びぶりおふぃりあ  ブックレビューとオススメの海外ドラマ・映画のあらすじと感想。顔面血管腫(赤アザ)カバーメイク体験談

賭博者 (ドストエフスキー)

ここでは、「賭博者 (ドストエフスキー)」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

オススメ度:☆☆☆☆☆
賭博者 (新潮文庫)賭博者 (新潮文庫)
ドストエフスキー 原 卓也

死の家の記録 (新潮文庫) 貧しき人びと (新潮文庫) 虐げられた人びと (新潮文庫) 地下室の手記 (新潮文庫) 悪霊 (上巻) (新潮文庫)

by G-Tools

あらすじ(ネタばれ注意)
ある将軍一家と共にドイツの保養所に滞在していた家庭教師アレクセイは、界隈で開かれている賭場に興味を持っている。
彼が恋焦がれているポリーナは将軍の養女で家庭教師風情には目もくれないが、淑女としてギャンブルができない自分の代わりにアレクセイを賭場へ行かせルーレットをさせるなど、利用している。
将軍の家計は火の車で財産は全て抵当に入っているのだが、唯一の望みはモスクワに住んでいる裕福な祖母が死にかけていることだ。
ところがある日、当の祖母が彼らの滞在するホテルに乗りこんできた。彼女はぴんぴんしており遺産がすぐにあてにできないばかりか、アレクセイをお伴に賭場に入り浸り豪快に財産を擦っていく。
財政の危機に陥ったポリーナを救うべくわずかな軍資金を握って賭場に入ったアレクセイは圧勝し全てのポケットを金貨でふくらませるが、その金を捧げられたポリーナはアレクセイをそして金をも拒む。
ポリーナに拒絶されたアレクセイはたかりに身を任せ浪費し、すってんてんになってまた新しい賭場へと転々とする生活を送る



感想:


読んでいて興奮して涙が出る、息を飲み笑いながら泣いている。
人間というものが描かれすぎていて息が上がってしまう。

ドストエフスキーの作品の中でも珍しいタイプの形式美を持つ珍しいタイプの作品。

プーシキンの「スペードの女王」と共にギャンブル小説の金字塔。
共通しているのは、ギャンブルに手を染める当初の目的が恋愛というところだが、「スペードの女王」が不吉な予言に彩られたロマンチックな怪談の体をなしている典型的なゴシック・ホラーであるのに対し、ドストエフスキーの「賭博者」はあくまでもリアルに賭場の熱気やギャンブルの魅力を描いている。

「スペードの女王」にはギャンブルに引き込まれる理由として宿命という形で理屈があるが、「賭博者」にはそれがない。

ツキというものの輝かしさは十二分に描かれているのだが、それは核心ではなさそうなのだ。

何か法則があるかのように思えるところ、攻略できそうな気がしてしまうところ、それでいてその期待が裏切られるところ、そういったことをギャンブルの魅力として描いているように思う。
つまり、ギャンブルの理屈がないところそのものが人を堕落させる魔力なのだ。

いったん魅入られると、ここまで、とやめることはできない
勝ったからやめる、ということはできないし、ちょっと負けたからやめる、などはもっとできない。
破滅するまでギャンブルは繰り返される。この「繰り返し」もよく描かれている。
将軍の祖母の物語とアレクセイの物語がギャンブルにはまり破滅で終わるというまったく同じ筋書きをなぞっており、これが題材とマッチした形式で効果を上げている。
個々人の性質によってではなく、ギャンブルというものの特性が人をひきつけ堕落させるということを自ずから悟らせるのだ。

同じように、明日は我が身という様もよく描かれている。

「なんて腹の立つこったろう!人間一人、破滅しちまうなんて。つまり、自分が望んだってわけさ……見ちゃいられない、はらわたがひっくり返りそうだよ。なんてばかなんだろう!」こう言うと、お祖母さんは急いで反対側に向きを変えた。


このように他人の賭けごとを見物していた祖母はこのすぐ後にすべての証券を換金してルーレットに入れ込むのである。

形式に溺れないのがドストエフスキーの天才で、枠にはまらないドラマティックな展開とスピード感は実に見事だ。

ところでドストエフスキーはいつも「愛に似て非なるもの」を書き、愛について考えさせられるところが多い作家だ。ドストエフスキー的世界において愛は大きな存在だが最高のものでも最大のものでも最後のものでもない。
最初は愛として描かれていたはずのものがドラマが進むに従ってやがて愛ではないものに変わってしまう。
そこに哀しみが皆無だというところがなんともドストエフスキーの魅力なのだ。

「そのうちいつかあなたを殺したら、僕は自分も殺さなけりゃならなくなるでしょうね。ただそれも、あなたのいなくなった耐えきれぬ苦痛を味わうために、できるだけ永く自分を殺さずにいるでしょうよ」


このように激しい愛を語っていた男が、
より一層悪魔的なギャンブルへと飲みこまれ、愛を忘れてしまう。
そもそもそれは愛ではなく、悪魔的なものへの傾倒が愛のような見せかけで表れたにすぎなかったのかもしれない…そんな気すらしてくる。

かなり読みやすいのでドストエフスキーを読んだことのない人に最初の一冊としておすすめ。
関連記事

web拍手

関連タグ : ドストエフスキー,

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nennenene.blog17.fc2.com/tb.php/276-5e9a99ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。