びぶりおふぃりあ  ブックレビューとオススメの海外ドラマ・映画のあらすじと感想。顔面血管腫(赤アザ)カバーメイク体験談

隠される原子力・核の真実 (小出裕章)

ここでは、「隠される原子力・核の真実 (小出裕章)」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

オススメ度:☆☆☆☆☆
隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ
隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ小出 裕章

創史社 2011-01
売り上げランキング : 26


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「原子力研究の世界に住みながら、なぜ原子力に反対し続けるのか、そのことをこの本に記します」(まえがき)



あらすじ・感想:
小出裕章(こいでひろあき)さんは、京都大学原子炉実験所・助教(助手)。
70年代からずっと原子力発電の反対運動をしてきた人で、その道では知られてきたが、
このたびの福島原子力発電所危機に際し、俄然一般に知られるようになった。

3月後半からラジオ・インターネット動画配信などのマイナーメディアに出ずっぱり、
政府・東電の発信する安心・安全情報に疑心暗鬼となった人々が納得できる説明を、「~なのです」という独特の口調で穏やかに重ねてきた。

5月半ばにはついに新聞や地上波TVにもその名が出るようになり、23日には国会によばれて話をすることになっているそうで、ついに事態がそこまできた、という感がある。

原子力という学問において万年助手として冷遇されながら、原発反対運動においていつも穏やかに諦めず同じことを繰り返し語ってきた小出裕章さんのことを考えると、自分に果たしてそんな生き方ができるだろうか、と思い、いや到底できない、と思う。

「隠される原子力・核の真実」は、原子力(核)の危険性と原子力産業の問題点を客観的なデータを引きながら平明に淡々と記した良書。

 1章 被ばくの影響と恐ろしさ
 2章 核の本質は環境破壊と生命の危険
 3章 原子力とプルトニウムにかけた夢
 4章 日本が進める核開発
 5章 原子力発電自体の危険さ
 6章 原子力に悪用された二酸化炭素地球温暖化説
 7章 死の灰を生み続ける原発は最悪
 8章 温暖化と二酸化炭素の因果関係
 9章 原子力からは簡単に足を洗える
10章 核を巡る不公正な世界
11章 再処理工場が抱える膨大な危険
12章 エネルギーと不公平社会



福島第一原発危機を体験中の人なら基礎知識があるため、非常に読みやすい内容となっている

隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ
小出 裕章

放射能汚染の現実を超えて 原子炉時限爆弾 原発事故…その時、あなたは! 朽ちていった命―被曝治療83日間の記録 (新潮文庫) 原発事故 残留汚染の危険性

by G-Tools

関連記事

web拍手

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nennenene.blog17.fc2.com/tb.php/272-c4856f75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。