びぶりおふぃりあ  ブックレビューとオススメの海外ドラマ・映画のあらすじと感想。顔面血管腫(赤アザ)カバーメイク体験談

福島県と茨城県の漁業が回復するためにできること

ここでは、「福島県と茨城県の漁業が回復するためにできること」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

4月1日北茨城市沖で獲られたコウナゴから4080ベクレルの放射性ヨウ素が検出されたと、同4日報道がありました。

【毎日新聞】東日本大震災:茨城産コウナゴ、セシウムも検出 漁業者、苦悩深く


以降、漁も出荷も止まっているわけですが、

魚を獲ったほうがいいのになぁと、歯がゆくおもっています。

コウナゴも、海藻も、貝も、どんどん獲って、汚染されているものを集めて核廃棄物として捨てればいいと思います。

漁によって被ばくの恐れがない程度の海洋汚染地域、という前提での提案ですが、

福島でも茨城でも放射性物質に汚染された魚をどんどん獲り、国が通常の相場の価格で買い上げて、放射性廃棄物としてまとめて処理すればいいと思います。

そしたらその分、海がきれいになるじゃないですか。

魚には気の毒だけれど、放射能除去を自然が手伝ってくれるんだから、利用しない手はないでしょう。

海はきれいになるし、漁業者の方は(いつもとは違うけれど)仕事ができるし、身を持って海の状態がわかり、いずれ時期がきたら「絶対安全なのだ」ということを実感できるわけだから、結構なことではないでしょうか。

漁業者の方に補償はしなければならないわけで、ただお金を払うというんじゃなくて、仕事をしてもらって対価を支払う方が、国に取っても得だし、漁業者の人にとってもただ将来の不安を抱えて仕事ができずにいるよりも、意味のあることができるほうがやりがいがあって良いと思うのですが、どうでしょうか。


・魚は普段通り獲る
・魚は汚染の有無にかかわらず国が妥当な対価を支払う
・できるだけ手早く放射能を測定し、汚染されていない魚は放し、食物連鎖に戻す
・汚染されている魚はまとめて核廃棄物として処理する。
・汚染されている魚がいた海域(海流)の魚はいつもよりも多く漁を行う
・海水のサンプルも採取して、こまめに放射性物質の量を測る。
・効果が少しでも期待できるなら沿岸への活性炭の投入などを行う
・放射性物質を吸着・吸収してくれるような海藻を収穫し、魚同様に検査の上選別、また新たに植える。
・貝など浅い場所に住んで移動が少ないような海の生物を収穫し、魚同様に検査の上選別、また新たに入れる。

こうして集めたデータをWebの地図やグラフで可視化し、海洋の放射能汚染がどのように広がったのかを時系列で誰でも参照できるようにし、どのように浄化されたのかも細かくオープンにし、黒潮に乗ってどういう魚が北上してくるのかとか、どんな魚が何を食べているのか等も説明して、それが合理的に納得の行くものであれば、いずれその地域の魚を食べる人は表れるでしょう。


放射性物質に汚染された魚を海にそのまま放っておいたら、コウナゴなんて大きい魚のえさなんだから、あっというまに食物連鎖で大きな魚に回ってしまいますよね。

ヨウ素131なら半減期が短いけれど、セシウムは半減期が長いわけだから、この先何十年もの間、ひょっこり問題が出てくる可能性もあるわけですから、その長い年月、影響を受けた海域が漁場として二流以下に貶められてしまうわけです。

セシウムはチェルノブイリではヨウ素に比べてあまり健康被害として問題になりませんでしたが、海洋汚染によって魚が汚染された場合のセシウムの影響は未知数です。(ヨウ素が甲状腺に蓄積されるように、セシウムは筋肉に蓄積されます)

海洋学のご専門の学者さんや環境衛生の学者さん、放射線学の学者さんが「だいじょうぶ」「安全」「いますぐどうということはないけど長期的に調査が必要」とTV等でおっしゃっています。先生方は実務家ではありませんのでそういったご意見かもしれませんが、実際には今すぐやらなきゃ意味がないことというのがいっぱいありますよね。

海洋汚染については学者さんが参考にするような過去の事例がないし、今の状況がいわばこれから世界の放射能汚染の貴重なデータとなっていく、進行中の『事例』だと思います。

(それとは別に、私は複合的汚染においては机上の試算はあてにならないと考えています。)

私は、海は広いし放射性物質が拡散したら手に負えないと思っていたけれども、比較的沿岸にとどまっているわけですから、これを幸いとすべしと思います。

農林水産省主導で、地元漁業協同組合が海洋汚染の防止を研究テーマにする日本国内外の熱心な学者さんとタッグを組んで今すぐに対策を始めれば、漁業は救われる可能性が十分にあると思います。


==============
牛乳や野菜などに放射性物質が検出された場合も、普通ごみや下水に流すではなく、しかるべき廃棄方法を政府が指導すると良いと思います。


web拍手

------

今回は予告と違う更新内容になってしまいましたが、前後しても記事のアップはしますので、よろしくお願いいたします。
関連記事

関連タグ : コウナゴ, セシウム137, 福島第一原子力発電所, 放射能, 放射性物質,

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nennenene.blog17.fc2.com/tb.php/254-af798c14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。