びぶりおふぃりあ  ブックレビューとオススメの海外ドラマ・映画のあらすじと感想。顔面血管腫(赤アザ)カバーメイク体験談

伝説・昔話や津波堆積物が語る過去の津波災害

ここでは、「伝説・昔話や津波堆積物が語る過去の津波災害」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

おすすめ度:☆☆☆☆★
津波!!命を救った稲むらの火津波!!命を救った稲むらの火
小泉 八雲 高村 忠範

津波から人びとを救った稲むらの火―歴史マンガ 浜口梧陵伝 津波防災を考える 「稲むらの火」が語るもの (岩波ブックレット) 津波とたたかった人―浜口梧陵伝 三陸海岸大津波 (文春文庫) 阪神・淡路大震災の教訓 (岩波ブックレット)

by G-Tools


東日本大震災。巨大な津波はところにより15メートルを超え、東北の町々を飲み込んだ。
津波は2回、3回とやってきて、災害に備え津波に用心していた人々を駆け込んだ避難所ごと流した。
ごぉぉぉぉ、とむせび泣くような地鳴りと、もうもうとつちぼこりをあげながら木造の建物を食べる、形のない重たい化け物。携帯電話や家庭用カメラが捉えたその姿は見る者を圧倒した。
港によくある重油のタンクが津波にもがれて油を撒き散らし、津波の上を燃えながら流れされるがれきは火山の溶岩流のよう、地獄もかくやという眺めであった。

東日本大震災の前に何度か繰り返し放送されていたNHK教育テレビの「おはなしの国」の津波の伝承は佐野史郎の語りが素晴らしく、津波の恐ろしさを疑似体験させるものだった。

■ 稲むらの火


おはなしの国 第19回 津波!命を救った稲むらの火 佐野史郎


「稲むらの火」は和歌山に伝わるむかしばなし。
高台で子守をしていた村の長老、五兵衛は、奇妙な揺れ方の地震のあと、海の水が沖に引いて行くのを見た。
その光景に、五兵衛はかつて自分が子供のころおじいさんから聞かされた津波の伝承を思い出して、下の平地で農作業をしている村人を高台に登らせるため、収穫して積み上げてあった稲に火を放つ。

津波を警告する五兵衛の振る舞いにおびえておじいさんの頭がおかしくなったと思い泣く子どもと、まだ見えていない巨大な津波を確信してモノに憑かれたような五兵衛との対比が佐野史郎の語りで鬼気迫っていた。

NHK教育は同じ番組を数回にわたって再放送しているため、東日本大震災の前に「稲むらの火」をたびたび見ることになり、そのあとの津波だったので、恐怖はまたひとしおだった。

■ みちびき地蔵


Youtubeにアップされて話題になっているのが、まんが日本昔話で放送された気仙沼大島のむかしばなし、「みちびき地蔵」だ。
みちびき地蔵とはなくなった人を成仏するために導く地蔵。死ぬ前にすでに亡者となった魂が地蔵に参りに来るという。
村の親子があまりに多数の亡者がみちびき地蔵を拝む姿を見た翌日、大きな津波がやってくる。


話以上に雰囲気が怖い。
まんが日本昔話のDVDにも収録されていないし、本にも書かれておらず、気仙沼関連のサイトにも影が見えない幻の昔話。
(ここまで情報が無いと、実際にこの話が気仙沼で語り継がれているのか謎だ)


■ 西暦869年貞観地震


東日本大震災の津波被害と比較されるのが、西暦869年の貞観地震の津波だ。
観測史以前の過去の津波も、近年の研究により地学的に証明できることがわかってきた。
そのデータによると、貞観地震の際に東北地方を襲った津波も今回と同じくらい内陸まで入ってきた巨大な津波だったそうだ。

(リンク)津波堆積物を用いた過去の巨大津波の研究


==================

このように、伝説でも科学的データでも東日本大震災のような津波が襲ってくることは言われていたわけだが、百年、千年に一度という確率の災害に常に備えることは難しく、ノアの箱舟で暮らすわけにもいかない。
大きな地震を体感したら大きな津波が来るというものでもなく、小さな揺れの地域に大きな津波が来ることもある。
人々の命運を分けたのは、虫の知らせや偶然だったのだろうか。

津波から生き残る―その時までに知ってほしいこと津波から生き残る―その時までに知ってほしいこと
土木学会津波研究小委員会

津波災害――減災社会を築く (岩波新書) 人はなぜ逃げおくれるのか ―災害の心理学 (集英社新書) TSUNAMI―津波から生き延びるために 津波てんでんこ―近代日本の津波史 巨大地震災害へのカウントダウン~東海・東南海・南海地震に向けた防災戦略~

by G-Tools


関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nennenene.blog17.fc2.com/tb.php/252-e14c4374
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。