びぶりおふぃりあ  ブックレビューとオススメの海外ドラマ・映画のあらすじと感想。顔面血管腫(赤アザ)カバーメイク体験談

不実な美女か貞淑な醜女(ブス)か (米原万里/新潮文庫)

ここでは、「不実な美女か貞淑な醜女(ブス)か (米原万里/新潮文庫)」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

オススメ度:☆☆☆☆☆
オススメ対象:バイリンガルと「夢は日本語で見るの?」以外の外国語の話をしたい人
不実な美女か貞淑な醜女(ブス)か (新潮文庫)
不実な美女か貞淑な醜女(ブス)か (新潮文庫)米原 万里

おすすめ平均
stars一つのロシア語同時通訳バブルの総決算
stars浮気性の美人と堅い醜女とは、翻訳論?
stars優れたコミュニケーション論
stars長く読み継がれるべきエッセイ
stars「通訳論」を超えた良質なエッセー

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


冒頭:

日露の専門化が食卓を囲んで懇談している最中のこと、通訳していた青年の喉に鮭の骨が突き刺さってしまい、当然の事ながら業務履行不能に陥った。しかもひどく苦しみ痛がるので救急車が呼ばれて、青年は病院に運ばれた。あっけないほど簡単に骨をピンセットで抜き取ってもらい、ようやく人心地ついたのだった。ところが、



あらすじ・概要:
エッセイスト・小説家でもあった米原万里のロシア語通訳としての経験や、各国語通訳との交流、ロシア語通訳協会の事務局長、会長としての見聞と研究をもとにした、通訳、言語、コミュニケーションについての考察。
タイトルになっている不実な美女、とは「原発言に忠実でないが美しい訳文」、貞淑な醜女(「ブス」というルビ)とは「原発言に忠実だが不細工な訳文」を指している。通訳はそのはざまでしのぎを削っている、ということ。

感想:
「日本人離れしている」という言葉がほめ言葉であるということに、ずっと抵抗を抱いてきた。

でも、ここでは特にほめ言葉でなく、かといってけなし言葉でもなく、米原万里のエッセイにこの言葉を贈りたい。

ものすごく日本語のうまい日本人離れした文章だ。

そこが、独特で面白い。

特徴は、文字数に対して意味の強い語彙が多いこと。
一般的な日本人の書く文章とかなり情報密度が違う。
比重が高いのだ。
省略がなく「言い尽くした」かたちの文章が多い。
私がとりわけ異質に感ずるのは、形式名詞の少なさだ。
「こと」「もの」「ほう」など、本来の意味を失いかけた、他の表現の足がかりとして埋め込まれる形式名詞。もっと進むと格助詞「の」の体言の省略形みたいに、空中のある地点に片足をかけるような言葉もあるけれど、もちろんそんなものは一切使わない。

「そんなの、ない」

という会話が、米原万里だと

「そんな言葉、私は使わないわよ。」

となって、単独でも周辺の事情が理解できるような文章になるのだ。

活字中毒にはたまらない文章だと思う。


この特徴が、通訳という職業柄のものなのだ、とわかるのが本書「不実な美女か貞淑な醜女(ブス)か」。


通訳がどのようなプロセスで話を聞き取り、記憶し、メモし、他の言語に置き換え、発言するのか、というメカニズムが説明されている。
またその職業のために、時事をチェックしたりボキャブラリーを増やしたりと努力を怠らない日々のことも書かれている。この努力の中に、無駄で冗長な表現を削って本質を伝えるということがある。これは、同時通訳者持ち時間を増やしたり伝達しやすくするためだ。

なるほど、これだ、これが独特の文章を生み出しているのだ、と納得。

日本語には言外に語る行間を読む、という美学があるが、それは翻訳という業務ではあってはならないことなのだ。

この語り口が米原万里の長所である思い切りの良さ、見聞の広さ、そしてなんといってもユーモアのセンスと相まって、なんて頭の回転の速い人だろう、と感心する。

通訳についてあますところなく語り、翻訳や日本語などの周辺についても鋭い洞察をし、逸品の誉れ高いエッセイとなっている。

栄養価の高い内容がみっちり詰まって、何度でもダシが取れて、しめしめお得、なのである。



★米原万里の作品のレビューをもっと読む


DATA:
10進分類:801.7
内容分類:翻訳
メインテーマ:翻訳法

著者名:米原万里
著者出身国:日本
時代背景:現代

漢字の難しさ ☆☆★
表現の難しさ ☆☆★
文体の読みにくさ ☆☆★
テーマの重さ ★★★
テーマの難解さ ☆☆★
テーマの普遍性 ☆☆★
所要時間:(15分刻み)6時間

受賞:読売文学賞

不実な美女か貞淑な醜女(ブス)か (新潮文庫)不実な美女か貞淑な醜女(ブス)か (新潮文庫)
米原 万里

嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫) オリガ・モリソヴナの反語法 (集英社文庫) 旅行者の朝食 (文春文庫) ロシアは今日も荒れ模様 (講談社文庫) 魔女の1ダース―正義と常識に冷や水を浴びせる13章 (新潮文庫)

by G-Tools

☆ブログランキングに参加しています。クリックお願いします☆

ブログランキング

関連記事

web拍手

関連タグ : 米原万里, 通訳,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nennenene.blog17.fc2.com/tb.php/146-20cb85b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。