びぶりおふぃりあ  ブックレビューとオススメの海外ドラマ・映画のあらすじと感想。顔面血管腫(赤アザ)カバーメイク体験談

母乳のヨウ素131は何ベクレル?

ここでは、「母乳のヨウ素131は何ベクレル?」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

母乳に移行するヨウ素131、いったい何ベクレルになるのでしょう。

200ベクレルの水でも…妊婦や授乳中女性に「健康被害なし」 産科婦人科学会

報道を見ていて、4分の1の量移行するのに乳児に健康被害がないということに矛盾があるような気がしたのですが、ネットでも、母乳に4分の1移行するから気をつけろ的な情報と、50ベクレルだからだいじょぶ!的な二つの情報が混在しています。

まだ誰もちゃんとその矛盾について発言していない様子なので
それぞれの場合に母乳に移行するヨウ素131が何ベクレルになるのかを計算してみました。

☆ 計算問題 ☆

++ 前提 +++++++++++++++++++++++
離乳期前の赤ちゃんのいる完全母乳育児のお母さんの場合
1日だいたい750ccくらい母乳を飲ませます。
++++++++++++++++++++++++++++

このお母さんが、ヨウ素131が1000ccあたり200ベクレル含まれる水道水を、1日2000cc飲みました。
(母乳出してるとのどがカラカラに乾くのでもっと飲むかもしれませんがさておき)

問題1:
ヨウ素131のうち、4分の1の「量」(濃度ではなく量)が750ccの母乳に移行すると、
この母乳は1000ccあたり何ベクレルのヨウ素131を含むでしょうか。




ヨウ素の量:200ベクレル×2リットル÷4=100ベクレル
水の量:750cc

100ベクレル÷750cc×1000cc=133.33

答え:1リットルあたり133.33ベクレル

乳児の摂取制限100ベクレルを超えている


では、次の問題。


問題2:
母親が摂取したヨウ素131のうち、4分の1の「濃度」(量ではなく濃度)で母乳に移行するとしたら、
この母乳は1000ccあたり何ベクレルのヨウ素131を含むでしょうか。



200ベクレル÷4=50ベクレル

乳児の摂取制限100ベクレル以下



この情報で母親が安心して水道水を飲めると思えません・・・


量って書いてあるからには量なんじゃないのと思うのですが、
産婦人科学会が大丈夫!って太鼓判捺してますから混乱しますね~・・・

世の中に広く母乳への盲信があるような気がしますが、
この先状況が悪化した時に悲劇を生まないように、きちんと計算して欲しいです。

赤ちゃんはおっぱいを信じてて、それしか知らない無垢な人たちですから、
私たち大人がなんとかしなければ。




web拍手

ヨウ素131がどのように母乳に移行するか、栄養素が体内に取り込まれる仕組みと母乳のできる仕組み

母乳は母親の血液から作られます。
母親が摂取した食べものの栄養素や薬品には、母乳に移行するものとしないものがあります。
たとえば母乳は血液から作られるのに白いですが、これは母乳を作る過程で赤血球を取り除かれるからです。
薬品の場合、製薬会社が母親の血中濃度と母乳中の濃度についてのデータを公開していることがあります。

簡単に説明します。

食べたものは胃でドロドロにされ、小腸のひだから栄養を吸収されます。
(残りは大腸で脱水されてうんちになります)

       ↓

小腸は吸収した栄養を血液に取り込みます

       ↓・ヨウ素もここで血液中に取り込まれます

血液中の栄養は全身をめぐり、必要としている器官で消費・蓄積されます。

       ↓(以下順不同)
       ↓・乳房の器官で(母乳ホルモンが介在して)血液から母乳が作られます
       ↓・ヨウ素が(必要なら)母親の甲状腺に蓄積されます

腎臓が血液の中に余った栄養をこし取り、尿に排出します。

以上が母乳育児をしているお母さんの体で起こることです。



100日飲んでも40ミリシーベルト
昨日、母乳への移行についてシーベルトで計算した記事を見かけました。
IRCPのドキュメントからの引用で、ここで取りあげている4分の1というものとは別の計算式が登場していて、結論として母乳は大丈夫ということが書かれていました。

http://trustrad.sixcore.jp/water.html

それによると、乳児に影響が出ると言われているのは50ミリシーベルトからで、お母さんが(乳児の制限以上ではあるけれども成人の制限である300ベクレルの水を飲んで出した母乳を100日間飲み続けると40ミリシーベルト被ばくするだけだから大丈夫、と書かれているのですが、40ミリシーベルトっていくらなんでも多すぎる気がするので(それを根拠に安全宣言するからには)書き間違いじゃないかなと思っているのですが…
放射能漏れが100日間続かないと断言できる状況ではない(残念ですが)ですし、
母乳育児って人によっては1年以上続けますからね。(離乳食後に量が変化するとはいえ)



母乳について書くのはこれくらいにしようと思います(3/26)
おそらく、妊婦への影響や母乳への影響は二次的なので、そのあたりの話はあまりしたくないというのが関係各所の本音だと思います。



関連記事

関連タグ : 母乳, ヨウ素131, 福島第一原子力発電所, 放射能, 放射性物質,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nennenene.blog17.fc2.com/tb.php/245-2a812bf2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。