びぶりおふぃりあ  ブックレビューとオススメの海外ドラマ・映画のあらすじと感想。顔面血管腫(赤アザ)カバーメイク体験談

ポスト・フクシマという時代

ここでは、「ポスト・フクシマという時代」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

■ポスト・フクシマという時代

気がついていますか?

インターネット上のいろんなサイトに掲載されている不動産のバナー広告のこと。

新築マンションの広告は、地域でターゲティングするのが普通です。
東京に住んでいて名古屋の物件を買ったり、北海道の物件を買ったりというのは一般的ではありません、やはり近くのものを買います。引っ越すとしてもいったんは賃貸などで仮住まいをしながら良い物件を足を運んで探すというのが考えやすい購買行動です。
ですから広告業者はインターネットへのアクセスポイントからエリアを特定し、そのホームページを見ている人のエリアに適した広告を表示する、そういう仕組みを持っていてそれで商売をしています。

でも1ヶ月ほど前からでしょうか。東京に住んでいる私に、
大阪梅田の新築タワーマンションのバナー広告が表示されるようになりました。

以前は豊洲のマンションの広告が表示されていたような場所に…

福島第一原子力発電所危機、それは厳しい時代の幕開けとなるでしょう。

東京の土地の価値は下がり、日本の国債の価値は下がり、
生活や健康への不安は人々をすっぽり覆い晴れる気配がない
政府やマスコミへの不信感は絶望へと変わり、
未来という虚像は音もなく崩れ去りました。

もうこの世界はフクシマ以降の世界なのです。
3・11のスイッチでフクシマ以前の世界とはパラレルな世界に移行してしまい、もう二度と元には戻れない、
そういう世界、これがポスト・フクシマです。

この新たな世界の中で、
人間には二つの選択肢しかありません。
失われた世界にしがみついて最終的に不安に負けるか、
それともタフに、ずる賢くなるのか。

できるだけすばやく適応して子どもを守り、道を切り開き、照らし出してやらなければなりません。
この世界のなかでどうやって育ちどうやって生きれば幸せになれるのかという道を。


関連記事

web拍手

関連タグ : 福島第一原子力発電所,

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nennenene.blog17.fc2.com/tb.php/259-ebf7cbe1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2011/05/10(火) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。