びぶりおふぃりあ  ブックレビューとオススメの海外ドラマ・映画のあらすじと感想。顔面血管腫(赤アザ)カバーメイク体験談

プライドと偏見 Pride & Prejudice (映画)

ここでは、「プライドと偏見 Pride & Prejudice (映画)」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手

photo
プライドと偏見 [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル 2012-04-13
評価

by G-Tools , 2012/05/05



監督 ジョー・ライト
脚本 デボラ・モガー
原作 ジェーン・オースティン

キャスト:

エリザベス・ベネット キーラ・ナイトレイ
フィッツウィリアム・ダーシー マシュー・マクファディン
ジェーン・ベネット ロザムンド・パイク
ウィッカム ルパート・フレンド
ビングリー サイモン・ウッズ



あらすじ:
エリザベス・ベネットは18世紀末のイギリスの田舎の中流家庭の次女。5人姉妹を抱えるベネット家では娘たちの嫁ぎ先を決めることに頭を悩ませているが、そんな折に近所に大富豪ビングリーが引越してきて、娘たちに玉の輿のチャンスが訪れた。
長女ジェーンはビングリーと、エリザベスはビングリーの友人ダーシーと恋に落ちるが、彼らの恋愛をプライドと偏見が阻み、また結び付けるのだった…。


感想:
エリザベス役のキーラ・ナイトレイの子供っぽい笑顔がなんともかわいらしく、彼女が笑うのを常に待ってしまうほど。
瑞々しい演技だけど、既にこの時にはパイレーツ・オブ・カリビアンのエリザベス・スワンなども演じた押しも押されもせぬ大スター。演技力がすばらしい。

マシュー・マクファディンは長い前髪にもみあげというスタイルでものすごく愁いのあるハンサムでダーシーにぴったり。特に怒りを抑えようとする表情がセクシーでした。

ダーシーがエリザベスに愛を打ち明けてプロポーズするシーンは小説と違って曇天に緑が映える庭になっていました。ダーシーはエリザベスに惹かれていたのだけれど、この引き裂かれたような考えなしの口説き、「悩みに終止符を打ちたい」という激白はそれがダーシーの情欲によるものだと告げているように思います。男の人には当たり前のことですが…。
ここでエリザベスの挑発と痛烈な批判があったからこそ、ダーシーは人間的に成長し彼女を愛するようになったのだ、ということが、後々ものすごく説得力を持ってくる良シーンでした。

惜しいところでは小説ではもう少し、ジェーン・ベネットが控え目すぎてビングリーへの好意をうまく表せない、のんびりとした冷感症ぎみなところがじょうずに描かれていたと思うけど、映画では感じが良くて素直そうな印象で、伝わりにくかった。映像で伝わりにくいところはエピソードを足しても良かったのかも…?
ビングリーって、私の中ではもっとどっしりした田舎紳士みたいな印象だったんですけど、天心爛漫な感じだったので少し驚きました。思慮深いエリザベスが好きになるほどの人なのだろうか、と。
ジェーンとビングリーの恋は、小説ではエリザベスとダーシーの恋と並んで二組の恋の行方、という描かれ方でしたが、映画では傍流に押しやられています。

イギリスの映画に出てくるお屋敷はやっぱりすごいですね。
実際に古くから残っている石造りのお城を使っているのでしょうか、ものすごく素敵です。
ダ―シ―のお城を訊ねて見物させてもらうところも、調度品や美術品の数々だけでなく、そのように屋敷を主人の留守中にも来訪者に開放してる、というところに、私財に対してパブリックな意識を持つ程、本当にお金持ちなんだな、と圧倒されてしまいました。

私がエリザベスだったら、そうねエリザベスほど美しかったとしても、ここまでの家柄の違いを見たらダーシーを遠ざけると思う、これだけの家にポッと入って切り盛りする自信がないわ。

若者の恋ってすごいなぁ…。

ウィッカムは嘘つきで身持ちの悪い最低男でエリザベスやダーシーに軽蔑されているが、リアルではウィッカム役のルパート・フレンドとエリザベス役のキーラ・ナイトレイが恋に落ちてカップルになったというので、ちょっと面白い。(2010年に破局)



つぐない [DVD]つぐない [DVD]

ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女 [DVD] ペネロピ [DVD] インセプション [DVD] ミスティック・リバー 特別版 〈2枚組〉 [DVD]

by G-Tools



関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nennenene.blog17.fc2.com/tb.php/318-c705825d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2012/06/05(火) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。