びぶりおふぃりあ  ブックレビューとオススメの海外ドラマ・映画のあらすじと感想。顔面血管腫(赤アザ)カバーメイク体験談

ガリレオの苦悩(東野圭吾)

ここでは、「ガリレオの苦悩(東野圭吾)」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

オススメ度:☆☆☆☆★
ガリレオの苦悩
ガリレオの苦悩東野 圭吾

おすすめ平均
stars東野 圭吾の本はとにかく早く読めてしまします。
stars「操縦る」が良い
starsドラマのイメージが定着
starsすーって読めました
stars久々のガリレオ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

冒頭:

つい先ほどまでぱらついていた雨はやんだようだ。今日はついてる――ワゴンタイプのスクーターから降りながら、三井礼治はほんの少し儲けたような気分になっていた。雨が本降りの最中にも配達はしたが、いずれも駐車場が地下にあるマンションで、全く濡れずに部屋までピザを送り届けられたのだ。


収録作品:
 第一章 落下る  おちる
 第二章 操縦る  あやつる
 第三章 密室る  とじる
 第四章 指標す  しめす
 第五章 攪乱す  みだす

あらすじ・概要:
ガリレオシリーズの第4弾。
テレビシリーズでは最初からメインキャストの内海薫刑事が初登場。
「聖女の救済」は第一章と第二章の間に入る。

感想:
おもしろかった。
内海薫の登場は、「容疑者Xの献身」で傷つき捜査協力から身を引こうとする湯川准教授を巻き込んでいく新要素となっている。
シリーズを続行していく上でトリックの枯渇が問題になるのが普通だが、心配せずに楽しんでよさそうだ。トリックと言っても私のような科学音痴にはわからないような内容なので簡単にだまされてしまうということもあるだろうが。門外漢の楽しみを味あわせてくれるのはうれしい。
また、このシリーズにおいては東野圭吾の悪い癖、と私が思っている、形式美にこだわろうとするあまりに面白さの本質が損なわれるというパターンが現れないのが、やはり、良い。
大ヒットした「容疑者Xの献身」が主要登場人物の心理、姿勢の要となっている。探偵ガリレオシリーズを読むときには順番どおりに読むのがおすすめだ。

DATA:
10進分類:913.6
内容分類:推理小説
メインテーマ:不明

著者名:東野圭吾
著者出身国:日本
時代背景:現代

漢字の難しさ ☆★★
表現の難しさ ☆★★
文体の読みにくさ ☆★★
テーマの重さ ☆★★
テーマの難解さ ☆★★
テーマの普遍性 ☆☆★
所要時間:(15分刻み)
2時間00分

ガリレオの苦悩ガリレオの苦悩
東野 圭吾

聖女の救済 イノセント・ゲリラの祝祭 パラドックス13 流星の絆 モダンタイムス (Morning NOVELS)

by G-Tools



☆ブログランキングに参加しています。クリックお願いします☆

ブログランキング
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nennenene.blog17.fc2.com/tb.php/164-bcbc402c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。