びぶりおふぃりあ  ブックレビューとオススメの海外ドラマ・映画のあらすじと感想。顔面血管腫(赤アザ)カバーメイク体験談

Twitterのススメ

ここでは、「Twitterのススメ」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

オススメ度:☆☆☆☆☆
Twitterやりましょう♪

Twitterって何?と聞かれたときには、「理解するものじゃなくてやってみるものだよ」といった上で、「駅とか飲み屋とかにいる人たち皆の雑談や独り言全部に聞き耳立てられる能力が授かる、みたいな感じ」と説明している



という投稿をTwitterでしたら、初めての(最後かも)赤ふぁぼ(ふぁぼったー参照)になって嬉しかった。

というわけで、TwitterというWebコミュニケーションサービスがあって、私もこの夏から使っている(@norigyo)。

2009年の春先にアゴラでTwitterについて触れている記事を読んでアカウントは取ってみたんだけれど使ってなかった。どう使っていいのかよくわからなかったの。そこでmixiで「Twitterってやってみようよ」とマイミクに呼びかけたんだけど「mixiで十分」と断られてそのまま放置…。当時はオススメユーザー登録フローなるものもなかったので、一人で始めるにはちょっと敷居が高かったかな。
そんなある日、@sakuratandotbizのブログ「ゆっくり…して…イってネ!」でTwit DelayというTwitter用のWebサービス(予約投稿できる優れモノ)のテスト要員を募集していたのをきっかけに、もう一度始めてみたのだ。
ちょうどデジもの好きの勝間和代氏(@kazuyo_k)とデジもの音痴の広瀬香美氏(@kohmi)コンビのやりとりがリアルタイムでHowToになった人も多いのではないかと思う。衆院選で盛り上がったというのも大きい。色んな商用サイトアカウントの遊びの部分が見られるのも楽しい(毎日jp(@mainichijpedit)・ヤフーショッピング(@yahoo_shopping)・楽天トラベル(@RakutenTravel)・トラベルコちゃん(@travelko)etc.)

どういうものなのかは冒頭で書いた通りで、効果・利益の有無は童話「ききみみずきん」を知っている人ならおわかりと思う。特に木下順二版がオススメ。

ききみみずきん (岩波の子どもの本 (18))
ききみみずきん (岩波の子どもの本 (18))初山 滋

岩波書店 1956-01
売り上げランキング : 109174

おすすめ平均 star
star美しい日本語♪

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

そういえばTwitterのTLで、Twitterを使うことでうつ病が快方に向かう気がする、といっている人がいた。私はうつ病の診断を受けた経験はないけれど、理屈としてそれはありえると思う。
140文字という字数制限は思考を分断するし(裏を返せば思索には向いていないということだ)、「ドロリッチなう」「りなかふぇなう」など「なう」系の投稿は行動療法に最適ではないだろうか。
以前セラピストに進められて森田療法のノートの付け方(片面が行動したことで片面が考えたことを書く)をして見たけれど、ノートにつけているとどうしても”考えたこと”の比重が大きくなってしまってうまく実践できなかった。
でも不思議とTwitterだと行動の記述が多くなる。
森田療法 (講談社現代新書)
森田療法 (講談社現代新書)
講談社 1986-08
売り上げランキング : 5109

おすすめ平均 star
star岩井氏が死を賭して盲目の中で口述した著作、壮絶であり、心を深く打つ
star精神科医になって20年間愛読
star安らかに・・・。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


という素晴らしい可能性も見出せるTwitterだが運営は急成長にまだ追いついていない部分がある様子で、近くだと@kum_i@kumi_iという偽アカウントを作られたという出来事があって、@kum_iは実名・本人写真を使用している一般人アカウントで、客観的に見て明らかに@kumi_iは実名・本人写真を盗用した悪意のある成りすましなのに、Twitter運営側に報告しても全く対応・回答がないままという。
Twitter運営側が不正報告をどのように処理しているのかはわからないが、WBSで放送されたりNHKで紹介されたりするようになったからには、こういったことに迅速に対応する信頼できるサービスになって欲しい。

また最近、実名での表現を薦める記事が「勝間和代のクロストーク”ネット上でも実名で表現を”」に掲載されたが、勝間和代氏は@kum_i@kumi_iのようなケースをどのように考えるのだろうか。
実名での表現が必要な場合も確かにあると思うが、それは存在をかけ血を吐くような思いで表現する場合ではないかと私は思う。有名な人たちは、その人がその人であることで報酬を得ているが、多くの一般人は単に労働力として賃金・給与を得ているのであり、実名を利用されることでその(ささやかな)地位を失う可能性もあるのだ。そして、多くの人間にとっての「世界」「世間」とは細切れに耳目に流れ込んでくる情報への印象の集まりであり、「自己」とはその中に紛れ込んでくる「みんなが自分に対してもっている印象への印象」にかなり依存している。そこへ無名の悪意が宛名だけは明記されて飛び込んでくることは、本人にとってははたから見るよりも辛いことだ。

確かに私が@kum_iをフォローしたのはアイコンが本人写真だったことが大きいし、独身の一般人の女性が実名を載せ、かつアクティブにオフ会に行ったりする姿に好感を持ったという動機も強い。中村紘子@hiroko_nakamuraについても同様だが、彼女たちの姿はなんというか、インターネットの健全さと将来性の象徴なのである。
しかし、この魅力は無名の悪意に対しても作用してしまう。

とはいえ現実問題として、本人とは全く関係なく他人の肖像写真や本名を晒す行為はとても簡単にできてしまうし、そういったことを管理することができるのは運営側だけなので、とりあえず迅速な対応が求められるのはTwitter運営側ということになるだろう。実名云々やアイコンの持つ力といった問題の答えは、議論によってではなく、いつか歴史が答えを出すだろう。

ところで、先ほど書いたセラピスト、昨年愚痴を聞いてもらおうと尋ねてみたら昼間から待合室はサラリーマンでいっぱい、びっくりするほど繁盛しており、1時間も待って診察室に入ったら先生、森田療法なんかとっくに捨てて、一通り私の話を聞くと、
「薬出しますから」
って。
うつ病蔓延。




☆ブログランキングに参加しています。クリックお願いします☆

ブログランキング


web拍手

運営側で対応してくれたという記事が@kumi_iのブログにUpされています。→偽者の件、Twitter運営側の対応報告
※彼女のアイコンは今(2009/11/3現在)実写ではなくなっています。

この件に関しては彼女のみの問題にとどまらずインターネット利用における普遍的問題として関心をもち続け、記事を書き続けます。
関連記事

関連タグ : Twitter, 個人情報, なりすまし,

コメント
この記事へのコメント
この投稿は、twitter初心者の私にとって納得度が高く、お気に入り登録しました。フォロー後挨拶していませんでしたね。よろしくお願いします。
2009/10/18(日) 23:41 | URL | s_yam #-[ 編集]
コメントありがとうございます。
こちらこそご挨拶が遅れまして失礼いたしました☆
私も最近始めたばっかりなのでいろいろ試してるところなので教えてください。
ブログの方もよろしくお願いします。
2009/10/20(火) 02:33 | URL | あにょ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nennenene.blog17.fc2.com/tb.php/196-f967f46c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。