びぶりおふぃりあ  ブックレビューとオススメの海外ドラマ・映画のあらすじと感想。顔面血管腫(赤アザ)カバーメイク体験談

「青鬼の褌を洗う女」(坂口安吾/講談社文芸文庫)

ここでは、「「青鬼の褌を洗う女」(坂口安吾/講談社文芸文庫)」 に関する記事を紹介しています。

オススメ度:☆☆☆☆★
オススメ対象:男に体を売ったことのある女・男に心を売ったことのある女
オススメポイント:おとこがおんなの一人称をかりるとき

4061960504白痴・青鬼の褌を洗う女
坂口 安吾

講談社 1989-07
売り上げランキング : 83,670
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


坂口安吾というひとは、男性の主人公を書かせると、女性賛美と女性不信がない交ぜになったこそばゆいことを言い出すのだが、三人称の寓話の美しさと女性の一人称の小説は比類ない。
女形と同じく、そこに架空の性、女性を超えた女像が現出する。
「青鬼の褌を洗う女」は、戦後を妾として贅沢にくらす女から見た、男女の仲のかわゆらしさやかなしさを描いている。
ぽうっとあたたかな色香の湯気を帯びたもち肌におもわぬ底冷えするまなざしを持った女。
彼女は、愛は感謝だ、という。養ってもらい贅沢をさせてもらっていることに対する感謝で、自分をそれほどまでに可愛がってくれる年取った旦那への報いだ、と。そして彼女自身の若さが引き起こす浮気などはものの数ではないし、彼女はそんなものにほんとうの執着はない。
彼女は同性の友人たちに白々とした視線を向ける。身持ちは堅いがすぐに美しい男に心を奪われる女や、身寄りがないがゆえに貞操だけをたよりにして一人生きている処女に。だからといって彼女達を断罪して一線を画することは彼女の性分にはないのだ。妾として生きる覚悟など、ない。「どうでもいいの、それだけのことよ」と、彼女のこだわりのなさは、汁粉のようにとろとろゆるゆるアツ甘く、もどかしい。
自分をただただ愛している年老いた金持ちのけなげさを、彼女は愛らしがって微笑むけれど、もちろん男の絶望は深い。抱きあいながらも、どちらが鬼でどちらが仏なのか、どちらが美でどちらが醜なのか。
戦後には妾という身分にしかなかったモラルが、今世相を覆っている。
性は売られ、心は見失われている。
でもそこにたおやかな詩情がないのは、やはりそれがリアルな女の一人称だからなのか。

☆面白い、と思ったらここをクリック!☆

ブログランキング


関連記事

web拍手

関連タグ : 坂口安吾, 愛人,

コメント
この記事へのコメント
はじめましてトラックバックありがとうございます。
そうですね・・・男の主人公のモデルは、きっと自身の太宰モデル的というか、だらしない部分が鼻につくからああいう描写が多いのでしょう。女性の描写の天性は、青鬼のモデルらしい奥さんによるところとあとは経験なのか直感なのか。とにかくすさまじい感性ですよね。
詩情ではないと勝手に思います。体はかく語りき。売ろうがホンモノの媚態はイノチの近くにあるのだと勝手に思います。
酔っ払ってるのでえらそうにすいません。
2005/12/31(土) 22:28 | URL | Txy #-[ 編集]
ホンモノの媚態はイノチの近くにある、か。・・・ぐらっとくるな。(ほろよい
2006/01/01(日) 22:30 | URL | あにょ #djxH/9eE[ 編集]
TBありがとうございます。
柳のようにふわふわ頼りないようでいて実はそういう女こそが嵐にも耐えうるのかなあという感じ、しなやかさと強さを女主人公に感じました。
人間に甘えてくる猫みたいにかわいらしくもありあだっぽくもあり、こんな人が実際いたら素敵だろうなあと、魅了されました。
ではではまた。^^
2006/03/06(月) 16:42 | URL | mayaram #-[ 編集]
コメントありがとうございます。
安吾の女性像を見ると、男になってみたくなります。繊細でしたたかで猫のように暖かい女を、男として愛でてみたいように、思います。
2006/03/12(日) 10:48 | URL | あにょ #djxH/9eE[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nennenene.blog17.fc2.com/tb.php/33-ea41a382
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
私は退屈というものが、いわば一つのなつかしい景色に見える。箱根の山、蘆の湖、乙女峠、いったい景色は美しいものだろうか。もし景色が美しければ、私には、それは退屈が美しいのだ、と思われる。私の心の中には景色をうつす美しい湖、退屈という湖があり、退屈という山が
2005/12/31(土) | 月下独言