びぶりおふぃりあ  ブックレビューとオススメの海外ドラマ・映画のあらすじと感想。顔面血管腫(赤アザ)カバーメイク体験談

ターシャ・テューダーの世界―ニューイングランドの四季(ターシャ テューダー リチャード ブラウン)

ここでは、「ターシャ・テューダーの世界―ニューイングランドの四季(ターシャ テューダー リチャード ブラウン)」 に関する記事を紹介しています。

オススメ度:☆☆☆☆☆
オススメポイント:生活の全て細部に至るまでがターシャ・テューダーの世界

photo
ターシャ・テューダーの世界―ニューイングランドの四季
ターシャ テューダー リチャード ブラウン Tasha Tudor
文藝春秋 1996-11
評価

by G-Tools , 2011/12/31


あらすじ・感想:

絵本作家や人形作家としてだけでなくその生活スタイルも脚光を浴びたターシャ・テューダーは、まぎれもなく”変人”だ。

なのだけれど、生みだされた作品と生活とがぴったりと一致してターシャ・テューダー独自の世界を生みだしているから、ターシャは天才、のみならず憧れの的となる。

だって、作品と生活がしっくり一致する人なんて、この世にどれだけいるだろう?頭の中と作品が一致するだけで才能だというのに。

うちに来ると、みんな「あなたのさし絵の中に入り込んだみたい」と言います。


4人の子どもを産み育てながら作った絵本を売り、そのお金でバーモント州に土地を買って自分が設計した昔風の家を建て(息子のセスが手造りした)、彼女が憧れてやまなかった、とうの昔に人々が捨てた旧式の(1830年代風の)暮らしをしている。もう誰も着ていない長い木綿の質素なドレスを着て…
花々が美しく大胆に咲き乱れる庭、家畜たち、電気をあまり使わない暮らし、薪オーブンで見事な料理を作り、友人に振舞い、また絵を描いて…

「自分のおかれた環境について不平を言う人は多いけれど、成功する人は自分で環境をつくってしまうということね」



ターシャは幸せな人だ。
そして、私をとても幸せにしてくれる。

私の憧れの人はターシャ・テューダーかもしれない。
彼女のような旧式な暮らしには全く興味がないのだけれど、彼女のように、「頭の中と、仕事と、暮らしがぴったり一つの世界になる」ことは、私の夢だ。

ターシャ・テューダーの世界―ニューイングランドの四季
ターシャ・テューダーの世界―ニューイングランドの四季ターシャ テューダー リチャード ブラウン Tasha Tudor

文藝春秋 1996-11
売り上げランキング : 53090

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ターシャ・テューダーのガーデン ターシャの庭 生きていることを楽しんで (ターシャ・テューダーの言葉 (特別編)) 思うとおりに歩めばいいのよ (ターシャ・テューダーの言葉) 今がいちばんいい時よ (ターシャ・テューダーの言葉 (3))

関連記事

web拍手

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nennenene.blog17.fc2.com/tb.php/294-624a3aca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック