びぶりおふぃりあ  ブックレビューとオススメの海外ドラマ・映画のあらすじと感想。顔面血管腫(赤アザ)カバーメイク体験談

ボッコちゃん (星新一/新潮文庫)

ここでは、「ボッコちゃん (星新一/新潮文庫)」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

オススメ度:☆☆☆☆☆
オススメポイント:軽やかな抽象。
オススメ対象:脳をくすぐられたいアナタ・脳がくすぐったいアナタ
ボッコちゃん (新潮文庫)
ボッコちゃん (新潮文庫)星 新一

おすすめ平均
starsあまりに作品が多いので…
stars面白い
stars大作家・星新一
starsアイディアの豊富さ
stars読み返してみても変わらぬ確かさ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


冒頭:

そのロボットは、うまくできていた。女のロボットだった。人工的なものだから、いくらでも美人につくれた。あらゆる美人の要素をとり入れたので、完全な美人ができあがった。もっとも、少しつんとしていた。だが、つんとしていることは、美人の条件なのだった。
               (ボッコちゃん)



収録作品:
ボッコちゃん
おーい でてこーい
殺し屋ですのよ
生活維持省
マネー・エイジ
ある研究
なぞめいた女
最後の地球人

(全収録作品は、末尾、もしくは「続きを読む」から参照)

あらすじ:
星新一が自ら選んだショート・ショートの自選集。

感想:
間瀬元朗の「イキガミ」という漫画が星新一の「生活維持省」の盗作ではないか、という話題が割と最近にあった。星新一のお嬢さんと小学館とのやりとりが星新一のサイトで見ることができ(漫画「イキガミ」について)、一時的に「生活維持省」がWeb上で公開されている(生活維持省(2008/12/18迄))。泥仕合にはならず、星マリナさんというお嬢さんも上品だし、小学館も誠意は見せていて、小学館もまさか「星新一」の名前に喧嘩を売るつもりはないんだな、と愉快に思った。

「イキガミ」を読んだことがなく概略しか知らないので星新一のショート・ショートの一読者としてだけの意見を言うと、これは面白い話題ではあるが、著作権どうこうではないのではないか、と思うのである。


そもそも、星新一を盗作することって可能?


「イキガミ」の作者が直接もしくは間接に、意識的にせよ無意識的にせよ星新一の影響を受けて「イキガミ」を書いたとしても。


民話を下敷きに話を書いて盗作と言えるかしら?
聖書を元に映画を作って盗作と言わえれるかしら?
シェイクスピアを種本に劇を書いて盗作と言えるかしら?

『ボッコちゃん』は表題作を含め『生活維持省』を始めとした珠玉のショート・ショート集である。

削ぎ落とされ研ぎ澄まされた平明な文章は会話はもとより文字のひらがな、カタカナ、漢字といった表記までにも注意深くこだわりがあり、またその卓越した設定とストーリーはSFという形を借りながら社会風刺・社会批判という枠を超え、人間の常識・思考の限界を逸脱し、読む者をしばし自由にする。

何度でも読むことができ、何度でも楽しむことができる。非の打ち所がない。

星新一のショート・ショートを設定とした小説を書きなさい、といわれれば、おそらく小学生でも何かしらのものを書く人はいるだろう。
しかし、真似してみろ、と言われても、これは名だたる作家でもなかなかできない。
30年以上経っているのに、いわゆる「ショート・ショート」が魅力を持ちながら星新一の代名詞のままで後続がないのは、そのゆえんである。
あの感覚。あっと言わされたあとに来る翼を得たような自在感。同じ題材を描いた作品は山ほどあってどれも暗く鬱々としているのに、星新一は一瞬だけ、死の恐怖から我々を解放してくれる。そこに近代以降苦悩ばかりを与える存在として描かれてきた知性の救いがある。

星新一の世界は完璧で独特で真似ようがなく、誰かが似た設定の作品を書いたとしても、そのために星新一の本が売れなくなる、文学的な価値が下がる、ということも絶対にない。

著作権、というのはもっと難しいことなのかもしれないが、であれば少々くだらないのではないだろうか。

小学館の編集者たるものが主張の通り『ボッコちゃん』を読んでいないとしたら、そのことの方が深刻。

DATA:
10進分類:913.6
内容分類:SF
内容分類:ショート・ショート
メインテーマ:常識からの逸脱

著者名:星新一
著者出身国:日本
時代背景:不明

漢字の難しさ ☆★★
表現の難しさ ☆★★
文体の読みにくさ ★★★
テーマの重さ ☆☆★
テーマの難解さ ☆★★
テーマの普遍性 ☆☆☆
所要時間:1時間半

ボッコちゃん (新潮文庫)ボッコちゃん (新潮文庫)
星 新一

未来いそっぷ (新潮文庫) 妄想銀行 (新潮文庫) おせっかいな神々 (新潮文庫) ようこそ地球さん (新潮文庫) だれかさんの悪夢 (新潮文庫)

by G-Tools


☆ブログランキングに参加しています。クリックお願いします☆

ブログランキング


web拍手

全収録作品:
 悪魔
 ボッコちゃん
 おーい でてこーい
 殺し屋ですのよ
 来訪者
 変な薬
 月の光
 方位
 ツキ計画
 暑さ
 約束
 猫と鼠
 不眠症
 生活維持省
 悲しむべきこと
 年賀の客
 ねらわれた星
 冬の蝶
 デラックスな金庫
 鏡
 誘拐
 親善キッス
 マネー・エイジ
 雄大な計画
 人類愛
 ゆきとどいた生活
 闇の目
 気前のいい家
 追い越し
 妖精
 波状攻撃
 ある研究
 プレゼント
 肩の上の秘書
 被害
 なぞめいた女
 キツツキ計画
 診断
 意気投合
 程度の問題
 愛用の時計
 特許の品
 おみやげ
 欲望の城
 盗んだ書類
 よごれている本
 白い記憶
 冬きたりなば
 なぞの青年
 最後の地球人
関連記事

関連タグ : 星新一, ショート・ショート, SF, 常識からの逸脱,

コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/11/11(火) 12:42 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nennenene.blog17.fc2.com/tb.php/142-ffdab2bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 ボッコちゃんは、星新一のショートショート「ボッコちゃん」に出てきた、日本語の終止形と疑問形をコンバートする、極めて簡単なプログラムの女の子です。あとは、「名前は?」の質問に「ボッコちゃん」と答え、「歳は?」の質問に「まだ若いのよ」というコンテキストが...
2008/11/28(金) | ZUVUYA DIGITAL WAVE

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。