びぶりおふぃりあ  ブックレビューとオススメの海外ドラマ・映画のあらすじと感想。顔面血管腫(赤アザ)カバーメイク体験談

舞台には2種類しかない、と私は考えているのです

ここでは、「舞台には2種類しかない、と私は考えているのです」 に関する記事を紹介しています。

21世紀を憂える戯曲集21世紀を憂える戯曲集
野田 秀樹

二十一世紀最初の戯曲集 20世紀最後の戯曲集 解散後全劇作 野田版歌舞伎 野田秀樹 (日本の演劇人)

by G-Tools


今、池袋の芸術劇場中ホールで公演が行われている「南へ」。人気の妻夫木聡、蒼井優、野田秀樹、の野田地図公演ということで、検索エンジンから「NODA・MAP 野田地図 第16回公演 「南へ」」という記事に流入する方が多いのですが、ご覧の通り酷評です。

私の考えをここに書いておきます。

舞台には2種類しかない、と私は考えています。

・・・と書くと、「良い」「悪い」とか、「感動する」「感動しない」などなどの分け方を思い浮かべる人が主なのではないでしょうか。

でも、私の考えは違うのです。
私はとても現実的な考え方をします。
舞台には2種類しかない、それは、3,000円以下か、3,000円以上か、という種類です。

3000円、それは舞台に立ち続ける生き方を選んだ人々への投げ銭、はなむけです。
金額は物価や個人的な懐具合によってかわりますが。
その金額の範囲内なら、実験的だったりひとりよがりだったり未熟だったりしても、情熱さえあれば、ある一定期間空調の効いた(ないこともあるが)部屋で椅子に座って、なにがしかの芸を目にする時間への代償と考えることもできる。上手い下手に関わらず時間の流れに集中し神経を研ぎ澄ますこと、それは私にとってある体験であり、刺激であり、蓄積であるのだから。

でも、それを超す金額を要求する場合には、プロフェッショナルとしての仕事をしてもらいたい。
いくつかの失敗があっても何重にも奥の手を用意して、最終的にどのレベルにせよ「楽しませる」ことが、暗黙のうちに約束されている、それが3,000円以上という境界だと私は考えています。


でも、私の3,000円という投げ銭は、私がかつてずっと昔に音楽で舞台に立つことを夢見ていたから、というごく個人的な理由によるもので、それがなかったらきっと私はこう言ったと思います。

舞台には2種類しかない、それは、無料か、金を取るのかの2種類だ、と。


☆ブログランキングに参加しています。クリックお願いします☆

ブログランキング

関連記事
コメント
この記事へのコメント
はじめまして。
私も舞台拝見しました。私は芸術とかは良く分からないし、舞台も1度しか見た事がない(3000円でした)その舞台よりはおもしろかったです。その金額に値するかというより、自分が楽しめたかどうかではないかと私は思います。多分貴方様は合わなかったのではないでしょうか?
2011/02/17(木) 22:12 | URL | tama #-[ 編集]
合わなかった、というレベルのことを書いてるつもりはないけど、そういう感想を頂くということは私の文章力が足らないのでしょうね。

私は芸術には絶対的な価値があると考えているし、演じている側もそこを目指しているのであって、相性がどうとかは考えていないと思いますよ。(ここではそれに加えてエンターテイメントについて語ったつもりでした)

それに、見た人それぞれがいろんな感じ方を表現し、また感想を深めるのが楽しいことではないでしょうか。
芸術はわからない、とか、批評はせずに相性が悪かったと思おう、みたいなのって、ちょっと弱気?及び腰なかんじがします。確かに見たんだから、自信を持って感じたままを言葉にしていいんじゃないですか?

そうすることで体験が自分のものになりますし、何年か経って、同じ舞台を見た人とあれこれ思い出話をするのも楽しいです。

tamaさんが面白かったのはどういうところなのか、書いてもらえたら、なるほどと思うかもしれません。
2011/02/18(金) 00:56 | URL | 松本典子 #-[ 編集]
多分、貴方は立派な大学を出られて、沢山の高いレベルの芸術に触れてこられたかたなのでしょうね?ただ私みたいな素人にはそういう物を期待するのではなくて、生の役者を見たいだけとかのミーハー的な考え
で行く人も多いのです。その上で
まあ、内容がおもしろければ、もうそれで充分なのです。多分求めてる物が皆それぞれ違うのでしょうけど、だから何が言いたいのかといいますと、自分の思想が全てみたい
に書かれると反論したいわけです。すみません。
ちなみに、何処がおもしろかったかというと、天皇とかの非常にデリケートなお題を軽く表現しながら、核心をついてる所です。だから野田さんは凄いと思いました。自分の言いたい事を舞台で表現するって凄いと思いました。

2011/02/19(土) 16:22 | URL | tama #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nennenene.blog17.fc2.com/tb.php/236-22b9f220
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック