びぶりおふぃりあ  ブックレビューとオススメの海外ドラマ・映画のあらすじと感想。顔面血管腫(赤アザ)カバーメイク体験談

「季節の記憶」(保坂和志/中公文庫)

ここでは、「「季節の記憶」(保坂和志/中公文庫)」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

オススメ度:☆☆☆☆★
オススメ対象:父親。人間関係に疲れた人。田舎暮らししたい人。
オススメポイント:言葉以前、言葉以降

4122034973季節の記憶
保坂 和志

中央公論新社 1999-09
売り上げランキング : 31,963
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


離婚して緑深い鎌倉に幼い息子と暮らす父の日々。
朝食のスープを毎晩作り、息子の教育にじっくり向き合い、近所の兄妹のところで飯を食い、毎朝鎌倉を散歩する。
時間がゆったりと流れていくなか、モノゴコロつくとつかないとのはざまで今しかないときを暮らす息子の姿から、言葉以前、言葉以降というテーマが織り成される。
息子「クイちゃん」はおそらく作者自身の息子がモデルであろう、かぎりない愛情の視点から描かれている。私が一番好きなのはクイちゃんがケーキを楽しみにするシーンだ。

「それもこういう三角じゃないんだよ。
 丸いケーキなんだよ。まぁるいケーキにイチゴがいっぱいのってるんだよ」
 息子は喜びが高じて目つきが虚ろになっていた。

言葉以前、言葉以降、を区切るのは、クイちゃんが文字というものを知るという出来事だ。
父は息子が文字を覚えるのは遅ければ遅いほど良いと思っている。息子が他の大人が覚えていないふすまの模様を記憶しているのは文字を知らないがゆえであるという。平凡なふすまの模様などは言語の機能である抽象化や象徴化によって切り捨てられてしまうのだという。
だから文字を知らないほうが世界は豊かなのだ、と。
それはどうだかわからない。
言語の世界に踏み入ることで人は種族としての宿題を引き継ぐことができる。そこにはそれなりの豊かさがあるとは思う。
けれどこの小説にはそれとは別なある豊潤があって、確かに子供の頃に網膜に焼きついた色彩や肌に沁みた寒さ暑さを思い起こさせる。
それは息子への愛情やもったりとした長いセンテンスの独特の文体と共に、息子への教育の理想主義や実験性(私自身実験的に育てられたからよくわかるけど)、作者のときに偏屈と思えるような理屈っぷりを包み込んでいる。


☆ブログランキングに参加しています。クリックお願いします☆

ブログランキング


関連記事
コメント
この記事へのコメント
多くの本を読んでそのレビューを書かれているだけあって、
論旨がしっかりしていて精緻な紹介ですね。

ごく当たり前のように日常が描かれていて、
それでいて普通の会社員では絶対にありえない日常。
ゆるやかな思索が鎌倉という小宇宙のなかで展開され、
鎌倉という街を表現しながら、
実はそれ全体がまるで”僕”の思索の過程であるような不思議な感じです。

そこで展開される生活も微妙な人間関係によって成り立っていて、
ちょっとでもその関係が崩れたら?
そんな危険性も裏で感じたりして。

いずれにしても疲れ気味の父親に読んでもらいたい
気持ちのいい本ですね。
2005/10/20(木) 05:29 | URL | せいや #-[ 編集]
せいやさんありがとうございます。
鎌倉っていう土地柄の魅力は大きいですよね~。
勤め人だったらまったく別の物語になるでしょうね。
息子、保育園に預けなきゃいけないし。
人間関係といえば、えびのきさんの会社の長ったらしいビデオを見せられて、最初は非常に退屈するけれども、パートのおばさん全員にえんえんインタビューをするのを見て突然飽和したように感動しちゃうところ、好きです。
2005/10/20(木) 23:50 | URL | あにょ #djxH/9eE[ 編集]

はじめまして、
FC2の訪問者履歴をたどって来ました。
サクラといいます。

私のブログには、「季節の記憶。秋ですな。 」
とだけ書いたくだりがあって、ひょっとして、それで
何かヒットして、あにょさんがいらしてくれたのかも
しれません。

その一文を書いた私の頭の中には、
もちろん、この本のことがありました。

わたしも、クイちゃんのケーキのシーン、好きです。
特に、最後には「目つきが虚ろに」なってしまうところ。

あにょさんのレビュー、鋭くて面白いです。
今後、ちょくちょく来ますね。


2005/10/24(月) 22:50 | URL | サクラ #-[ 編集]
はじめまして。コメントありがとうございます。
そう、季節の記憶、というキーワードでたどり着きました。
あ、あの文はこの小説を頭においたものだったのですね。
ちょっとうれしい。

ほめてくださってありがとう。
今日の「ネクロポリス」は個人的に評価高くないのですが、基本的には評価の高いものと話題の新しい本を扱っていきたいなあって思ってます。
こんごも勉強していきますので、またきてください。
2005/10/25(火) 02:37 | URL | あにょ #djxH/9eE[ 編集]
読みましたよーん。
読む前のイメージとして、息子と父親の二人の場面が多いのかと思ってたんだけど、そうでもなかったね。
他の登場人物が味があって面白いし、ほのぼの感は期待通りでよかったです。
えびのきさんが好きですなー。あと美紗ちゃんと木村君の関係もけっこう好きですなー。
当然といえば当然なんだけど、血液型の話をされると不愉快な人もいるんだ!とゆう発見がありました。おいらも血液型とか聞いちゃうし、気をつけないとね。。。
続編があるようなので、それも読んでみたいです。
なんか最近難しいコメントが多いので怖気づきますが、せっかく読んだので書き込みました。
いい本でした。
2006/01/24(火) 21:36 | URL | さるる #-[ 編集]
>さるる
怖気づかないで~。
どんどん書いて~。

これいい本だよね。
人にすすめやすいと思います。

今日は文学系じゃない本を紹介するね☆
2006/01/25(水) 11:24 | URL | あにょ #djxH/9eE[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nennenene.blog17.fc2.com/tb.php/21-bfbbce75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ゆるやかな日常、ゆるやかな関係、ゆるやかな思索
2005/10/20(木) | 浜辺の少年
フリーの編集者=主人公=語り手の日常と思索が淡々と綴られています。体系だった思索ではなくて、日々の出来事に交えてエッセイ風に語られます。この小説では何も起こらなくて、散歩してお話して食べてるだけ。ドラマとしての求心力は無い代わりに、主人公ののどかな日常と
2005/10/20(木) | 読んだモノの感想をわりとぶっきらぼうに語るBlog
保坂 和志 アウトブリード ここ1、2年で、保坂和志の本はいくつか読んできた。だが一向に整理がつかなかった。類型的に彼の思考の断面を切り取り、押し花のように固着することができなかった。今日は、いくらかは感じ取れたような気がしている。気がして
2006/01/12(木) | 辻斬り書評 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。