びぶりおふぃりあ  ブックレビューとオススメの海外ドラマ・映画のあらすじと感想。顔面血管腫(赤アザ)カバーメイク体験談

「嘘つきアーニャの真っ赤な真実」(米原万里/角川文庫)

ここでは、「「嘘つきアーニャの真っ赤な真実」(米原万里/角川文庫)」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

オススメ度:☆☆☆☆☆
オススメ対象:旧共産圏の生活のイメージが浮かばない人。
オススメポイント:時代に翻弄されて。

4043756011嘘つきアーニャの真っ赤な真実
米原 万里

角川書店 2004-06
売り上げランキング : 7,507
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ロシア語会議通訳のかたわらエッセイスト・コメンテイターとしても活躍する米原万里は、1960年~64年プラハで少女時代を過ごした。プラハの春以前のチェコスロバキア。
共産主義。その思想および19世紀~20世紀に及ぶ大きな運動は、今の資本主義先進国では”お笑い草”という扱いしかされていない。
でも私は非常にこの時代この運動に興味を持っている。思想的にというのでは全くないのだが、(数多い革命を含め)共産主義運動ほど「人間はこんなにも時代に翻弄される」ということを教えてくれるムーブメントは他にないと思うのだ。
しかし東側の情報は堅苦しいドキュメンタリーや大筋で歴史をなぞらえるだけだったりと、人間を感じさせる材料が非常に少ない。旧政権に迫害されていた人のインタビューや今の就職難についてのレポートは重要だとは思うけれど、生活の中にあったはずの笑い・喜びを知らないと、苦しみに奥行きが出ず、理解や共感ができない。
「嘘つきアーニャの真っ赤な真実」は文章も明晰で視点の距離とピントが心地よく、良いエッセイの備えるべき美点を総ざらえしているが、その上やはり内容が良い。同級生三人の鮮やかな思い出と、大人になって探し出した彼女達の現在。ましてや出会いはプラハのソヴィエト学校、少女達の国籍はギリシャ・ルーマニア・ユーゴスラビア。再会までの歳月激動に揺れた国々である。
やはりどこの国であっても同じように少女時代があるのだと思わせてくれる、貴重な一冊。人形劇と美しい町並みと弾圧されたプラハの春のイメージしかなかったチェコに、人の声やほこりっぽい雑踏が見えてくる。
ベルリンの壁の崩壊が感動的だったのは、それが共産主義の敗北と資本主義の勝利を意味したからではない。あのとき崩れたのが共産主義ではなく”壁”だったからだ。壊れた壁の向こうに、おたがいに、ただの人間がいたからだ。それを忘れたくない。



☆ブログランキングに参加しています。クリックお願いします☆

ブログランキング




関連記事
コメント
この記事へのコメント
米原万里さんの本は読んだことあるけど、これは知らなかったです。
その本にはロシアの有名な作曲家がウンコまみれのトイレの中ですべって転んだ話とか、
笑える話、人間臭い話、ロシア流ジョークが満載で、エッセイとしても面白かった。
人は、世界中どこでも、日々の生活の中に笑いや喜びをを見つけて生きていくんだなぁ。
2005/10/24(月) 01:17 | URL | さぶり #-[ 編集]
その本はなんていう本?
アーニャがおもしろかったから他の本も読んでみたい!
2005/10/25(火) 02:31 | URL | あにょ #djxH/9eE[ 編集]
「ロシアは今日も荒れ模様」講談社文庫からも出てるよ。
後半はわりと真剣な内容なので、読み応えあるかも。私は後半読んでないけどf(^_^;)
2005/10/26(水) 03:08 | URL | さぶり #-[ 編集]
読んでみるわ。ありがとうさぶり!!
2005/10/30(日) 01:56 | URL | あにょ #djxH/9eE[ 編集]
こんにちは。
TBありがとうございました。こちらからもTBさせていただきます。

面白そうな本が並んでますね!
ゆっくり読ませて頂きまーす。
2005/11/04(金) 21:58 | URL | 八朔 #-[ 編集]
八朔さんこんばんは、TBありがとうございます。
八朔さんのブログ「本の肴」では、ノンフィクションを多く扱ってらっしゃいますよね
私も次はノンフィクションをレビューしようか、と思いました。
ぜひまた読みにいらしてくださいな☆
2005/11/05(土) 02:18 | URL | あにょ #-[ 編集]
こんにちは。

TBありがとうございました。
もうずいぶん前に出た本なのに、こんなに近い時期にお互いアップしているなんて、奇遇ですね。

私のブログでは本のレビュー以外にいろいろ書いているので、ただの「本」というくくりになってしまっていますが、こちらのように「楽しくなる本」「心揺さぶられる本」みたいなカテゴリー分け、いいですね~! 本好きの心をくすぐりますね~。
また来ますね。

ところで、横になりますが、八朔さまも同じ時期に、なんという奇遇! と思いましたので、TBさせていただきます。よろしくお願いします。
2005/11/14(月) 00:32 | URL | みっち #-[ 編集]
ほんとに奇遇ですよね。
でも、結構実はそういう偶然って世の中にはあるんでしょうね。
つまんないたとえかもしれないけど、朝目玉焼きとトーストとあんずジャムを食べて、昼はカレー、夜は鯛めしとはまぐり。ってメニューだったとして、全メニューまるまるいっしょ、ってうちはけっこういっぱいあるんでしょうね。
でもそういう人たちが「奇遇ですね」っていうチャンスはそんなにないはずだから、ネットって、ブログってすごいなって思います。
2005/11/16(水) 02:12 | URL | あにょ #djxH/9eE[ 編集]
嘘つきターニャの真っ赤な真実。
ロシアの肉便器ターニャ。
こんな女でも日本人の子供を産むのはイヤなのだそうです。
しかし、ロシア人はレイシストですね。
嘘つきアーニャにも人種差別に関して記載されている部分がありますが、ロシアの女も
やはり本質的には人種差別主義者のようです。しかし彼らも今となっては自分たちが「ガイジン」であること以外に優越感を保てなくなっているようです。
2005/12/29(木) 03:19 | URL | 米原 千里 #-[ 編集]
はじめまして
TBありがとうございました。
「嘘つきアーニャ」が面白かったので、今回「オリガ・モリソヴナの反語法」を期待して読みましたが、とっても面白かったです。
ちょっと長いお話ですが、機会があれば読んでみてください。
2006/01/13(金) 22:09 | URL | れおん #-[ 編集]
オリガ・モリソヴナの反語法、評判良いですね。ありがとう必ず読みます!
今手元に「ロシアは今日も荒れ模様」があり、それも読んでみるつもりです。
2006/01/14(土) 15:13 | URL | あにょ #djxH/9eE[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nennenene.blog17.fc2.com/tb.php/22-87864567
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
平和な日本のこの時代に生まれたことを幸せに思う。
2005/12/08(木) | 40歳からのクローン病
年末に読むつもりは無かった。年賀状も書いていないし、英語の勉強もしなくちゃならないし、冬休みにゆっくりじっくり読もうと思っていたのに、やはり、母国語で書かれたものはさすがに読みやすく、読んでしまった!それどころじゃないだろう、私。オリガ・モリソヴナの反..
2006/01/13(金) | れおん的

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。