びぶりおふぃりあ  ブックレビューとオススメの海外ドラマ・映画のあらすじと感想。顔面血管腫(赤アザ)カバーメイク体験談

本棚から猫じゃらし (群ようこ)

ここでは、「本棚から猫じゃらし (群ようこ)」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

オススメ度:☆☆☆☆★
コタツみかんせんべいテレビ
本棚から猫じゃらし (新潮文庫)
本棚から猫じゃらし (新潮文庫)
新潮社 1997-02
売り上げランキング : 466229

おすすめ平均 star
star曝け出し上手
star教科書に載ってる作家だけで満足できない人々へ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

冒頭:

私の書いたエッセイや小説を読んでくれた人から、
「読んだあとに、何となく淋しくなります」
といわれたことがある。自分の書いたものに関しては、読んだ人がどう感じようが、かまわないので、
「ふーん」と思っただけだが、最近、このようにいわれたことをたびたび考え直すようになった。



あらすじ・感想:


「かもめ食堂」の映画を見てから、とても良い映画だったけれど、その大部分はおいしそうな食べ物の表現と役者に尽きるなぁという気がしていて、原作を読もうという気にはなっていない。



それは群ようこの小説の芯の弱さが、初めて読んだときから「いたしかたないもの」として諦めがついているというせいでもある。

しかしエッセイ、ことに書評はすばらしい。
群ようこの書評を読むと「この人広告費もらってるわけでもないのにこんなにおもしろそうに本を宣伝して・・・」とほとほと感心する。本が好きな人である。
また、引き合いに出す身近なエピソードが素晴らしい。やはり人間に興味深々だとどんな対象も面白可笑しくなるのか。ひとしきり笑ったあとちょっとしんみりする後味が真骨頂だ。シモネタのあしらいがここまでうまい人も他にいないと思うし、前の話題が次の話題の枕になって次々移っていく展開も真似ができない。
どの本も、たとえ読んだことがある本であっても、群ようこがリライトした架空のバージョンで頭に浮かぶ。軽妙な毒舌で人間の滑稽を笑いながらちょっぴり優しい。小説では芯が弱いが、書評ではもと本のハクが芯になって満足のいくボリュームになっている。
結婚や恋愛に一歩引いて世の中を覗くことに喜ぶ群ようこの人生を傍観している距離が、本を読む距離感に重なって、もと本に画中画のような効果を与えている。

目次:


1冊目  網野菊「冷たい心」「ひとり暮らし」
       子どもなんかいらない
2冊目  織田作之助「六白金星」
       大阪が好きだから
3冊目  岡本かの子「老妓抄」
       「老い」とつきあう方法
4冊目  田山花袋「少女病」
       おやじの悲劇
5冊目  藤枝静雄「田紳有楽」
       前世が知りたい
6冊目  芥川龍之介「鼻」
       自分の肉体をおもちゃにすれば
7冊目  正岡子規「仰臥漫録」
       面倒をかける側の視点
8冊目  仲町貞子「叔母梅木久子」
       結婚って、何
9冊目  宮沢賢治「よだかの星」
       そこは弱いの
10冊目 川島長太郎「抹香町」
       お金の上手な遣い方
11冊目 黒岩涙香「弊風一般 蓄妾の実例」
       不倫の噂は楽しいが
12冊目 吉川栄治「忘れ残りの記」
       大人の都合なんか知らない
13冊目 宮本常一「忘れられた日本人」
       下ネタは奥深い
14冊目 内田百「山高帽子」
       ストレスがやってきた
15冊目 獅子文六「悦ちゃん」
       小さいままでいたいけど
16冊目 子母沢寛「味覚極楽」
       他人の食事が気になる
17冊目 石川啄木「ローマ字日記」
       惚れると不幸になる男
18冊目 夏目漱石「猫の墓」
       ペットが死ぬとき
19冊目 森鴎外「山椒大夫」
       サンショウダユウは誰だ
20冊目 渡辺一夫「ある老婆の思い出」
       年寄り相手といいながら



かもめ食堂 [DVD]かもめ食堂 [DVD]
荻上直子

めがね(3枚組) [DVD] すいか DVD-BOX (4枚組) プール [DVD] 「マザーウォーター」 [DVD] かもめ食堂 (幻冬舎文庫)

by G-Tools


☆ブログランキングに参加しています。クリックお願いします☆

ブログランキング

関連記事

web拍手

関連タグ : 群ようこ,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nennenene.blog17.fc2.com/tb.php/192-cf49d61d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。