びぶりおふぃりあ  ブックレビューとオススメの海外ドラマ・映画のあらすじと感想。顔面血管腫(赤アザ)カバーメイク体験談

よしもとばななの日記 (ワイン持込事件後のこと)

ここでは、「よしもとばななの日記 (ワイン持込事件後のこと)」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

よしもとばななワイン持込事件「人生の旅をゆく(よしもとばなな)」の直後に、よしもとばななが公式サイトの日記で自らの作風について語っている。よしもとばなな 8月15日の日記

この日記、正直で潔い。
「読む人を選ぶ」だの「茶化しているわけでなく」だのの言葉尻はともかくとして、だ。(枕詞だと思う、揚げ足が多すぎて取る気にならん。)
よしもとばななが、一人のクリエイターが、ここまで無防備になるのは謙虚なことだ。
書くという作業は彼女にとって感覚的なものなのだということがわかる。しかもそれは研ぎ澄まされた感性、というよりもっと大雑把なもののようだ。
できないものはできない、批評されていることは正面からうけとめる、苦手なことでもそのつもりで書けばそれなりにカバーできるのかもしれない、でも書くということはあるかなきかの何ものかを追う切実な行為であり、自分が自分であり続けることがその何ものかを感じ続けることができる唯一の方法だから、このままでいなくてはならない。
私は彼女が言っていることは正しいと思う。
「大胆な省略」が彼女の魅力を創り出している、かどうかは疑問を持っている。しかし、それをなくそうと意識しだすと、彼女の魅力は失われてしまうという危惧は同じく持っている。
変わらないでいようという決意を大事にしてほしい。
そして、中途半端に大人にならないで欲しい。

ワイン持込事件だって(その他もろもろ、温泉刺青事件とか・・・)、登場人物が40代のよしもとばなな
じゃなくて、20歳前後の若者だったら、もっとナイーブなのだ。キッチンとか、白河夜船と同じ世界の出来事だ。
叩かれた「人生の旅をゆく」でも、初恋の人や、その頃仲の良かった友達とのことについて書いているくだりは実に良く書かれていて、心に残る。

次回作に期待している。


↓たたかれコメントばっかりになってしまったAmazon。どんまい。新作を書いて。
人生の旅をゆく (幻冬舎文庫)
人生の旅をゆく (幻冬舎文庫)
おすすめ平均
starsがっかり
starsこんな非常識なエッセイを本にして売り出す出版社も同罪
stars読み苦しい、見苦しい。
starsこんな女が書いた本なんか
stars作家の錯覚

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



☆ブログランキングに参加しています。クリックお願いします☆

ブログランキング


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nennenene.blog17.fc2.com/tb.php/181-cda08d91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。