戸』を吹き渡る風は狂おしくおぞましく、ムンクの「不安」やグリークの「二つの悲しい旋律」の「過ぎし春」を思い出す。

DATA:
10進分類:913.6
内容分類:純文学
メインテーマ:青春

時代背景:1970年夏

漢字の難しさ ☆☆★
表現の難しさ ☆★★
文体の読みにくさ ☆★★
テーマの重さ ☆☆★
テーマの難解さ ☆☆☆
所要時間:1時間30分

受賞:群像新人賞

関連記事
コメント
この記事へのコメント
昨年末までの冬、なぜか村上春樹ばっかり読んでいました。
「ダンス・ダンス・ダンス」までは短編を除いてほぼ全作読んだものの、私にとって彼の作品はほとんど意味をなしません。
「風の歌を聴け」も、どこが「おしゃれ」なのかさっぱりでした。
それでも、春樹氏の作品は何か心に引っかかるものがあるので、何か示唆を与えてくれるレビューなり感想なりを待っていました。

レビューでミシュレの「魔女」の引用について触れてある内容は、とても参考になりました。
「できることをこつこつやる」というのは「ダンス・ダンス・ダンス」を読んで私が感じたことですが、私にはその言語化ができないので「そういうことか!」と思いました。


デレク・ハートフィールドは私も多くの読者と同じく、本当に存在した作家だと信じましたw
彼の架空の小説に出てくる「風」がやはり「風の歌を聴け」の「風」なんですね。
2009/01/03(土) 09:25 | URL | さぶり #-[ 編集]
こんにちは

「風」が何なのか、は、明示されていないですよね。風の記述はデレク・ハートフィールドのところにしかないように思いますが、その風はさわやかとは言い難い風です。自然界で、風と一言で言ってもそよ風から嵐までいろいろありますが、ここで語られている「風」は、通常のセンスでは、「風」として捉えられることはないものだと感じます。
2009/01/11(日) 23:14 | URL | あにょ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nennenene.blog17.fc2.com/tb.php/140-df32b668
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。