びぶりおふぃりあ  ブックレビューとオススメの海外ドラマ・映画のあらすじと感想。顔面血管腫(赤アザ)カバーメイク体験談

断る力(勝間和代/文春文庫)

ここでは、「断る力(勝間和代/文春文庫)」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

オススメ度☆☆★★★
断る力 (文春新書)
断る力 (文春新書)勝間 和代

おすすめ平均
starsキャッチが心に響く
starsお友達への無批判さが・・
stars勝間さんの本意
stars私は良いと思う!
stars断る力を使って進化する

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

冒頭:

私が今、タイムマシンに乗って20代後半の自分にたった一つアドバイスをするとしたら、「『断る力』を一刻も早く、身につけること」と言うでしょう。



あらすじ・概要:
コモディティを脱却しスペシャリティになるために、断る力を身につけることを勧めた書。

感想:
断る力、というよりも自己主張する力、ということではないかと思うがさておき。
勝間和代の著作の中でもあまりおすすめでない本。
断れないことはおそらく勝間和代自身の重大なテーマなのだろう。顔見ると断るの苦手そうだもんね。
断る、関係を断つ、という話題になると、勝間和代の著作は突然見通しが悪くなる。それまで賢さに感服していたのに被害者意識が突然登場するので、そこに戸惑いを覚える。
すべての人間関係は力関係であり、問題とすべきはDV被害者などの明らかに行き過ぎたあそびのないものだけで、あとはなくそうと思ってもなくならないし、そんなに「人権侵害」めいた意識を持つのは病的だと思う。
そして被害を与えている対象が何なのかがよくわからない。
パワハラの上司対策本とみなすにはコンセプトが違うし、社会の仕組みそのものを批判していると見るとまさにその社会の中で成功者となるという目的と致命的に矛盾してしまう。
対象が不明だと被害者意識が被害妄想になってしまうので、対象は明らかにしたほうがいいと思う。戦うべき相手が誰なのか、をきちんと書くのだ。
対象があやふやなのはおそらく世界観のあいまいさと関係していて、それは勝間和代が人と人との「対等な関係」が実現可能だという幻想を愚直に抱いていることに起因する。そこが案外好きだけれど、センスがあまりないよね。選民思想はきっとないんだろうけど、もともと優秀でエリートで選ばれた民だから、対等とか平等とかを希求すると世界観があいまいにならざるを得ないのではないだろうか。

ところでこの本を読んで、もし20代半ばの部下が「断る」って言ってきたら、さあどうするよ。
・・・ぼっこぼこに殴り倒すね。
「おまえ勘違いしてんじゃねえよ」
って、はっきり言葉で言ったこと何度もあるもん。
勝間和代、30歳以上、かつキャリアを積んだ人のみがやっていいことだってことをちゃんと書いてほしいな。あとでこっちが大変なんだから。世の中いろんなレベルでいろんなことがある。

表紙の写真だけど、私は「起きていることはすべて正しい」の写真が好き。美しいと思う。写真によって顔立ちがずいぶん違って見えるのも本を読んで感じる印象と重なるし、魅力のひとつだろう。


余談だけど、私たちに必要なのは親友は2人で、食事や仕事仲間は5人~10人って、それは人それぞれじゃない?

DATA:
10進分類:159
内容分類:自己啓発
メインテーマ:自己啓発

著者名:勝間和代
著者出身国:日本
時代背景:現代

漢字の難しさ ☆★★
表現の難しさ ☆★★
文体の読みにくさ ☆★★
テーマの重さ ☆★★
テーマの難解さ ☆☆★
テーマの普遍性 ☆☆★
所要時間:(15分刻み)
1時間

断る力 (文春新書)断る力 (文春新書)
勝間 和代

ビジネス・ゲーム―誰も教えてくれなかった女性の働き方 (光文社知恵の森文庫) HEALTH HACKS! ビジネスパーソンのためのサバイバル健康投資術 勝間和代 成功を呼ぶ7つの法則 起きていることはすべて正しい―運を戦略的につかむ勝間式4つの技術 お金の流れを呼び寄せる 頭のいいお金の使い方

by G-Tools


☆ブログランキングに参加しています。クリックお願いします☆

ブログランキング


web拍手

この本を読後に、断るのが苦手そうな友人にあげた。
いつも良くしてくれる本当にいいひと。
彼女が力をつけ、わたしを断る日も近い。


・・・と思ったが、先日遊びに来た折に「どお?断る力ついた?」ときいてみたら、
「1ミリもついてない。まだ読んでない。」

当分安泰だ。
関連記事

関連タグ : 勝間和代, 自己啓発,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nennenene.blog17.fc2.com/tb.php/157-35f7de85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。